2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

次回「ハリポタ」あの彼女が楽しみ!

リンク: eiga.com [ニュース&噂]新キャラも要チェック!「ハリポタ」最新作の予告編が登場!.

シリーズ最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の予告編第1弾が公開された。11月17日に全米公開されたワーナー・ブラザースのアニメ「ハッピー・フィート」にあわせて登場したもので、オフィシャルサイトでも配信されている。今回の「不死鳥の騎士団」では、ヴォルデモート卿復活の事実を認めようとしない魔法省との対立が深まる中で、ヴォルデモートと対峙するハリーたちの姿が描かれる。予告編では、ハリーを監視する魔法省の役人ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)、シリウス・ブラックの従姉で死喰い人のべラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)といった新登場のキャラクターも確認できる。監督は、本作が長編映画デビューとなるイギリス人のデビット・イェーツ。07年7月13日全米公開で、日本でも07年7月に公開予定。

私にとって、「ハリポタ」は、そんなに絶対のお気に入りというものではない。ま、原作小説読んでみたら、これが、読み始めたら止まらないで寝ないで読んじゃったというのは、ここだけの秘密だが、だからといって、「ゲド戦記」や「闇の戦い」、「ブリジンガメンの魔法の宝石」といった、子どもの頃、心時めかせて読んだ諸作品ほどに心酔しているというわけではない。

で、映画にしても同じことで、とりたてて、そうスゴイと思ってみているわけではない。やはり、「指輪物語」の映像化ほどに心揺すぶられるということはない。

しかし、先だって、シリウス役にゲイリー・オールドマンが抜擢されたときには心震えたねえ。できることなら、ルーピン先生がティム・ロスだったらいうことなかったんだけど。

で、このたび、私は「ハリポタ」が映画化なって以来、もっとも心震わされている。
大いに期待に胸を高鳴らせている。

だって、ベラトリクッスを、ヘレナ・ボナム・カーターが演じるというんですもの!

いやぁ、これねえ、原作小説よんだよきに、パッとヘレナが思い浮かんだんだよ。それも「ファイト・クラブ」んときのヘレナ。間違っても「眺めのいい部屋」の彼女ではございません。

実を言えば、これまで、「ハリポタ」で勝手にキャスティングしていて、期待どおりだったことがなくてねえ。例えば、「秘密の部屋」のロックハート先生は絶対ヒュー・グラントだと思ってた。いやもう、絶対に。それが蓋を開けてみたら、ケネス・ブラナーで、いや、ケネスは名優だが、ロックハートではなかろうと。あれが一番残念だったかなぁ。
が、が、が、がっしかし! 今度こそ、映画の神は私に微笑んだっつう感じだね。なんか、すでに出回ってるベラトリックスに扮したヘレナの画像を見ると、いやぁ、これぞベラトリックスっつう感じですなぁ。
アズガバンの女囚姿はどんななんでしょう…うっうっうっ、楽しみ~。こんなに映画「ハリポタ」を楽しみに思うなんて初めてですわ、ほんと。

しかし……「不死鳥の騎士団」の予告編を見てまいりましたが、いやぁ、ダニエル君、そだっちゃったねえ……(汗)

P.ジャクソン監督の降板にMGMが「待った!」

先日、ピータ・ジャクソン監督が、「ホビットの冒険」の映画化から降板するという話しを書いたばかりだが、早速、その続報が。
続報が入るというところが、なんとも、この企画が、映画メジャースタジオにとって貴重なものなんだということが、わかるっていうかなんていうか。

リンク: eiga.com [ニュース&噂]P.ジャクソン監督「ホビットの冒険」降板に、MGMが待った!.

ピーター・ジャクソン監督の「ホビットの冒険」(原作J・R・R・トールキン)降板に対し、ハリウッドで早くもさまざまな動きが起きている。「ホビットの冒険」の映画化に関しては、製作権を握るニューライン・シネマ配給権を持つMGM、そして「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズを大ヒットに導いたピーター・ジャクソン監督という三者が、それぞれの思惑を持っているために、映画化が難航している。

ひや~、製作権を握るニューライン・シネマ!配給権を持ってるMGMと来たよ!

製作権と配給権かぁ。いやぁ、あたしゃ、このてのビジネスのアレコレはち~ともわからんのだけど、いろいろあるんだねえ。
で、その中で、ジャクソン監督は、難攻不落の「指輪物語」を映像化してのけたという実績と、才能っていうかセンスつうもんで、この権利に拮抗してるんだねえ。大したもんだ。

 「ロード・オブ・ザ・リング」第1作のギャラをめぐって、ジャクソン監督がニューラインに対して訴訟を起こしていることが最大のネックで、映画製作の着手を急ぐニューラインは、新たな監督を探すとジャクソン監督に言い渡した。ニューラインがクランクインを急ぐ理由は、「ホビットの冒険」の製作権が来年に切れるためでサム・ライミ監督(「スパイダーマン」シリーズ)と接触を図っていると言われている。

これまた驚かされましたよ!製作権には期限切れがある!へ~ほ~ふ~ん!
じゃぁ、今、時々、映画関係のニュースで「ドコソコが、○○の映画製作権をゲット!」だなんていってても、それで、ああ、この映画はアソコが作るのか、という風に思わんほうがいいのだねえ。

で、ジャクソン監督の代打でサム・ライミ!
サム・ライミ監督で「ホビット」! うわ~、なんか違う……。

 このニューラインの動きに対し、同作の配給権を持ち、ジャクソン監督と交渉してきたMGMは、「ジャクソン監督が『ホビットの冒険』を手がけるという案は、まだ消えていない」と広報を通じて発表ニューラインに対し、再考をうながすよう働きかけていく意向だという。また、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでガンダルフ役を演じ、「ホビットの冒険」ならびに、同時製作される予定の「ロード・オブ・ザ・リング」前章にも出演が予想されるイアン・マッケランは、「ジャクソン監督以上に、トールキンの世界観を実現できる人が他にいるとは思えない」と自らのホームページで発言。さらに、ジャクソン監督のファンサイト(TheOneRing.net)では、ニューラインに対し、ジャクソン監督を起用するように署名活動を開始している。

で、署名活動か。しかも、サー・イアン・マッケランからも温かいお言葉が……。いやぁ……なんという援護射撃であろうか。

まぁ、それだけジャクソン監督の実績というものに期待する向きが多いということなのだろうなあ。
ただ、まぁ、仮に、あくまで仮に、だけど、ジャクソン監督のほうに、天狗になってるとかなんか、そういうあまりよろしくない態度があった場合、こういう周囲の支援は付け上がらせるだけで、あんまよろしくないかも。

けして、天狗になってニューライン・シネマと争ってるんでないことを祈る。

かっこいいぜサラ・ポーリー!

