2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 全米映画トップ10(9/29~10/1) | トップページ | ノーベル文学賞はトルコの作家に »

2006年10月 9日 (月)

全米映画トップ10(10/6~ 8)

さぁさぁ、きましたよ、ついにあの作品が!

1.   ディパーテッド------------2700万ドル

2.   テキサス・チェーンソー ビギニング---1920万ドル

3.(1)オープン・シーズン-----------1600万ドル

4.   Employee of the Month--------1180万ドル

5.(2)守護神-----------------960万ドル

6.(3)Jackass Number Two------------640万ドル

7.(4)School for Scoundrels-----------340万ドル

8.(6)Gridiron Gang--------------230万ドル

9.(5)Jet Li's Fearless -------------220万ドル

10.(7)The Illusionist -------------180万ドル

Thedeparted_bigearlyposter かの香港ノワールの傑作「インファナル・アフェア」のリメイク作品「ディパーテッド」が同道の1位初登場。しかも売り上げもいきなりの2700万ドルとドカーンと稼いでしまっています。リメイクばやりのハリウッドでも、1,2を争う力の入れようだったであろうことは想像にがたくありませんが、いやぁ、これぞハリウッドメジャーの面目躍如と言った感じです。さて、「カリブの海賊 死者の物入れ」を越すような息の長いビックヒットとなりますかどうか。ディカプリオとスコセッシ監督のコンビは、これで、まぁ、来春のオスカーが楽しみになってるんでしょうね。にしても、この映画、黒社会へと潜入した警官と、逆に黒社会から警察内部に潜入した男の二人の運命を描いたもので、ディカプリオとともに運命に翻弄される男に扮するのはマット・デイモンくんなわけですが、しかし、ポスターをみると、どうも、もう一人の人物が幅を利かせています。そうです、コユいことではハリウッドではまだまだ若いモンには負けねえぜジャック・ニコルソン御大です。なんか、股間にディルドーをぶら下げたりと、本作でも怪演しているらしいんですが、でも、もしかすると、ジャックはスコセッシ監督の身代わりとしてそこにいるのかもしれない、なんて思ったりしますね。

Tcmthebeginningbigで、第2位は「テキサス・チェーンソー ビギニング」。「悪魔のいけにえ」のリメイクである「テキサス・チェーンソー」の続編にして、前日譚。いかにして悪魔“レザー・フェイス”は誕生したのかー! しかし、日本ではリメイク版の「テキサス・チェーンソー」、評判 がイロイロでしたよねえ。いや、もうしわけないですが、あまり猟奇殺人鬼モノは興味持てなくて…え?これって猟奇殺人鬼モノであって、ホラーじゃないでしょう?←ホラーとは、スーパーナチュラルな怪異が出てこないとダメだと思っている奴。

にしても「ディパーテッド」、たとえコクミンテキニンテであろうとも、ホラーに差つけて1位初登場を飾って、なんというか、貫禄を見せつけましたねえ。いや、「ハリウッドランド」や「ブラックダリア」が初登場2位だったのと比べると、流石だな、と。あるべきハリウッドメジャーの姿かなと。でも、ここが難しいわけでしょうけど。

で、そんな1位2位に弾かれて、先週1位初登場だった「オープン・シーズン」は3位後退。にしても、それだって大したもんです。ロクでもないと、翌週ベスト10内に留まらないってこともありますらかねえ…

Dane_cook3 そして4位初登場「Employee of the Month」。“月の被雇用者”ってなんのこっちゃろかい、と思ったら、その月の最優秀従業員、ぐらいの意味なんですね。今月の売り上げトップぅ~とかいう奴でしょうか。とあるスーパーのやる気のない従業員ザックは、そんな表彰、縁がなかったけど、新人のかわい子ちゃん従業員が、今月の売り上げトップさんとのデートを宣言しちゃったもんだから、俄然やる気になっちゃって…という、イマドキ、そんなマンガでもやらないようなネタをというお話。そのかわい子ちゃん従業員がジェシカ・シンプソン、その彼女をめぐって奮闘する従業員二人にデイン・クック、ダックス・シェパードが扮します。

さて、ベスト10圏外から入ってきて、しばらくトップ10圏内に留まっていたエドワード・ノートン「The Illusionist」が先週7位→10位。頑張っていたけど、いよいよ来週辺り陥落でしょうか。いや、しかし、十分作品の力を発揮してのけたのじゃないでしょうか。日本公開を心待ちにしております。

« 全米映画トップ10(9/29~10/1) | トップページ | ノーベル文学賞はトルコの作家に »