2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 高橋良輔総監督の新作 こりゃあ楽しみだっ | トップページ | 「立喰師列伝」がいよいよなんですが »

2006年4月 4日 (火)

全米映画トップ10 (3/31~4/2)

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 全米興行収入トップ10 (ロイター) - Infoseek ニュース.

1.   アイスエイジ2-----7050万ドル

2.(1)Inside Man-------1570万ドル

3.   ATL ---------1250万ドル

4.(4)Failure to Launch-----660万ドル

5.(2)Vフォー・ヴェンデッタ---650万ドル

6.(3)Stay Alive -------460万ドル

6.(6)She's the Man ------460万ドル

8.   Slither --------370万ドル

9.(5)The Shaggy Dog - ---350万ドル

10.   氷の微笑2 -----320万ドル

10.(7)Larry the Cable Guy --320万ドル

さぁ、最新の全米映画トップ10です。

なんとなんと、せっかく先週初登場1位に輝いた「Inside Man」が、あ~っ「アイスエイジ2」に追い落とされた! くっそ~っ!
と、悔しがっても仕方が無く、まぁ、あのマンモスの毛皮ふっさふさを描いてのけたCGアニメの続編、日本でも当然公開されるんだろうから、その出来栄えを楽しみにしていよう。日本語版キャストは「1」と同じだろうか?

それはさておき

個人的には、先週2位だった「V フォー・ヴェンデッタ」が持ちこたえることなく、5位に後退していることに注目している。ちょっと落ち方、早くないかなぁ~という……。ま、実物見てみないとなんともいえないわけだけど。で、1,2位と、5位「V…」の間に入ってる二作品。
4位「Failure to Launch」が案外としぶとさを発揮していると見るのは早計だろうか。

で3位は初登場作品「ATL」。
アトランタを舞台に、ヒップホップとローラースケートをたしなむ労働者階級の若者たちを主人公にした青春映画とのことで。いわゆる白人の大学生を主要キャラにしたティーンズムーヴィとはちょっと雰囲気が違うっぽい。
Atlposterbig ←なかなかシリアスな雰囲気のポスターだし

さて、今週は同じ順位に2作品、というのが、二箇所もあるという、なかなか珍しい週だと思うのだけど、

6位に並んだ2作品は、どちらも意外な健闘ぶりを発揮している。

「Stay Alive 」3位→6位と、ワタシ的には健闘してるのかなと思ったり。まー、来週がどうなるかだよねー。

「She's the Man」6位変わらずと、4位「Failure to Launch」同様にしぶとく、なんだか観るのが楽しみになってきたぜ。

まぁ、どちらも売り上げはあまり健闘してるとはいえないのかもしれないけど…

で8位がこれまた初登場「Slither」。なんとジャンルがSFだ(ファンタジーでホラーともなっている)
で、ポスターがこんな感じ。
Slither_bigteaserposter
遠めにみると、ニュアンスタップリで、お色気すら感じるキレイな絵なんすけど……この赤いものが何かに気づくと、どひゃひゃってなもんで。
ま、アメリカのよくある小さな町で、住民みんなが自分のことにかまけているうちに、宇宙からの化け物が静かに深く息づいていた…というお話のよう。
監督のJames Gunn という方は、これまで主に脚本家としてやってこられたのかな?プロデュースや役者もなさっているようだが。おお、2004年の「Dawn of the Dead」の脚本も手がけてらっしゃると。で、今回のこの「Slither」がどうやら初監督作のようで。

9位は5位から落ちた「The Shaggy Dog」。

で10位が、これまた2作品が分けた!
先週7位初登場「Larry the Cable Guy」健康捜査官はよくもまぁ、10位圏内に残ったもんだねという気もするのだが……なにかなぁ、ちょっと前までのシリアス路線の反動でくだらないお笑いに走りたくなったのだろうか……いや、観るまえからくだらないなんて決め付けるつもりはないんだけど(汗)

で、健康捜査官ラリーと10位を分け合ったのが……「氷の微笑2」!
いやぁ、なんつうかもう……(苦笑)。まぁ、初登場でなんとかトップ10圏内につけたのは、リッパなんじゃないだろうか。「振るわない結果」? いや、こんなもんでしょう。

とまぁ、どハデな大作よりも、地味メなのに、意外としぶとく健闘する作品が印象に残る週でした。

« 高橋良輔総監督の新作 こりゃあ楽しみだっ | トップページ | 「立喰師列伝」がいよいよなんですが »