リンク: eiga.com [ニュース&噂]「パメラ・アンダーソンにはならない」サラ・ポーリー,新作で来日.

03年にヒットした「死ぬまでにしたい10のこと」の監督・主演コンビによる新作「あなたになら言える秘密のこと」のプロモーションのため、主演のサラ・ポーリーが来日。11月24日、東京・日比谷の松本楼にて記者会見を開いた。

そうそう、そうなんだってね。あの感動の名作「死ぬまでにした10のこと」の監督・主演コンビがまたタッグを組んだという話しは聞いていた。が、もう出来上がっていたとはしらなんだ(汗笑)。まぁ、二匹目のドジョウがそうそう転がっているとは思わない、思わないがしかし、やはり、この監督と主演女優は贔屓にしたい。これからも。

で、この記事、サラ贔屓の私には、ただ彼女のことだというだけでも嬉しいのだが、しかし、結構、サラ・ポーリーの簡単なプロフィルとしても読める、手堅い記事だと思うのである。(無論、allcinemaONLINEのプロフィルも詳しい)

 テリー・ギリアムの「バロン」(88)で子役として注目され、アトム・エゴヤンの「スウィート・ヒアアフター」(97)で早くも演技派としての地位を確立したサラだが、現在に至るまでハリウッド映画への出演はわずか。「パメラ・アンダーソンなど、ハリウッドに進出するカナダ人も多いが、成功しても故郷カナダで活動を続けている理由は?」と問われたことに対し、サラは「インディペンデントな映画のほうが自立して自由に作れるし、カナダにも元気のある映画のコミュニティがあるので、そこで頑張っていきたい」と説明。さらに、以前から政治方面でも自身の意見をきっぱり口にすることで知られている彼女らしく、「そこを離れてしまうのは悲しいと思うし、パメラ・アンダーソンのようなことにはならないから心配しないで(笑)」と、皮肉な一言も添えた。

 そう。そうなんだよねぇ。「バロン」の子役の少女。あれが彼女だったのだ……といっても、80年代半ばのギリアム監督のあの作品を今の人がどれくらいみているのかわからんが。そして「スウィート・ヒアアフター」。これもまた怪作である。いや別にホラーじゃないよ。でも、見終わったあと、一筋縄ではいかないショックを感じていることを実感するだろう。あの表現しがたい娘の役は彼女以外だったら…う~ん、なんともいえないね。
 とにかく、彼女のフィルモグラフィは一筋縄ではいかない作品に満ち満ちている。その中で「ドーン・オブ・ザ・デッド」がとても異色を放っているが、まぁ、きっと、ハリウッドと一線を画する彼女の気に入る作品だったんだろう。きっと、彼女のキャリアを羨んでやまない女優も世界には大勢いるにちがいない。

そんな彼女の最新日本公開作「あなたにならいえる秘密のこと」……う~ん、前作「死ぬまで…」のこともあるからだろうが、あまりいい邦題とはいえないんじゃないかと……う~ん。

ちなみに本作でサラが演じるのは、誰にも言えない“秘密”を抱え、孤独に生きる女性ハンナ。その“秘密”について詳しく言及はできないが、過去に経験した、あるつらい出来事によるもの。「人はどれほどダメージを受けても、愛したり、立ち直ることができる。観終われば希望をもてると思う」と作品をPRしたサラは、「今、世界中で悲劇が起こっているけれど、それでも希望をもってほしい」と、日本の観客にメッセージを贈った。

 ハンナが抱えている“秘密”とは何か? また、それに向き合うことで再生していく彼女の姿をぜひ劇場で確認されたし。07年2月10日ロードショー。

見たいもんです。共演はティム・ロビンス、それに…、おおおっ、スティーブン・マッキントッシュにレオノール・ワトリングだって? おおおっ こりゃ、見たい。
でも、私が住んでる高松では公開されない可能性のほうが高いっすね……ぐっすし。

2006年11月24日 (金)

来年大河「風林火山」のアノ役者にブーイング?

気がかりなハナシ……

リンク: ニューストップ > 芸能 > 大河「風林火山」で主役を張る内野聖陽にブーイング - Infoseek ニュース.

来年のNHK大河ドラマは「風林火山」。主役は大抜擢といえる内野聖陽(38)だが、内野に対して出演者やスタッフからブーイングが沸き起こっている。

 このドラマは戦国武将の武田信玄を軍師として支えた山本勘助が主人公。内野は勘助役という大役をゲットして舞い上がっているらしい

うそぉ……
ああ、なんつうか「蝉しぐれ」のイメージがあるんで、謙虚な人つう風に思っちゃうんだけど、実際はどうなんだろう。結構オレオレなのかもしれないなぁ。となると、案外「不機嫌なジーン」や「秘剣・馬の骨」の役ドコロは地だったとか。

さる撮影スタッフが明かす。

「戦のあとの評定のシーンでカメラリハーサルをした時のこと。内野メークが気にくわないとかで、ひとりで控室に引き揚げて何十分も戻って来なかった。『風林火山』には何人もの大物役者が顔を揃えている。カメリハで先輩たちを待たせるのは申し訳ないからスタッフが内野を呼びに行ったところ、内野は“誰に向かって口をきいているんだ”といわんばかりの態度だったそうです。結局内野は出演者をそのまま待たせ続けてヒンシュクを買ったとか。また、ディレクターに対して“テーク3を使ってくれ”などと大物ぶることもあるようです。周囲は“あいつはそんなに偉いのか”と反発しています」

う~ん、ほんとにィ?

