2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ちょっと、そこのアナタ(苦笑) | トップページ | ハリウッド映画祭の、プレ・オスカー指針度 »

2006年10月25日 (水)

ハリウッド映画祭ってなに?

芸能ニュースを見てると、第10回ハリウッド賞なるものが目に飛び込んできた。

さて、最近、この季節になるとどこかで目にするんだけど、しかし、そもそも、ハリウッド賞とはなんなのか
全く知らなかったので、ちょっとググってみた。

と、ハリウッド映画祭というものが開かれていることがわかった。
無論、アメリカはカリフォルニア州ビバリーヒルズにあるハリウッドで、である。
今年の10月18日から23日までの開催だったらしい。
カンヌが約2週間なのに比べると、世界に冠たるアメリカ映画の都ハリウッドにしては、ちょっと期間が短いような気がするが、まぁ、この時期、世界各地で映画祭だらけなことを考えると、いたしかたないかもしれない。しかし、もちっと、時期を選んでやりゃあいいのにという気がしなくもないなぁ。
だって、こちらのページによると、10月だけで世界各地でこんなにやってるんだぜ、映画祭。スターさんも大変だ、スケジュール繰りが。当人というより、スタッフが、か。
10月18日、同日にロンドン映画祭がスタートしている。こちらは第50回と老舗で、こちらのほうはどこかの映画サイトで開催のニュースを見たっけ。
しかし、ハリウッド映画祭ときたら、いつ始まったかさえ話題になってない。

とにかくだ、このハリウッド映画祭で進呈されるのが、ハリウッド賞というものらしい。

それにしても、どういう映画祭で、どういう規模で、どんな賞があるのか。
去年の第9回では、ハウルがハリウッドアニメーション賞(Hollywood Animation of the Year Award)を受賞したらしいから、アニメ部門もあるということのようだが。(参照元:アニメ!アニメ!ニュース2005年8月アーカイブ

こちらのページでは、オスカーの前哨戦として、来るべきオスカーの行方を占う指針ともいうべき映画祭の中に、カンヌ・ヴェネチア・トロント・サンダンスとともに、このハリウッドを上げているのだけど、それにしても、全然それほどの重みを持っているという風には聞かないけど、何故。まだ10回と歴史が浅いからかな。
で、こちらのページによると、いろいろある賞の中で、作品賞のみが確定していない。

カミングスーンTVのハリウッド&セレブ ニュースによれば、ハリウッド映画祭の各賞は、映画祭当日ではなく、すでに9月のうちにある程度が明らかになっているということのようだ。

第10回ハリウッド映画際の各賞の受賞者が発表された。まず、バリー・レビンソン監督の政治コメディ『Man of the Year』と来年公開の『Mrs. Doubtfire 2』に出演したロビン・ウィリアムズが、功労賞を受賞。パドロ・アルモドバル監督の『Volver』で主役を務めたペネロペ・クルスが主演女優賞を受賞。『Infamous』に出演したサンドラ・ブロックが、助演女優賞に選ばれた。なお、昨年同助演女優賞を受賞した『カポーティ』のキャサリン・キーナーはアカデミー賞など各賞を受賞しており、早くもサンドラはアカデミー賞の呼び声が高い。なお同映画祭は、10月18日から23日まで、ビバリー・ヒルトン・ホテルで開催される。

この記事の日付は9月26日。
で、何々「なお、昨年同助演女優賞を受賞した『カポーティ』のキャサリン・キーナーはアカデミー賞など各賞を受賞しており、早くもサンドラはアカデミー賞の呼び声が高い」ですって? なるほど、それで、プレ・オスカーの実績なわけね。ゴールデングローブ賞よか、当節はこっちなのかねえ?

で、とにかく、ハリウッド映画祭は、目玉の作品賞Movie of the Year のみが映画祭で発表されるものの、それ以外の賞は、ほぼ開催前に発表済みということのようだ。

