2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ハリウッド映画祭ってなに? | トップページ | ゴッサム賞 いわゆる一つのプレ・オスカー指針? »

2006年10月25日 (水)

ハリウッド映画祭の、プレ・オスカー指針度

さて、名前だけ聞いたことがあっても、全然内容がわからなかったハリウッド映画祭、および、ハリウッド賞、それは、どれくらい、プレ・オスカーの指針たりうるのか。

それはすなわち、そこで賞を与えた作品が、どれほど実際にオスカーでも評判をとったのかということであり、またその“実績”が、どれくらい前からあったのかということになるわけだが、

例えば2004年第8回ハリウッド映画祭でのMovie of the Year のノミネート作品はこんな風になっている。

  • 「コラテラル」(マイケル・マン監督)
  • 「エターナル・サンシャイン」(ミシェル・ゴンドリー監督)
  • 「華氏911」(マイケル・ムーア監督)
  • 「HERO」(チャン・イーモウ監督)
  • Napoleon Dynamite」(Jared Hess監督)
  • 「シュレック2」(アンドリュー・アダムソン監督ほか)
  • 「スパイダーマン2」(サム・ライミ監督)
  • 「ボーン・スプレマシー」(ポール・グリーングラス監督)
  • 「モーターサイクル・ダイアリーズ」(ウォルター・サレス監督)
  • 「パッション」(メル・ギブソン監督)

というわけで、なるほど、これは当時、世間を騒がせた作品群だ。日本では青字で示した「Napoleon Dynamite」以外、すべて公開済みである。間違えてました!「Napoleon Dynamite」って「バス男」の原題ですね。でも、劇場公開ってわけじゃないからそう外してない?
で、見事Movie of the Year に輝いたのはマイケル・ムーアの「華氏911」だったわけだが、allcinemaONLINEの記事に気になることが載っていた。この作品賞、「Yahoo! MoviesとEntertainment Tonightのウェブサイトから行なう一般投票により決まる」のだという。へぇ!審査員がいるわけじゃないんだ! そりゃあ、知らなかった。

いや、ちょっとまて、作品賞はわかった。だが、それ以外の賞は誰がどうやって決めてるんだ? はて~? なんだか、余計わからなくなったぞ(苦笑)
ま、気を取り直して。

2005年第9回では、翌春のアカデミー賞で主要6部門にノミネートした「クラッシュ」が、ブレイク監督賞、アンサンブル演技賞、リーダーシップ賞を得ている。でもって、大方の人がアカデミー作品賞にも輝くんじゃないかと思っていた「ブロークバック・マウンテン」もまた、ブレイク男優賞(ジェイク・ギレンホール)、キャスト賞を得ている。

ハリウッド映画祭、あるいはハリウッド賞でよく聞くのが、このブレイク賞、いや、ブレイクスルー賞Breakthrough Acting、Breakthrough of the Yearだ。ハリウッドが発見した逸材に対しての評価という感じの賞で、例えばナオミ・ワッツが2002年第6回のブレイクスルーアクティング賞に、そして今をときめくスカーレット・ヨハンソンが2003年第7回のブレイクスルー女優賞に輝いている。

しかし…なんだな、IMDbのハリウッド映画祭のページを見てるんだけど、始まって間もないだけあって、なんかその年によってあったりなかったりするのね…2005年のムーヴィ・オブ・ジ・イヤーとかって決まらなかったわけ???

まぁ、なんにしても、ハリウッド発「ハリウッドの旬!ハリウッドの今!」ということで、一つの目安になるということなんだろうか。
で、今年のブレイクスルー賞は、女優がリンジー・ローハン。そういや、こないだのヴェネチアでも一番メディアの話題になってたっけなぁ……とにかく話題ってことならもうとっくにブレイクスルーしてますよね。
で、男優のほうがデレク・ルーク。出演作「Catch a Fire」でティム・ロビンスと共演している模様。あのティム・ロビンス相手でこの結果ですから、よほど面白いんでしょうなぁ。ポスト・デンゼル・ワシントン筆頭か? って、彼、デンゼルの監督作品で主演してんじゃないか(まるで、「リヴァー・ランズ・スルー・イット」のロバート・レッドフォードとブラッド・ピットみたい、と思ったりして

しかし、ウェブから一般投票で、ムーヴィ・オブ・ジ・イヤーを決めるっていうのは、まぁ、なんつうか。ノミネート作品を誰がどうやって選んでるのかにもよるけど、まぁ、これもまた、イマドキの映画祭っつうきがするなぁ。

で、気になる今年のMovie of the Year ノミネート作品は以下の通り。

  • カーズ(ジョン・ラセター監督)
  • ダ・ヴィンチ・コード(ロン・ハワード監督)
  • プラダを着た悪魔(デヴィッド・フランケル監督)
  • リトル・ミス・サンシャイン(ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス監督)
  • M:i:III(J・J・エイブラムス監督)
  • パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(ゴア・ヴァービンスキー監督)
  • スーパーマン リターンズ(ブライアン・シンガー監督)
  • ユナイテッド93(ポール・グリーングラス監督)
  • ワールド・トレード・センター(オリヴァー・ストーン監督)
  • X-MEN:ファイナル ディシジョン(ブレット・ラトナー監督)

ああ、なるほどねえ。アメリカ映画の今年を表す顔ぶれだな。うん。
この中のどれが、ハリウッド映画祭の選ぶ今年の映画になるのか……え?

なに? 今年のMovie of the Year 決まった? 何?何になったの??

ワールド・トレード・センター」? へぇ!

ああ、そうですか、ふ~ん。一般ユーザの投票でも911系の映画が選ばれるんだ……ふ~ん、そうか。五年たって、今年のアメリカは911を省みる風潮があるみたいな話を聞くけどホンモノかな。で、前の記事でも書いたことですが、これもヴェネチア映画祭系です。
さ、これが来春のオスカーの行方を示しているかどうか、全てはこれからです!

« ハリウッド映画祭ってなに? | トップページ | ゴッサム賞 いわゆる一つのプレ・オスカー指針? »