2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アニメ「ブレイブストーリー」は結局… | トップページ | 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? »

2006年5月31日 (水)

全米興行収入トップ10 (5/26~28)

リンク: ニューストップ > 検索結果 > 全米興行収入トップ10 (ロイター) - Infoseek ニュース.

1.   X-MEN:ファイナルディシジョン--1億2010万ドル

2.(1)ダ・ヴィンチ・コード----------4300万ドル

3.(2)森のリトル・ギャング----------3530万ドル

4.(3)ミッション・インポッシブル3-------860万ドル

5.(4)ポセイドン--------------700万ドル

6.(5)RV-----------------530万ドル

7.(6)See No Evil--------------320万ドル

8.(7)Just My Luck-------------230万ドル

9.(9)United 93---------------110万ドル

10.(8)An American Haunting----------93.7万ドル

ここ数週間、なかなか全米映画1位の移り変わりが激しく、見ているぶんには大変おもしろうございます(ニヤリ)

はいはいはい、やりました「X-MEN:ファイナルディシジョン」初登場1位!Xmen3_bigreleaseposter あっさり「ダ・ヴィンチ・コード」を抜き去りました!いよっほ~! …がしかし、カンヌで招待作品として上映されたのを見た米国人ジャーナリストは大変落胆しているもようです。なんとなれば、監督が、1作2作までを担当したブライアン・シンガーではなく、「ラッシュ・アワー」などのブレット・ラトナーに交代しているのだそうです。また脚本がたいへん納得いかないという感想も拝見しました。そのせいでしょうか、カンヌでの記者会見では、イアン・マッケランが、「ダ・ヴィンチ・コード」と「Xメン」とでどちらがいい?ときかれ「ロード・オブ・ザ・リング」と答えるなど、出演者にも微妙な空気が流れていたり、3部作で終わりだと早々に発表されたり…。
ま、いずれにしてもヒットはするんでしょーねー(棒読み)。

他はトップ10内、目立った動きはありません。

今週のほかの初登場では、まず、13位「Fanaa」。聞かない名だなぁと思ったら、インド映画です。
10m

そして22位「An Inconvenient Truth 」。Aninconvenienttruth_bigposter2 これまたカンヌ招待作品で、あの、アル・ゴア元大統領候補が地球温暖化について警鐘をならすドキュメンタリー。カンヌでも非常に注目を集めた模様です。なんといっても、あのアル・ゴアさんですからねえ。異色だったみたいですよ。そんな異色作も、全米での上映館数はたったの4館!ちなみにブッシュ大統領は「見る予定はない」そうです…。

« アニメ「ブレイブストーリー」は結局… | トップページ | 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/10335353

この記事へのトラックバック一覧です: 全米興行収入トップ10 (5/26~28):

« アニメ「ブレイブストーリー」は結局… | トップページ | 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? »