内野は名門の文学座の出身。「風林火山」には文学座の大先輩の加藤武が武田家の家臣として出演していて、尊大な内野を諭そうとした。ところが、内野はまったく聞く耳を持たず、呆れた加藤は「もう知らん!」とサジを投げたそうだ。

内野は文学座の序列ではかなり下です。それなのに“文学座のエースは江守徹さんかオレ”といった態度なんです」(撮影スタッフ=前出)

序列は下…ふ~ん。でも、最近じゃ、主役の舞台もあって、結構若手というか中堅どころのエースなのかと思ってたんだけど……ねぇ。

ここんとこ「蝉しぐれ」以降、どんどん注目が集まって、抜擢されたらかなぁ。天狗になっちゃったのかしら。しかし、気がかりだなぁ。大丈夫だろうか。役者・内野聖陽が好きだからこそ、案じてしまう。

現在、放送中の「功名が辻」は仲間由紀恵が好演して、高視聴率をキープしている。周囲から総スカン状態の内野の「風林火山」はどうなるのか。役者としての真価が問われそうだ。

なんといっても、仲間と、上川が、山内夫妻をうまく演じて、現場が和気藹々なんだろう、しかし、ある意味、来年の大河は、勘助と信玄、さらに謙信と、それこそ一癖もフタクセもある男たちの、丁々発止なドラマであるわけだから……

これが緊張となって、いい意味で生きるといいのだけど…………(不安)

およよ!

訪問者数が伸びているんで、アクセス解析みて、ビックリ!

「小西真奈美、初ショートカット?」の記事だけで、100以上のアクセスが!

キミたち、そんなに小西嬢が好きか!

いや、オイラもそうなんだけど……(苦笑)

いやぁ、注目集めてんだなぁ小西嬢…改めて実感しちゃいましたよ。

ケイト・ブランシェットが女優休業?!

過去数日の間、もっともショックだったのが、このニュース

リンク: eiga.com [ニュース&噂].

「アビエイター」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したケイト・ブランシェットが、今後、母国オーストラリアの舞台に専念することを明らかにした。

え・えーっ!でございますよ、みなさま。
なんとなれば、それがし綾川めは、ケイト・ブランシェットを銀幕で観るのが大好きでござれば。

しかし、そうかぁ、舞台にねぇ。
彼女、もともと、舞台女優だものね。映画もある程度やったから、故郷でじっくりと、もともとの舞台をやりたくなったということなのかな。
とかなんとか思ってたら…

08年から、夫で戯曲家のアンドリュー・アップトンと共にシドニー・シアター・カンパニーの芸術監督に就任することが決定したためで、演目を決めるだけでなく、演出、出演も務めることになるという。

う・わぁ……芸術監督かいな……。
なるほど、こりゃ、専念するしかないわ、忙しいよコリャ。

映画俳優が劇場の芸術監督に就任、というハナシなら、先日も取り上げたけど、ケヴィン・スペイシーがイギリスの劇場の芸術監督になってたって話を思い出す。しかし、彼の場合、その後も、コンスタントに映画出演してるんで、わたしは全く彼がそんなことしてるなんて気づいてもいなかった。
まぁ、どんなに忙しいといっても、彼、独身だしね。家族は犬だけだったんだっけ…いや、渡英するとき連れて行かなかったのかもしれないし……まぁ、それなら、どんなにワーカホリックになってもね。
でも、その点、ケイトは、ダンナいるし、子どもいるし、女優だけじゃなくて、いろいろやらなきゃならんからなぁ。この上、映画だなんていったら……あ~、考えただけでも家庭崩壊の危機だよ。
う~ん、もしかして、ケイト、子どもがある程度おおきくなるまで、故郷のオーストラリアでじっくり家族そろって暮らすつもりで、この仕事を受けたんだったりして。ありうるな。

演技力に定評があるブランシェットはハリウッドで引っ張りだこで、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督の「バベル」、スティーブン・ソダーバーグ監督の「グッド・ジャーマン」、トッド・ヘインズ監督の「I'm Not There」、デビッド・フィンチャー監督の「The Curious Case of Benjamin Button」と、今後も注目の新作がずらりと控えている。

ちょっとIMDbのケイトのページを観てきたんだが、待機中の作品で、撮影中なのは「The Curious Case of Benjamin Button」(2008年公開予定)のみ。「I'm Not There」も、また「エリザベス」の続編である「The Golden Age 」も来年の公開にむけてポスプロ中。なるほど~、映画休業へと向けて着々と進行中って感じ。

ところで、このトッド・ヘインズ監督の「I'm Not There」って、出演陣がすごい面子だね。
ケイトに、クリスチャン・ベイルだ、エイドリアン・ブロディだ、ジュリアン・ムーアだ、ヒース・レジャーだ、ブルース・グリーンウッドだ、そこへもってきてシャルロット・ゲンズブールだ、一体これはどういう映画だ?!

え、さて。

彼女が映画女優を休業して、もっとも困るのはハリウッドのクリエイターかもしれない。

いや、同感だね。
でも、あれかなぁ。アカデミー賞も獲ったし、映画ギョウカイにおいて、みるべきほどのものはみつ、という心境になったのだろうか。
無論、個人的に、彼女をスクリーンで見ることができないのがつらい。いかになんでも、映画館で1800円の正規料金を払うのがイヤな人間に、オーストラリアまで航空運賃払って、舞台見に行けっていうのは、酷ってなもんすよ。
まぁ、ほんとのファンならそこまで貢げってか(苦笑)
いや、でも、いかになんでも、それは無理(苦笑)

ま、聞けば、1年の間、3ヶ月は空きがあるっていうから、その間に撮影できるものならってことになるかもしれないけど、長期間拘束されるような仕事は無理かもねぇ。
あ、そうだ、地元のオージー映画にどんどんご出演になればいい。それも、ロウバジェットなインディペンデンスな感じのに。実力はあるけど、まだまだ知名度のない若い映画人たちの作品にお出になればいいんだ。そうして、地元映画の発展に寄与するってのもありだと思うな。
日本の配給会社だって、あのケイト・ブランシェットの出演作ってんなら、配給するっしょ。甘いか?

