2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 全米映画トップ10(6/30~7/2) | トップページ | ああ…獅童…! »

2006年7月10日 (月)

全米映画トップ10(7/7~9)

全米興行収入トップ10 (ロイター)

1.   パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

     ------------------1億3200万ドル

2.(1)スーパーマン・リターンズ--------2190万ドル

3.(2)ザ・デビル・ウェアズ・プラダ------1560万ドル

4.(3)クリック----------------1200万ドル

5.(4)カーズ-----------------1030万ドル

6.(5)Nacho Libre----------------330万ドル

7. (6)The Lake House--------------280万ドル

8.(7)ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT------250万ドル

9.(8)Waist Deep----------------190万ドル

10.(9)ザ・ブレイク・アップ-----------160万ドル

Deadmanschest_standee  やりました、全世界待望の「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編が、堂々の1位初登場です。それも、ただ、一位初登場ってんじゃありません、大方の予想を乗り越える、スンバらしい興行収入です。

ロイターによれば、アナリストたちの事前の予想では4700万―1億ドルだったのが、その上限をかるく飛び越す1億3200万ドルです。
いや、ほんとに、これ、興行収入の面からいってもスゴイ話で、これまたロイターによると、これまでトップだったのは、2002年5月の「スパイダーマン」の1億1500万ドル、これを抜いて、初日3日間の歴代最高記録を更新。また公開初日の収入5550万ドルも、これまでで最高だったのは「スター・ウォーズ・エピソード3/シスの復讐」の5000万ドルを抜いて、最高記録を更新したってんですから、いやはや、カリブの海賊、ネタがないといわれていたハリウッドでとんでもないモンスターコンテンツとなってしまいましたねえ。

ファンが喜ぶだけじゃなく、お金の面からも関係者が大喜びするという、「パイレーツ…」ハリウッド映画の優等生じゃあありませんか!
なんたって、これでディズニーの利益が上昇するんじゃないかと囁かれているとか。収益の下降訂正ってのは、バブルはじけて以来さんざん聞かされてきましたけど、こんな景気のいい話はしばらく聞いたためしがございません。
いや、ま、ジョニー・デップ様以下、関係者の皆々様、おめでとうございますとしか申しようがございませんね。

こうなると、さしものブライアン・シンガー版「スーパーマン・リターンズ」もかすんでしまうというか……2位後退もやむをえないでしょう。

« 全米映画トップ10(6/30~7/2) | トップページ | ああ…獅童…! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99510/10992134

この記事へのトラックバック一覧です: 全米映画トップ10(7/7~9):

« 全米映画トップ10(6/30~7/2) | トップページ | ああ…獅童…! »