2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 全米映画トップ10 (4/28~30) | トップページ | ゲンダイ・ネットのお薦めGW映画 »

2006年5月 4日 (木)

邦画「ゆれる」、カンヌに出品

今年のカンヌには、果たせるかな、コンペ部門に邦画の出品がない。ここ数年、様々な作品が出品し、話題となることが続いていただけに、少々寂しい。コンペのみならず、どの部門でも、出品作の話を聞かず、そのくせ、なんだか作品の売り込みだけは盛んになるらしい様子を不安に思っていた矢先、嬉しいニュースが飛び込んできた。

リンク: ニューストップ > 芸能 > 「ゆれる」をカンヌ国際映画祭に出品 (日刊スポーツ) - Infoseek ニュース.

17日開幕のカンヌ国際映画祭の監督週間部門に、オダギリジョー(30)香川照之(40)が兄弟を演じる「ゆれる」(西川美和監督、7月公開)が出品されることが2日、決まった。上映日程は未定だが、2人ともスケジュールを調整中という。オダギリは03年「アカルイミライ」、昨年「オペレッタ狸御殿」に続いて3度目のカンヌ。香川も中国映画「鬼が来た!」や01年「歩く、人」などがある。

へぇ、である。ほほお!である。オダジョー!そして香川照之!いずれもカンヌ既参加者ではないか。オダギリジョーなんて、記事にも書いてあるとおり、3度目だよなぁ。「アカルイミライ」のときなんて、既にカンヌ常連となっていた浅野忠信とならんで、腕まくりタキシードなんてのでも話題になっていたそうだが……いやはや、嬉しい。大いに嬉しい。

監督週間部門のみならず、カンヌ映画祭の各部門については、こちらのページがわかりやすいと思いますので、よろしければ。

« 全米映画トップ10 (4/28~30) | トップページ | ゲンダイ・ネットのお薦めGW映画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/9901391

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画「ゆれる」、カンヌに出品:

« 全米映画トップ10 (4/28~30) | トップページ | ゲンダイ・ネットのお薦めGW映画 »