「カリブの海賊」はジョニデの専属になるんかいな

リンク: eiga.com [ニュース&噂]キーラ・ナイトレイが「パイレーツ」シリーズから卒業!

 キーラ・ナイトレイが、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズからの卒業を発表した。

なにぃ?

来年公開の第3弾「パイレーツ・オブ・カリビアン/アット・ワールズ・エンド」への出演を終えたキーラは、新作「Atonement」(「プライドと偏見」のジョー・ライト監督)の撮影現場で、今後のシリーズへの復帰はないと断言。「17歳の時からあの役(エリザベス・スワン)をずっと演じていて、21歳になった今、自分の興味はまったく違う方向に向いてしまっているの」とその理由を説明した。なお、プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーは、現在企画中の「パイレーツ・オブ・カリビアン4」について、「最近、ある本の映画化権を獲得したので、それをベースに物語を作っていきたい」とコメント。ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウだけ残してまったく新しい3部作を作ることになりそうだ。

いやぁ、キーラってば潔い……。

いや、実をいうと、ジョニデ演じるジャック・スパロウを主役にして「4」を撮るという話しはけっこう囁かれてるらしいじゃない。以前に、どこでだったか、オーランド・ブルームが、シリーズから消されるっていわれて笑顔で否定というか誤魔化してた、みたいなハナシを聞いたことがあるんだけど、

いやぁ、キーラ、ある意味、制作側の先手を打ったね。「いつまでも、このシリーズにしがみついていると、役者としてのキャリアが狭まりそうだから、私、降りるわ」てな風に印象づけてるじゃないか。いやぁ、かっこいいよ。

まぁ、あとは、オーランドがそれに続けるかどうか……。まぁ、彼としては「カリブの海賊」は、当初自分が主役でスタートしたって自負があるだろうから、大変かもしれないけど……。若き、いまだ無垢な青年が、海にこぎ出でて、恋と冒険を、そして、一筋縄ではいかない友を得る、ては筋書きだったわけでしょ、本来は。その一筋縄でいかない友にすぎないはずだったキャラが、主役のカップル二人を完璧に喰っちまったんだから、もう。
と、いうことだよねェ?これって要するに。

にしても、ジョニデのジャック・スパロウ、こんな大きなキャラに育つとは………ま、確かに、一筋縄ではいかない魅力だよな。

トム・クルーズの新作決定

いやはや、先日、「プロデューサーとしては仕事があるが、俳優としての予定が真っ白ではどうするんだ」と嘆いてしまったトム・クルーズ、その懸案の次のお仕事が決まったようで。

リンク: eiga.com [ニュース&噂].

ユナイテッド・アーティスツと契約を交わしたトム・クルーズの新作が、ロバート・レッドフォード監督「Lions for Lambs」に決定した。これは、アメリカのアフガニスタン侵攻をめぐり3つのストーリーが絡み合う社会派作品で、トムはアメリカの政治家、メリル・ストリープがジャーナリスト、そして大学教授をレッドフォード監督自身が演じる。脚本を執筆したのは「NARC/ナーク」のジョー・カーナハン監督の弟マシュー・カーナハンで、トムとビジネスパートナーのポーラ・ワグナーがプロデュースを手がける。

「Lions for Lambs」、レッドフォードが監督するかもしれないってのは、ほんとにこれになったんですねえ。ふ~ん。ま、とりあえず、良かった良かった。まぁ、個人的には、あのハリウッドの大スタートム・クルーズが、結婚を機にプロデューサー業に専念、といったところで、別段いたくもかゆくもないんだが、ファンとしては胸をなでおろしているのではないかしら。

にしても、……トムが政治家。

上院議員だろうか、下院議員だろうか、それとも地方議会議員???あるいは大統領府スタッフ? まぁ、なんにしても、なんだか、ひっかかるね。

で、相変わらずレッドフォード御大は、監督しながら、ご自分も出ると。

2006年11月23日 (木)

「X-MEN」スピンオフ計画

リンク: eiga.com [ニュース&噂].


「X-MEN」のプロデューサー、ローレン・シュラー=ドナーが、現在進行中のスピンオフ企画について明らかにした。まず、ヒュー・ジャックマン主演の「ウルヴァリン」については、デビッド・ベニオフ(「トロイ」「25時」)の脚本が完成しており、有名監督と交渉中だという。また、若き日のプロフェッサーXとマグニートーを描く「ヤング・マグニートー」の脚本も仕上がっており、こちらは監督探しの真っ最中のようだ。「X-MEN4」は恐らく製作されないが、シリーズ自体はまだまだ続きそう。

ま、「踊る大捜査線」でスピンオフができるんですから、ハリウッドのメガトンヒット作品でするのは当然なんじゃないでしょーか。まぁ、アジア作品のリメイクばかりしてるよりは、まだ独創性があるという気がする……

ところで、「ヤング・マグニートー」ですが、当然、若き日のマグニートーが、プロフェッサーXに道ならぬ恋をするという奴なんでしょうな!
…腐女子でスミマセン

P.ジャクソン監督、「ホビットの冒険」から降板

なんとも残念なニュース。

リンク: eiga.com [ニュース&噂].

ピーター・ジャクソン監督が、「ホビットの冒険」の監督から降ろされたことが分かった。

降板したんじゃなくて、降ろされただよ、降ろされた!

