2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「闇の戦い」映画化…え?何をいまさら? | トップページ | 香取悟空「西遊記」現場はアクシデント続出 »

2006年10月28日 (土)

トム・クルーズの(会社の)次のお仕事

でまた、eiga.comの最新「ニュース&噂」より。

トム・クルーズ製作のラインアップ作品3本が明らかに

トム・クルーズが長年連れ添ったパラマウントと決別したのは、今夏、非常に大きなトピックスだったと思う。え?あのスーパースターにパラマウントが三行半?という感じで。いかにスターといえども一線を超えてはなんねぇ、という生きたお手本見本のような事例であることよ、といろいろ感慨深いものがあった。

で、パラマウントはトム個人とというよりも、トムらが立ち上げた製作会社Cruise/Wagner Productionsとの提携を打ち切ったというのが実際のようだ。
で、このニュースは、その大手パラマウントと手を切ったあとの、トムらの製作会社の新規プロジェクトの発表である。

  • 20世紀フォックスとの「Selling Time」
  • ワーナー・ブラザースとは「The Ha-Ha」
  • インディペンデント映画として「Lions for Lambs」

なんのかんのいって大手と仕事するんじゃん、と思ったのだが、一本インディーズがあるというのが面白い。
のみならず、20世紀フォックスとの仕事だという「Selling Time」の監督がスパイク・リーだの、インディー映画の監督に色気を見せているのがロバート・レッドフォードだのいわれると、なんだかちょっと面白いじゃないか。

まぁ、しかし、トム・クルーズ当人のactorとしての仕事は……どうなってるんでしょうね。IMDb見ても、プロデューサーとしての仕事はともかく、アクターのほうで制作中とか告知済みとかポスプロ中とか、まして撮影中なんて仕事が一本もないってのは、やはり異常事態なんじゃないかと老婆心ながら思ったりするんだけど。

« 「闇の戦い」映画化…え?何をいまさら? | トップページ | 香取悟空「西遊記」現場はアクシデント続出 »