2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 非・アニメ声優によるアテレコはやはり不安で物足りない | トップページ | アサヒビール「本生」のCM、いいよね! »

2006年3月26日 (日)

ベッソン来日したんですか…

リンク: ニューストップ > 芸能 > ベッソンもジャン・レノも“評判悪いゾ”…裏メール (夕刊フジ) - Infoseek ニュース.

リュック・ベッソンが来日したなんて知りませんでした。てのはさておき、
エラいまた評判の悪い記事だことで。

9年ぶりの監督作「アンジェラ」でフランスのリュック・ベッソンが来日。過去に広末涼子主演の「WASABI」を手がけるなどの親日家だが、「もう来ないで!」との声が業界から聞こえてきた。何があったのか。

「取材はドタキャン、ワガママ放題。取材現場は常に殺気立っていた。プロフェッショナルなハリウッドスターの方が、よほど扱いやすい」(過去に宣伝をした担当者)

ふ~ん…、まぁ、才子気取ってる人だろうから、そういわれれば、そういうこともあるかも、と思ってしまうところが我ながら軽薄(笑)。

続くジャン・レノの記事も結構辛らつですねえ。「これまでアテンドしたスターの中で最低の意地の悪さ」とは…(苦)。

どちらもファンだから、贔屓にしている人に辛らつな記事を見るのは正直辛い。にしても、意地の悪さってのは、それは彼がフランス人だからではないかと思ったり。

ま、これまでチヤホヤして、彼らを図に乗らせた日本ギョーカイにもちょっと…と思ったりするのだな。
いうべきことはいう、てのは、特定アジアだけじゃなく、海外のスターでも同じことなのではないかと。

※  ※  ※

え!

トミー・リー・ジョーンズの「メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬」の製作総指揮がリュック・ベッソンだって?!

ええ~ッ?!

« 非・アニメ声優によるアテレコはやはり不安で物足りない | トップページ | アサヒビール「本生」のCM、いいよね! »