ジャクソン監督が、自身のファンサイト(TheOneRing.net)への書簡で明らかにしたもので、「ロード・オブ・ザ・リング」のギャラをめぐって、ニューライン・シネマに対して起こした訴訟が原因だという。映画化第1作の興行収入をニューライン側が不正計上したために、ジャクソン監督側の取り分が少なくなったとする訴訟は現在も係争中で、ジャクソン監督は第三者による会計監査を求めている。

つまり、金なのね。

いやぁ、でも、残念なんだよねえ。やはり「ロード・オブ・ザ・リング」3部作があるからさぁ、「ホビット」のほうも、同じ人で監督してほしかったものねえ。なんか統一感というか、そういうの、そろってたほうがいいじゃないの。

 

ジャクソン監督によると、「ホビットの冒険」をMGMと共同製作するニューラインは、訴訟を取り下げることを条件に、監督をオファーしてきたとのこと。しかし、ニューラインに不信感を抱いているジャクソン監督は、会計問題を解決させずに「ホビットの冒険」の契約を結ぶつもりはないと拒否。すると、映画製作の着手を急ぐニューライン側からクビを言い渡されたのだという。ジャクソン監督は、「この結果は、われわれが予想したものでも望んだものでもありませんが、憎しみや恨みがなにかを生み出すとは思えません。『ホビットの冒険』を映画化するという夢を諦め、別の映画企画に向かうしかありません」と締めくくっている。

しかしなぁ、ジャクソン監督、別の作品でもなんかゴタついてなかったっけ。
なんだかなぁ。「指輪物語」の映像化という稀代の作業をなしとげ、しかもヒットしたんで、天狗になっちゃいまいか。それで、ちょっとでも気に入らないとガマンできないってことはないか。
なんか、不安になっちゃうね。

小西真奈美,初ショートカット?

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 小西真奈美デビュー以来初ショートカット - Infoseek ニュース.

小西真奈美(28)が初主演するTBS系連続ドラマ「きらきら研修医」(来年1月11日スタート、木曜午後10時)で、デビュー以来初のショートカットを披露する。

ええっ?!

私が小西真奈美を初めて観たのは、NHKのドラマ「深く潜れ~八犬伝2001~(DIVE DEEPLY)」なのだけど、そのころから、いままで、ロングヘアーの彼女しか観たことがない。

それがっ

その小西真奈美が

ショートヘアっ

うわおっ

いやぁ、大人の女っぽくなるんすかねえ、う~ん、どんなんだろ、

しかし、蠍座うまれの彼女が、木星in蠍座時代にこれまでになかった注目を集め、でもって、この先、木星が射手座に移ってどうなるかと思ってたけど、太陽が射手座に移って早々、トレードマークの髪を切るだなんて思い切ったハナシ、

う~ん、思い切りのよさ、冒険、まさしく射手座的じゃないかよ。

2006年11月22日 (水)

ロバート・アルトマン監督、死去

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 米映画監督のロバート・アルトマン氏が死去 - Infoseek ニュース.

な……

個人的に、ティム・ロスに初主演作(「ゴッホ」)を撮ってくれた監督、つうことで印象に残ってますが、ついこないだまで第一線で話題作を撮っていたという、ほんとスゴイ人です。「ゴスフォード・パーク」とかさ。記憶にまだあるでしょ?
”A Prairie Home Companion”が 遺作ということになるのですか…あ、日本公開決まったんですね。

2006年11月20日 (月)

オスカーのため?アニメ「パプリカ」LAで上映

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > オスカー前進「パプリカ」ロス上映 - Infoseek ニュース.

第79回アカデミー賞の長編アニメーション部門対象作品の16本に選ばれた今敏監督(43)の「パプリカ」が、米時間20日からロサンゼルスで先行上映されることが18日、決まった。期間は1週間程度で、本格公開は来年春以降に予定されているという。

 アカデミー賞の最終ノミネートには「年内にロサンゼルスで有料上映された作品」という条件をクリアする必要がある。「パプリカ」は映画祭などでニューヨーク、シカゴ、ハワイでの上映実績はあったが、ロスは未上映。今回、上映が決まったことで、オスカー獲得に一歩近づいたと言えそうだ。

いやぁ、意欲的なことだ。
日本製のアニメ作品が、本国での公開・ロードショー上映もなくして、海外の映画祭サーキットに出回り続けている、そのうちの一つは、世界三大映画祭のヴェネチアで、しかも、米国アカデミー賞アニメ部門ノミネートまであともう一歩……

考えれば考えるほど、スゴイ話しだ。
これは、世界に冠たる日本のアニメーションといえども、「パプリカ」だけなのじゃないか?

いやはや、やはり、このLA限定公開、オスカー選抜のための体裁を整えるためとしか思えない。

どうなることか。アカデミーの最終ノミネート作発表は来年1月である。
まずは、無心に作品そのものを楽しみたい。日本公開は11月25日からである。

しかし、「時をかける少女」といい、この「パプリカ」といい、今年の話題アニメ作品は、どちらも筒井康隆原作なのだ。
実は私はこのことに、静かに深く感じいっているところなのだが、まず、新しさがとりわけ求められている日本アニメにおいて、この原作となった両作品は古い。「パプリカ」の雑誌連載が始まったのはバブルの余韻一方ならぬ91年のことであった。(…と、書くと古さを実感しないか?)そして、「時かけ」にいたっては「中学3年コース」で連載が開始れたのは1965年である。うわぉ。(無論、今回アニメ化された「時かけ」は原作どおりのストーリーではないことは承知している)。
もはや、現代には通用しないのではないか?と一瞬思わせる古さにも関わらず、これらの作品は、21世紀になってもなお熱く支持される……いや「パプリカ」については、初の映像化によって、連載時や、単行本刊行時とは違った、ファンを獲得し、その物語の裾野を広げるに違いない。
これらは、まさしくクラシック、古典なのだ。

なんというか、私には本当に感慨深い。
日本のアニメは、意識しているかどうかはわからないが、SFをヴィジュアル化する手法でもあった。そして筒井康隆はまぎれもなく日本SF界の巨匠である。これまでにも、日本のアニメは日本のSFにその名を知られた作品を手がけてきた。そのいずれもが成功したとはいいがたいと思うのだけど、しかし、ツツイ作品は映像化と相性がいいのではないかと思ったりもする。アニメではないが、NHK少年ドラマシリーズの「七瀬ふたたび」は見るものに深い印象を残している。原田知世版「時をかける少女」はSF映画の傑作のみならず、日本映画の傑作であり、青春映画の傑作でもある。
そして、今、90年代初頭の、なんとも浮ついた絢爛豪華な時代に世に送り出された「パプリカ」が、10年余を経て、アニメ化される。それも、「失われた10年」と呼ばれる不況の時代を経たあとで……感慨深いのだ。何か、ものすごく感慨深いのだ。

ところで、公式サイト開くと、流れてくる曲……メインテーマなのかな?
いいねェ……なんだろ、「失われた10年」以降の暗くて押しつぶされそうな感じの曲調じゃなくて、なんというか、あのアッケラカンとした80年代と地続きだった90年代初頭の空気を感じるよ、
なんてね。あくまで、これはケレン味たっぷりだという「パプリカ」のイメージに沿ったものであって、私のような思い込みは迷惑というものだろうな……。
とにかくサントラ買おっと。

2006年11月18日 (土)

大泉洋のセックススキャンダル???