で、それについては、改めて、「Pre-Oscar Awards」のハリウッド映画祭の項目をご覧頂きたいのだが、

  • 製作賞:マイク・メダヴォイ(All the King's Men、Miss Potter)
  • 監督賞:オリヴァー・ストーン(ワールド・トレード・センター
  • 主演男優賞:フォレスト・ウィテカー(The Last King of Scotland)
  • 主演女優賞:ペネロペ・クルスVolver
  • 助演男優賞:ベン・アフレックHollywoodland
  • 助演女優賞:サンドラ・ブロックInfamous
  • ブレイク男優賞:デレク・ルーク(Catch a Fire)
  • ブレイク女優賞:リンジー・ローハンBobby
  • ブレイク監督賞:ライアン・マーフィ(Running with Scissors)
  • アンサンブル演技賞:“Bobbyエミリオ・エステヴェス監督
  • 脚本賞:エリック・ロス(The Good Shepherd)
  • 撮影賞:ヴィルモス・ジグモンド(ブラック・ダリア
  • 編集賞:ジョエル・コックス(父親たちの星条旗
  • 美術賞:ジョン・マイヤー(ドリームガールズ)
  • 衣装デザイン賞:ペニー・ローズ(パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマン・チェスト
  • メイキャップ賞:クリス・エヴァンス(X-MEN:ファイナル・ディシジョン
  • 視覚効果賞:ジョン・ノール(パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマン・チェスト)
  • 作曲賞:グスターヴォ・サンタオラヤ(バベル
  • キャスティング賞:フランシーヌ・マイスラー(バベルマイアミ・バイス、Stranger Than Fiction)
  • アニメーション賞:「カーズ」
  • リーダーシップ賞:マイケル・バーガー、トム・バーナード(Volver
  • ワールド映画賞:「Volver」(ペドロ・アルモドヴァル監督)
  • ディスカヴァリー賞:「Heavens Fall」(テリー・グリーン監督)
  • ドキュメンタリー映画賞:「The Empire in Africa」(フィリップ・ディアス監督)
  • 短編賞(実写):「American Dreams」(エルコ・フェルワーダ監督)
  • 短編賞(アニメーション):「Haptics」(マユール・デシュパンデ監督)
  • スター男優賞:キアヌ・リーブス(「イルマーレ」)
  • スター女優賞:サンドラ・ブロック(「イルマーレ」)
  • 功労賞:ロビン・ウィリアムス(Man of the Year)

ちょっと自分の覚えている範囲でチェックしてみた。オレンジで記したのは、今年のカンヌで、そしてグリーンで記したのは先月すんだばかりの今年のヴェネチア映画祭でプレミアを迎えた、あるいはコンペなど正式出品したもの、である。
これだけでみると、少なくとも今わかるところでは、主要賞にこれだけ関与しているヴェネチアは、少なくとも今のところはローマと比べて安泰、ということになるだろうか。
尤も、来春までまだ間があるわけで、今後、ローマ発作品が増えてくるかもしれないし、どういうことになるかわからないけど。

ちなみに主演男優賞であるフォレスト・ウィテカーの出演作“The Last King of Scotland”は、こないだ全米公開されたばっかりだ。彼の役どころは、あのアミン大統領だ。…ということは多分、別途「全米映画トップ10」で触れる、はずだ、きっと(汗)

にしても、結局カンヌを沸かしたのに、作品賞なし、アンサンブルで主要な女優全員に女優賞がいってしまった「Volver」。あの時は粋なはからい、という見方をしたけど、今回は主役となってよかったねペネロペ、ということになるのだろうか。
そして「Volver」そのものも、来春アカデミー賞外国語映画の目玉となるんだろうか…はてさて。

今わかる範囲でいえることは、案外、エミリオ・エステベスの初監督作品“Bobby”は、ハリウッドの評判いいんじゃないか?ということかなぁ。

それにしても、ハリウッド映画祭のハリウッド賞、誰が選んでいるんだ?またどういう基準で選んでいるんだろう。“Running with Scissors”は10月20日に限定公開されたばかり。
“Catch a Fire ”は秋に2つの映画祭に出されてるなぁ。Tellurideとトロントと。全米への一般公開は、10月27日からだ。
脚本賞を受賞したエリック・ロスの“The Good Shepherd”、まだアメリカどころか、どこでも公開されてませんけど(公開予定日、今年の12月22日だぜ。ちなみに公開されるのは全米、トルコ、イタリア。どういう国々だ)。監督はデニーロ。しかし、いかになんでも、未公開の映画について賞やっちゃうっつうのは、なんだかなぁ。
公式サイトをみれば書いてあるのか? ええい、そっちを見るか。

« ちょっと、そこのアナタ(苦笑) | トップページ | ハリウッド映画祭の、プレ・オスカー指針度 »