2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« カトリーヌ・ドヌーヴ、ベネチア映画祭審査員長に | トップページ | 全米映画トップ10(6/23~25) »

2006年6月20日 (火)

全米映画トップ10(6/16~18)

リンク: ニューストップ > 「全米映画興行収入」の検索結果 > 全米興行収入トップ10 - Infoseek ニュース.

1.(1)カーズ-------------3120万ドル

2.   Nacho Libre ----------2750万ドル

3.   ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT-2410万ドル

4.   The Lake House --------1370万ドル

5.(2)ザ・ブレイク・アップ---------950万ドル

6.   Garfield:Tale of Two Kitties-----720万ドル

7.(3)X-MEN:ファイナルディシジョン---720万ドル

8.(4)オーメン-------------540万ドル

9.(5)ダ・ヴィンチ・コード---------500万ドル

10.(6)森のリトル・ギャング--------400万ドル

先週とかわらず「カーズ」が1位をキープ。それはそれで喜ばしいことのように思えるのですが、収入のほうがいまひとつ振るっていないらしく、関係者は渋い顔らしいです。大手には大手の悩みがあるものですな。
しかし、今週は初登場が多いです。

さて、今週2位初登場「Nacho Libre 」。傾きかけた孤児院のために神父が覆面をしてメキシコ・プロレスで大活躍する実話の映画化…って、聞いたことあるんですけど。これまたリメイクですか。
Nacho_poster3

3位初登場「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」。「ワイルドスピード」シリーズの第3作なわけですね、で、東京が舞台なわけ? 日本が舞台で出演者の名前に妻夫木君の名前があるわりにはあまり聞かないなぁ…一部ファンの間で盛り上がってるだけなのかな?にしても、初登場3位というのはまた微妙で。日本公開は秋らしいですが、果たしてどんな宣伝文句を唱えるのやら。
Thefastandthefurioustokyodrift_bigearlyp このポスターはスゲェ好きだなぁ

4位初登場「The Lake House 」。いや、ビックリですね。なんと韓国映画「イル・マーレ」のハリウッド・リメイクだそうですよ。それも、キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。…いや、オリジナル、ポスターしか見てませんけど、なんかあのヒロインがサンドラになるってところがある意味すごいですね(汗笑)。しかし、この二人も「スピード」以来の共演ですか、なんか縁がありますねえ。
Sandra_bullock5 ラブロマンスのお手本のようなポスター…

6位初登場「Garfield:Tale of Two Kitties」。猫のガーフィールドの劇場版だそうですよ。いや、そんなん作ってたなんてねえ。しかし、6位という位置では残念ながら期待はずれの結果だそうで。まぁ、子供向けの良作というか、親子そろって楽しめる映画になってればいいんじゃないかと思うのですが。しかし、日本公開が決まってるかどうかは不明です。
Garfieldatailoftwokitties_bigposter

« カトリーヌ・ドヌーヴ、ベネチア映画祭審査員長に | トップページ | 全米映画トップ10(6/23~25) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/10992658

この記事へのトラックバック一覧です: 全米映画トップ10(6/16~18):

« カトリーヌ・ドヌーヴ、ベネチア映画祭審査員長に | トップページ | 全米映画トップ10(6/23~25) »