本日18日、フジはなんかえんえんと「東京タワー」特集をかけ続けている。
いや、何も今日だけではなかね。もう、いつからかね、フジのバラエティ番組にドラマ出演者呼んで、宣伝に腐心してたもんね。
なのにねえ……

ここへ来て、スキャンダルだとよ。
それも、主演大泉洋に。

リンク: ニューストップ > 芸能 > 2度もスキャンダルに巻き込まれた不運な男 大泉洋 - Infoseek ニュース.

とことんついていない男だ。タレントの大泉洋(33)である。

 大泉は18日に放送されるスペシャルドラマ「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」(フジテレビ)で主人公の“ボク”を演じる。このドラマは、大泉にとって全国区でブレークするまたとないチャンス。その矢先に足をすくわれるような記事が飛び出してしまった。

 掲載しているのは発売中の写真誌「FLASH」。同誌によると、大泉はファンの女性(34)と4年間にわたり肉体関係を持ち、数々の変態プレー強要したという。“プレー”の中身は多岐にわたり、大泉は鏡の前でのセックスを要求したり、女性に「ツバちょうだい」と唾液を求めたとか。さらにアナルセックスを要求したことまでバラされてしまった。

あああ……身も蓋もない………

もっとも、大泉は「確かにその女性と交際はしていた」と潔いコメントを同誌に寄せている。犯罪でもないのに、一方的に男女間の秘め事を暴露されたのはちょっと気の毒だが、同誌は大泉のSEX画像までデカデカと掲載している。残念ながらイメージダウンは避けられそうにない。

ゲンダイにしては意外だな、と思うのは「方的に男女間の秘め事を暴露されたのはちょっと気の毒」という書き方をしていること。なんだか大泉に同情している風なのだ。そして、大泉のコメントについての「潔い」だって……。もっと容赦ない書き方をするかと思いきや……意外だ。

「『東京タワー』は当初7月29日に放送される予定でした。ところが“ボク”の親友を演じた元極楽とんぼの山本圭一が直前に淫行騒動を起こして撮り直しになった。放送が3カ月以上も延期になり、大泉は“今度こそ!”と並々ならぬ意気込みで撮影に臨んでいたと思います」(テレビ局関係者)

 ドラマはお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅が山本の代役を務めて無事撮影を終了。大泉は18日の放送を楽しみにしていたはずだ。ところが、土壇場でセックス画像が流出してショックだろう。

そう、「東京タワー」といえば元極楽とんぼの山本圭一である。まったく、あれは、前代未聞の大迷惑だったろう。一人のお笑い芸人の不祥事が、これほどまでに大きな迷惑をかけたということでは、多分、最近では例がない。
しかし、ここへきて、こんな、主演について、こんな話が噴出して……まったく、「東京タワー」というドラマ、とことんツいてない。
これ、アレなんでね、芸能界追放になった、山本圭一サイドの意趣返しなんでね?!なんてなことも考えてしまうね。

「大泉は野外イベントの収録の日は必ず雨が降るという歓迎されないジンクスの持ち主。よくつまずくね」(芸能ライター)

今日も雨ふっている。…ここは四国・高松なんだが。

 もっとも、今回の流出写真で大泉が全国区になったという見方もある。注目が集まってドラマの視聴率が上がる可能性だってある。吉か凶か。どちらに転ぶか分からないから、めげずに頑張って欲しい

「全国区になった」!「めげずに頑張ってほしい」!だって?!
これ、ほんとに、ゲンダイ・ネットか!?……と思うほど、温情に満ち溢れた言葉使いじゃあないかっ!

でもねえ、まぁ、大泉のセックス嗜好が変態系だったといわれても、なんか納得するよね、とかいったら、ダメ?! あの顔なら、変態でもイメージどおりではないかと……おあおあおあ、すまんすまん大泉さん! これからも「水曜どうでしょう」は拝見いたしますし、わたしは応援しておりますですよ!ハイ!

2006年11月17日 (金)

ある21歳の死

スーパーモデル拒食症で死去(日刊スポーツ)

米国で活躍していたブラジル出身のスーパーモデル、アナ・キャロリーナ・レストンさん(21)が拒食症が原因で16日(日本時間17日)、サンパウロ市内の病院で死去した。死亡時は172センチ、39キロだった。レストンさんは13歳でモデルを始め、アルマーニなどトップブランドのショーに数多く出演していたが、食べては吐くことを繰り返す摂食障害になり、治療を続けていた。最近「やせすぎモデルは不健康」として、スペインのショーで、BMI(体重÷身長の2乗)が18以下のモデルが出演禁止になったこともあった。レストンさんのBMIは13・2しかなかった。

なんというかな……。
最初感じたのは、プロのモデルでも命を落とすのだから、ましてやシロウトの娘なんてひとたまりもないなというようなこと。

細くあらねばならないという強迫。そのすさまじさ。

たった21歳で…………

Reston3000_1 Ph2006111601395

ANA CAROLINA RESTON でGoogle Newsをサーチした結果。やはり、海外の方が関心高いんだなとわかる結果。にしても、摂食障害はアノレキシアということが一発で覚えられたぜ。

アカデミー賞ドキュメンタリー部門の、エントリー作品発表

アカデミー賞ドキュメンタリー部門、エントリー15作品を発表(ロイター)

[ロサンゼルス 15日 ロイター] アカデミー賞選考委員会は15日、長編ドキュメンタリー部門の予備選考で、アル・ゴア元米副大統領の地球温暖化対策を描いた「不都合な真実」など、エントリー15作品を発表した。

