2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「今年のカンヌはフジが熱くする」? 冗談ポイよ | トップページ | 邦画「ゆれる」、カンヌに出品 »

2006年5月 2日 (火)

全米映画トップ10 (4/28~30)

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 全米興行収入トップ10 (ロイター) - Infoseek ニュース.

1.   RV-----------1640万ドル

2.   United 93-------1160万ドル

3.   Stick It---------1130万ドル

4.(1)Silent Hill---------930万ドル

5.(2)Scary Movie 4-------780万ドル

6.(3)The Sentinel--------760万ドル

7.(4)アイスエイジ 2-------710万ドル

8.   Akeelah and the Bee----630万ドル

8.(5)The Wild----------470万ドル

10.(6)The Benchwarmers-----440万ドル

いやぁ、動きましたねえ、今週は。ワン・トゥ・スリーと新顔登場。で、先週の1・2・3がそのままスライドダウン。で、そのまま先週の4・5・6かなぁ、と思いきや、8位にちょろりと新顔が顔を出す……。
何はともあれ、順序だって見てまいりましょう。

1位初登場ロビン・ウィリアムズ主演の「RV」。ロビン・ウィリアムズ演じる父親が、バラバラになった家族の絆を取り戻そうとRV車を借り、旅行に出るが…というファミリー・ロード・ムーヴィ? 家族バラバラ、それをなんとかしようと奮戦オヤジ、というのは、アメリカドラマではよくある話。世界中がアメリカナイズされ、どこでもそんなことが起こっているような現代、もうアメリカだけの話ではなくなっているような気がしますが、そんな手垢のついたジャンルを、いまさら取り上げてどーしようっての、と思いますが、さすがロビン・ウィリアムズ、初登場1位に輝かしました。来週以降がどうなるかはわかりませんが、とりあえずこの成果はたいしたものだと素直に思います。
Rv_bigreleaseposter

2位初登場は、先日、別エントリで触れた「United 93」。いやぁ、事前には予告編上映拒否なんてな話もあった話題のドキュメンタリー・ドラマが堂々の第2位。しかも批評家スジの評価も高いゾ。でもロビン・ウィリアムズには負けたゾ、てな感じですが、ま、それはそれとして。今後、どれほどランクインするかはわかりませんが、結果的にどんな評価となるか、そして来春、賞レースにからんできたりするのかしないのか!楽しみであります。
United93_bigearlyposter  ←なんともイミシンなデザインですよねえ……

3位これまた初登場「Stick It」。元々は体操選手だったけど、今は不良少女のヒロイン、17歳の彼女は、ひょんなことから、また体操を学ぶことに……、という学園スポコン+不良少女更生モノ、でありましょうか。作ったのはディズニーです。なんでしょうか、ディズニーの新作は、アニメよか実写のほうが調子がいいんでしょうか。なんなら、ディズニーはアニメから足を洗って、実写一本でやっていけばいいんじゃないでしょうか、というのはさておき、脚本・監督はジェシカ・ベンディンガー。「チアーズ!」などの脚本を手がけた女性がついにメガホンをとったというわけですね。女流フィルムメイカーによる、ヒロインもの、ほほう。そして、このヒロインを務めたMissy Peregrym嬢。モデル出身の女優だそうですが、なんでも元スポーツ選手だそうで。なるほどヒロインにうってつけですね。まさか不良ってとこまで一緒だったりしないと思いますが、モデル出身の名だたる先輩たちの、後に続くことができるかどうか、楽しみにしておりましょう。
Stickit_bigreleaseposter ←なんとも威勢のよいヒロインであります。

そして今週8位を、先週5位の「The Wild」と分け合ったのが、「Akeelah and the Bee」。
Akeelahってなんのこっちゃ、と思っていたら、ヒロインの名前だったんですね……南LAに暮らす11歳の女の子Akeelah。けして優等生じゃなく授業も出たり出なかったりの彼女だったが、スペリングだけは好成績。ある日、担任は彼女にスペリング大会に出場するよう薦めるのだった……珍しい。学園学業モノですね! しかし、なんですか、スペリングって、綴り方大会ですか。漢字検定みたいなもの? (う~ん、「英語でしゃべらナイト」でちらとやってたような気も…)それを知るためだけにも日本公開希望。それはさておき、共演者になんと、ローレンス・フッシュバーンの名前があるじゃありませんかっ! おお、なんと、ヒロインに特別コーチを施すDr. Larabeeに扮するのですね!彼って面差しが理知的だから、ハマるだろうなぁ……って、何、このむさいオッサン。いや、なに、これはこれでアリだな。←まったく贔屓の役者に甘いんだから。で、映画のフォトを見ていて気がつきました。これって、黒人映画なんですね。いや、黒人映画という言い方は不適切かもしれませんが、ヒロインのAkeelahちゃんも黒人だ。黒人の少女が、スペリングという学業分野で、大会に出る……犯罪でもアクションでも、ましてやショービズでもない分野の黒人映画。これって新しいかも…って思っちゃうワタシはちょっとさもしいでしょうか。しかし、この写真とか見てると、まるでスペリングにおける宗方コーチと岡ひろみみたいに見えてくるわ……。
Akeelahandthebee_bigreleaseposter_1 ←舞台モノか?と思っちゃいますが、緊迫感のあるポスターです

とまぁ、こんな感じの今週の全米映画トップ10。
いやはや、なんつうか、先週まで贔屓にしてた作品がことごとく、トップ10圏外に。「インサイド・マン」も出てしまいました(あれが出て、なんで「ベンチウォーマー」とか残ってんだよ、ブチブチ) 

ところで今週20位に興味深い作品があります。「Hard Candy」先週48位から今週20位とジャンプアップ。公開三週目で、上映館数は152館。ポスターとか見ると赤ずきんちゃんモノっぽい? さて、今後、上がってまいりますかどうか、楽しみです。

« 「今年のカンヌはフジが熱くする」? 冗談ポイよ | トップページ | 邦画「ゆれる」、カンヌに出品 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/9856789

この記事へのトラックバック一覧です: 全米映画トップ10 (4/28~30):

« 「今年のカンヌはフジが熱くする」? 冗談ポイよ | トップページ | 邦画「ゆれる」、カンヌに出品 »