2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 国民性か、年齢か… | トップページ | 山本モナ,結局、降板。TBS系「筑紫哲也 NEWS23」 »

2006年10月24日 (火)

注目の「NEWS ZERO」苦戦?

こう申してはナンだが、個人的に大変小気味いいニュースである。

リンク: ニューストップ > 芸能 > 注目の「NEWS ZERO」が苦戦を続ける理由 - Infoseek ニュース.

新鮮さを狙って未経験者を起用する作戦が裏目に出てしまった。

 鳴り物入りで始まった「NEWS ZERO」(日本テレビ)が苦戦している。16日の視聴率が6.4%、17日は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調で、前番組「きょうの出来事」よりダウン。人も大金もかけた効果がまだ出ていない。

そう、鳴り物入りで始まった「NEWS ZERO」。振るわないそうである。
それが私には大変小気味いい。
なんとなれば、前番組「きょうの出来事」のファンだったからだ。

メーンキャスターに元官僚の村尾信尚(51)を起用。サブキャスターは元“お天気お姉さん”兼女優の小林麻央(24)だ。スペシャルコメンテーターとして星野仙一(59)が登場するほか、ジャニーズ事務所の桜井翔(24)やモデルの川原亜矢子(35)らが日替わりでキャスターを務める。何がダメなのか。

「普段ニュースを見ない層を取り込もうとタレントを多数起用したのでしょうが、全体的に深みがなく、ニュースを遊び感覚で扱っているという印象です。しっかり仕切れる人間がいないのも問題。視聴者は夜のニュースにもっと落ち着きを求めていると思いますよ」(放送評論家・小田桐誠氏)

その通り。「きょうの出来事」はまさしく落ち着きのあるニュース番組だった。もはや夜、それも日付が変わった真夜中、風呂上りにでも心静かに、「ああ、こんなことがあったんだなぁ」と、しみじみと、過ぎ去った“きょう”を省みる……日テレの「きょうの出来事」にはそんな趣があった。そして、それを贔屓にしているファンも多かったと思っている。いや、あれは一種の入眠儀式だったのじゃないだろうか。
深夜11時…いや、23時といおうか、その時間帯以降のニュース番組は、実は不思議なことにどれも静かだ。NHKの報道はいうにおよばず、筑紫哲也のものも、やはり静謐さが特徴だと思う。多分、その時間帯にニュースを見ようという人間の心理というのが、そういうものじゃないだろうかとも思う。そして、その最たるものが、日テレの老舗報道番組「きょうの出来事」であったのじゃないだろうか。

「きょうの出来事」といえば、最も特徴があったのが、メインキャスターが女性で、しかも、今時ちょっとないような丁寧な言葉使いでニュースを伝えるということではなかろうか。確か、かつては、あの櫻井よし子女史がキャスターを勤めていたのだ。実に長かった。一生続けるのだろうかと思っていたほどだった。そして、ゆくゆくは、現在お昼の「ザ・ワイド」で草野さんのアシスタントを勤めている熊澤枝里子が、この番組を勤めるのではなかろうか……そんなことを夢想していたこともあった。今となっては、もう文字通り夢となったわけだが。
一見、今のご時勢から浮いているようなその言葉使いが、ニュースを扱うにはあっていたような気がする。また、日テレといえば、読売新聞ということになるんだと思うのだけど、保守派であるその読売的な体質を見事に体現するものでもあったろう。
それが「NEWS ZERO」ではザックリと捨てた。この時間帯らしい、日テレらしい、そう思われる身上を捨て去って、この番組はスタートした。

さて、「NEWS ZERO」を見ていて感じることだが、とにかく落ち着かない。見ていると気ぜわしい。スタジオセットの様子も、音楽などの演出も、静謐だった「きょうの出来事」の真逆だ。朝、寝起きに見たら、寝ぼけた頭がしゃっきりするかもしれない。で、こんなニュース番組、見たことがあったような気がするなと思ったのだが、どうも私にとって、「NEWS ZERO」は、フジの23時以降の時間帯に放映されるスポーツ報道番組と印象がダブる。日テレは、フジを参考に作ってるとでもいうのだろうか???

星野が北朝鮮問題を語ったり、川原がいじめ問題についてコメントするのも違和感がある。タレントに代えてニュース解説ができる専門家を迎えればいいのだが、「所属事務所に頭を下げて出演を依頼した経緯があり、契約期間中はタレントを使い続けるしかない」(テレビ関係者)というジレンマも抱えている。

 テコ入れが必要か。

テコいれではなく、願わくば、かつての自分の持ち味というものをもう一度見極め、原点に回帰してほしいと思うなぁ。
そして熊沢アナで「きょうの出来事」復活じゃ(爆)!

« 国民性か、年齢か… | トップページ | 山本モナ,結局、降板。TBS系「筑紫哲也 NEWS23」 »