 同部門では他に、カトリック教会の聖職者による性的虐待をテーマにした「Deliver Us from Evil(原題)」や、イラク戦争とブッシュ米大統領を批判した女性カントリー・グループ、ディクシー・チックスを追った「Shut Up and Sing(原題)」など。

 「不都合な真実」は全米興行収入で2380万ドル(約28億円)を記録し、ドキュメンタリー映画としては歴代3位の興収となった。

 アカデミー賞授賞式は、来年の2月25日、ロサンゼルスで行われる。

15作品の内訳をちゃんと知りたいもんだが、とりあえず、

アル・ゴアさんの「不都合な真実」。いやはや、サンダンスやカンヌを沸かした問題作が、ついにアカデミー賞にも。ま、アメリカ国内だと知名度の勝利だろうか。

スパイク・リー監督の、ハリケーン・カトリーヌの被災問題をおったドキュメンタリーはどうなったんだろう。もとがテレビ番組なので対象外なんだろうか。

で、15作品の内訳を知りたかったら、アカデミー賞専門サイト OSCAR PLANET

「硫黄島からの手紙」公開前倒し アカデミー賞狙い?

映画「硫黄島からの手紙」米公開2ヶ月繰り上げ…監督明言(サンケイスポーツ)

米映画「硫黄島からの手紙」が、米国で来年2月9日から今年12月20日に繰り上げ公開されることが16日、分かった。

 来日中のクリント・イーストウッド監督(76)が都内で会見し「米での評判がよく、日本の公開日である12月9日の数週間後に早めて公開されます」と報告した。

のだそうだ。で、そうか、イーストウッド監督、来日したんだ。今まで自作映画のPRでも全然かまってこなかった方が、ついに。

同映画は、太平洋戦争下の硫黄島の戦いを日米双方の視点で描く2部作中、日本側から描く第2弾。第1弾「父親たちの星条旗」も好評で、「15日に日本武道館で行われた世界初披露となる『硫黄島-』のワールドプレミアの反響が良かったことも後押しした」(配給元のワーナー)。

 12月20日からニューヨーク、ロサンゼルスなど主要都市で、来年1月からは全米拡大公開。2作品とも第79回アカデミー賞(米時間来年2月25日発表)の対象で、日米ガチンコ対決が展開されるが、同監督は賞レースについて「他の人が決めること」と無関心だった。

 この日の会見には渡辺謙(47)、嵐の二宮和也(23)、伊原剛志(43)、加瀬亮(32)らが出席。加瀬は「プレミアを観に来た両親から電話があり『何てスピーチがヘタなの?二宮君を見習いなさい』と言われた」と天然トークを炸裂させ、同監督らを笑わせた。

とまぁ、監督自身は賞について無関心を装っているようだが、まぁ、周囲はそうはいかないだろうなぁ。

もしかすると、この晩秋、賞を狙って公開されたシリアス作品群が、軒並み評価が低いことも関連してるだろうか。“しめた。これならイケる”とでも思ったか。

イーストウッド「硫黄島」米公開繰上げ(日刊スポーツ)

クリント・イーストウッド監督(76)の最新映画「硫黄島からの手紙」(12月9日公開)の米国公開が、来年2月から今年12月20日に繰り上げられることが16日、発表された。都内で主演の渡辺謙(47)らと会見したイーストウッド監督が明かした。

 ワーナー・ブラザーズが、米国内で行った関係者向け試写会の高評価を受けて、今年度のアカデミー賞狙いに方針を転換したため。完成当初から渡辺や二宮和也(23)ら日本軍を演じた俳優陣の熱演が話題になっていたが、これにより離婚騒動渦中で同映画のPR活動を自粛している歌舞伎俳優中村獅童(34)も助演賞の有資格者に。ドタバタ続きの中で、久しぶりの朗報となった。

 同映画は、太平洋戦争時の硫黄島の戦いを描いており、すでに公開中の米国側からの視点で描いた「父親たちの星条旗」との2部作。これで、2作そろってオスカー候補となることに同監督は「私が選ぶわけではないので、何も言う立場にない」語った。

にしても、獅童は困ったねえ、こんなビッグな映画にたずさわってて、表だって出てこれないなんてねぇ。身から出たさびかもしれないが、何か違うような気もする。仕事は仕事。離婚は離婚。例えば、「硫黄島」の記者会見の場に出て、「獅童さん!離婚のことなんですが!」とかいうリポーターがいたら、ブーイングだよねぇ?

ピープル誌が選ぶ今年の「最もセクシーな男」は…

「最もセクシーな男性」にジョージ・クルーニーさん (読売新聞)

 【ニューヨーク=大塚隆一】17日発売の米誌ピープルは今年の「最もセクシーな男性」に米国の俳優ジョージ・クルーニーさん(45)を選んだ。

 1997年に続く2度目の選定。同誌は「古典的な二枚目であると同時に、ハリウッドのトップスターとなっても親しみやすさと謙虚さを保っている」と評している。

 クルーニーさんは、テレビドラマ「ER 緊急救命室」の医師役で一躍スターになった。今年は映画「シリアナ」でアカデミー賞助演男優賞を受賞している。

へぇ。

他の候補は、どんなんだったのかね。いや、よくピープルの「最もセクシー」ってのは聞くけど、どういう仕組みになってるのか知らんので。

しかし、97年につづいて2度目、ってのがミソかな。

コチラの記事がもう少し詳しいな

米ピープル誌の「最もセクシーな男」に“中年の星”、G・クルーニー(AFP)

【ロサンゼルス15日】アカデミー賞男優のジョージ・クルーニー≪45=写真≫が、15日発売の米誌ピープルで、今年の「最もセクシーな男性」に選ばれた。ブラッド・ピットやジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオらを抑えての栄冠で、髪が白くなり始めた中年にとっては心強い味方となった。

 クルーニーは「オーシャンズ12」で共演したピットが15位だったことについて、同誌に対して「ブラッドは頭にくるかもね」と冗談を言った。クルーニーにとって、ここ1年は良い年だった。「シリアナ」の米中央情報局(CIA)員役でアカデミー助演男優賞を獲得し、メガホンをとった「グッドナイト&グッドラック」では最優秀監督賞にノミネートされた。クルーニーは1997年にもこの賞を取っており、2度目の受賞。

 2位は米テレビドラマ「グレイズ・アナトミー/恋の解剖学」のパトリック・デンプシー、3位はアシュトン・カッチャー。そのほか、デップやディカプリオがベストテンに入っている。

へえ。そういう若手を抑えての栄冠。なるほど、ちょっとそそられてきたぞ。
これ、何位まであるんだろう。全体を知りたいが、どこにupされてるのかな?

