2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月 6日 (月)

大型カップル…?

え? 
…米倉と
Gackt…?

ああ、たかの友梨の新CMですか。いやぁ、ここんとこ、飛ばしてるねえ。いいの作るじゃんよ。去年のお相手は黒田友美嬢でしたっけ?(うろ覚えで、名前も自信ないですね)※1 しかし、この新CM、通してみたけど、いやぁ、麗しいでないの。うん、実にステキ。このまま、Gacktが美しいのなら、相手役とっかえひっかえして、シリーズ化していくのかしら。

でも、正直いわしてもらって、米倉見直したわ。キレイよ、彼女。で、髪まとめたほうがよくね? 輪郭を出したほうが絶対いいって。かつてバレエを習ってたという話をきいたことがあるが、ちょっとガッシリしたデコルテも、もう気にならないくらい、キレイ。で、Gacktのあくの強い美しさと全然負けてないってのがいいねえ。いや、以前の黒田嬢も負けてなかった。が、黒田嬢自身は清々しいじゃない。脱いでも。しかし…、今回のアクの強さはすごいわ。Gacktががぁあ~とアクが強くて、米倉もどぉあああ~とやっぱりアクが強くて、物凄くデコラティブな背景がそれを纏め上げてるよな。暗い背景で正解だと思う。撮影も素晴らしい。黒田嬢んときは、夏!青い海!白い雲!青い空!みたいなイメージだったじゃないすか。今回のなんか、その点、完璧に、ヴィジュアル系バンドのミュージッククリップだもんね。何より、ストーリーがねえ、こんな短い秒数のなかでビシっとあるのがすごい。
いやぁ、それにしても、やはりウェディングドレスは、シンプルなデザインが一番だね。何より、そのシルエットがすっとしてるのがいいわ。

いやぁ、それにしても、米倉といえば、例の梨園の御曹司なわけだが、いやぁ(苦笑)すごいわな、もし、かりに、これで米倉とGacktが親密な関係になったとしたら、それでかの御曹司がどうでるか、実に興味深い。てか、オトコとして、あまりにジャンルの違う色男からの刺激を受けて、御曹司、ハップンするんじゃないか? 多分、Gacktは女とのあとくされのない付き合い方心得てるだろうし。米倉、ガンガンいっちゃえ~!(笑)

※1:確認しました。黒谷友香嬢でしたね。黒田・黒田と連呼してごめんなさい。ついでにも一つ、たかの友梨とGacktのCMは、すでに4年の長きに及ぶのだということも確認しました。最初がGackt自身のヌード。次が03年のサトエリと。ですでに書いた04年の黒谷嬢。で、今回05年の米倉。…こうしてみると、サトエリとのがなんか雰囲気が違ってコミカルだったというか、なんつうか。サトエリって、コメディリリーフなのか?う~ん? まぁ、サトエリとCMのことはまた機会を改めて書こう。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »