2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? | トップページ | モナコ元首,2人目の「隠し子」を認知 »

2006年6月 3日 (土)

細木数子はいつまで日本のテレビコンテンツたりうるだろうか

細木数子。現在、日本の占い師としては、もっともテレビコンテンツとして流通している人物なのではなかろうか。
西洋占星術のなかでは人気ダントツの鏡リュウジ氏も、テレビメディアでは、細木に一歩も二歩も及ばない。「きょう発プラス!」でいつのまにか細木女史にとって変られていたときには、どうしようかとオロオロしてしまった。
というか、おそらく、お茶の間には、まだまだ鏡氏の論説は分かりずらいのだろう、そして、細木女史の言説は「分かりやすい」のだ。その、もっとも端的な例が「ズバリいうわよ」だの「あんた地獄に落ちるわよ!」だのという彼女の決めセリフに現れている。

それにしても……あんな、陳腐なホラーみたいなセリフにどうして戦々恐々とする人がいるのか、さらにいえば、なぜ、こんな占い師風情に、人生を論じられねばならぬのか。

どうも、私には、細木数子はうさんくさい。それはいままで「六星」の占い本の宣伝ポスターの彼女の顔写真だけではボンヤリ感じられるだけだったが、彼女が冠番組をもち、上述したような決めセリフをダミ声で叫ぶところが大々的にテレビ画面に流れるようになったときに、決定的なものとなった。

はっきりいわせてもらって、ヤマシだろう、これは……。

と思っていた矢先のことである。
本日、次のようなニュースを見た。

リンク: ニューストップ > 検索結果 > フジは細木数子を使い続けるのか (ゲンダイネット) - Infoseek ニュース.

占い師の細木数子(68)を巡って、「週刊現代」VS「週刊文春」のバトルが勃発している。

 事の発端は「週刊現代」誌上でジャーナリストの溝口敦氏が、細木の“実人生”を関係者の証言を交えて検証した「魔女の履歴書」という連載を始めたこと。

 連載ではこれまで知られていなかった細木の幼少時やホステス時代のことを詳細に書いている。

これに対して細木が「週刊文春」(6月1日号)で大反論を行った。自らのウエディングドレス姿など秘蔵写真まで披露。「『週刊現代』は大ウソ」と批判し、弁護士名で版元の講談社と編集部に連載中止を要求する警告書を送付した。

 だが、事はこれで終わらなかった。

「週刊現代」によると、今度は現役暴力団幹部が溝口氏に「細木の記事をやめられないか」と頼んだという。

 溝口氏は「細木数子の暴力団ルートがハンパなものでないことを痛感した」「細木数子にはメディアに登場する資格も、メディアを表現の手段とする資格もない。彼女の言説を検証なしに垂れ流すメディアも同罪といっておく」と厳しく断じている。

そんな相手とトラブっているのがフジテレビ。連続ドラマ「トップキャスター」で細木を揶揄してもめているのだ。

 細木出演のバラエティー「幸せって何だっけ」を放送しているフジでは「今のところ細木さんの番組についての変更はありません」(広報部)とコメントするが……。

溝口敦……この名前に見覚えがあった。
数日前に、新聞で、見かけたのじゃなかったか。

と思ってサーチしてみると、ああ、あったあった。これだ。

作家溝口敦さん長男襲う=傷害容疑、無職男2人逮捕-警視庁 (時事通信)

溝口敦さんの長男刺した2人逮捕…記事に逆恨み? (読売新聞)

溝口敦さん長男襲撃で逮捕 元組員ら記事絡みか (共同通信)

<傷害>暴力団関係の2人逮捕 ルポライターの長男刺す (毎日新聞)

溝口敦氏の長男が襲われたのだという。警察は、氏が書いた、組絡みの記事が原因と考えているらしいが……

なんだか、ちょっと、ねぇ……。

しかも、

溝口敦さん長男刺傷、事件直前に戸籍謄本閲覧される (読売新聞)

だそうでございますよ。

で、非常に興味深いのは、この事件が昨日や今日起こったのではなく、今年1月に起きているということ、それが今頃になって報道される……これをどう考えたらいいのだろう。

まぁ、そんなこんなで、ふと思うのであった。細木数子のテレビコンテンツとしての賞味期限はいつまでであろうか、と。

« 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? | トップページ | モナコ元首,2人目の「隠し子」を認知 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/10374868

この記事へのトラックバック一覧です: 細木数子はいつまで日本のテレビコンテンツたりうるだろうか:

« 「9係」が好調のようだ。羽田美智子の評判も上々だ? | トップページ | モナコ元首,2人目の「隠し子」を認知 »