また「エコエコアザラク」?

え?また「エコエコアザラク」映画やるの?

個人的には2004の小中千昭がシリーズ構成を担当したテレビドラマ版「エコエコアザラク~眼~」が相当面白くて、決定版みたいな気がしてるので、もう、食傷気味なんですけどねぇ。

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 霊感強い近野成美は適役!?映画「エコエコアザラク」PR - Infoseek ニュース.

12月16、30日連続公開の前後編映画「エコエコアザラク」(太一監督)に出演する3女優、近野成美(18)、柳沢なな(19)、秋山莉奈(21)が16日、東京・大手町のサンスポ編集局を訪れた。

前後編映画…って「デスノート」があたったからって、それを「エコエコ」でやるのはちょっと…。でも、この話は固定客がついてるからいいのか?

しかし、しらんなぁ近野成美?

 

同名漫画を原作に、黒魔術を操る美少女・黒井ミサの戦いを描く劇場版最新作。2作の主演、ミサ役の近野は「かなり霊感が強く、霊が3人家にいて『ただいま』と霊にあいさつしたりして、1人暮らしでも安心。でも風呂で見られているような感じ」と、まさに適役?

別にミサは霊感が強いわけじゃないと思うんですけど…魔女なわけであって……まぁ、魔女は当然霊感もあるとは思うけど、しかし……。
まぁ、18歳で黒井ミサ役だなんて、因果なことで…うっうっうっ。まぁ、黒井ミサを務めてきた女優さんたちは、それなりに芸能界で個性あるポジションを築いているわけですが、この近野成美さんは、それに続けるんでしょうか。

 

2作でミサの友、冴子を演じる柳沢は「劇中で唯一明るい役柄のキャピキャピガールをやっています。自分とは正反対ですけど」。後編に出演するレズのモデル、ミリス役の秋山も「自分と全然違う役で監督には演技しないでいいと言われ、困って3人でファミレスで相談し合ったんです」と役作りの苦労を明かしていた。

ミサに友達? なんか意~外な感じが。で、レズのモデル??? ど・どどど・ど~絡むというんだ。

大体、今回、ミサはどんな事件に巻き込まれ、どんな戦いに挑むというんだ。そこんところがわからないとなんともいえないなぁ。
監督が太一って……う~ん、わからんなぁ。名前なの苗字なの? それとも、太が苗字でハジメさん??? 知ってる人からしたら、バカなこといってるって思うんだろうなぁ。伊藤太一って方? 特殊効果畑の方なの? う~ん、とにかくよくわからん。

こっちは多少詳しいな。映画のポスター画像もあるし。
元気系・近野成美が新「エコエコアザラク」を!
前編が「エコエコアザラク R-page」で後編が「B-page」というのか。ふ~ん。

あらすじはこっちで分ったな。
「エコエコアザラク R-page」作品情報

お、こっちに前後まとめて内容紹介、そしてキャストの紹介があるじゃないか。
日本映画情報サイト:FJMOVIE/作品情報:エコエコアザラク R-page B-page野村宏伸(特別出演)、篠井英介、……そしてIZAMなんてのも出てるんですね!なんと、ミサに命令する黒魔術教団のリーダーだってよ!どひゃあ。野村は謎の男なのか…こないだの「踊るレジェンド 弁護士灰島」でも、一見イイヤツ実は腹黒いの、を演ってたが、またそういうのだろうかね。

しかし、小中千昭色は皆無っぽいなぁ。

2006年11月16日 (木)

ゴヤの絵の盗難話・続

昨日書いたゴヤの絵が盗まれた話だけど、どういう風に盗まれたのかがわからなくて気になっていたのだが、今朝の朝日新聞に、そこらへんの詳しいことが載っていたので、ちょっとメモしておく。

ゴヤ絵画盗まれる 米で移送中

両美術館や、連邦捜査局(FBI)によると、絵は9日、美術品輸送の専門業者が輸送中無人になった車両から持ち去られたという。キャンパスに描かれ、縦約145㌢、横94㌢。作品を売ることは実質的に不可能なことから、市場価値はつけられないと両美術館は説明している。作品には100万㌦(約1億1700万円)の保険がかけられ、情報には5万㌦までの懸賞金が提供される。

だそうでござる。

で、この記事のおかげで、トレド美術館も、アメリカの美術館だということがわかりました。オハイオ州にあるんだと。トレドっていうから、てっきりスペインのトレドだと思ってたよ……で、どっちが所有してたんですかねえ、グッゲンハイムなのか???

金星と木星の悪戯なのかなぁ~

しかし、ここんとこ、芸能人の結婚が続きますよねえ。

昨日から今朝にかけて話題沸騰の、藤原×陣内、逆3高カップル。

週明けそうそうに、押尾×矢田のお騒がせカップルの入籍。

先週分った、ひなのと破局したIZAM×吉岡美穂、

ついに結婚に踏み切った神田うの。

さて、こんな風に、人が、強制されたわけでもないのに、同時多発的に同じような言動に出る場合、わたしは、星の動きを疑うことにしている。

はぁ?と思われるだろうが、つまり西洋占星術のハナシだ。

星の司るところの意味、シンボリズム、パワー、それらのものが、人や社会に影響を及ぼす。そんなことがあるわけがない。と、占いを信じない人には、そう一蹴されそうだが、いやいや、これが案外に、あるんですよ。

さて、ここ数日、金星が木星に接近していた。
もう、ずっと前から、蠍座に惑星が集中しているのだけど、その星の群の中に、木星と金星があった。木星は、遠方にある惑星であるから動きが遅い。そのため蠍座の終わりのほうの度数、ここしばらくは27度に位置していた。金星は、地球よりも太陽系の内側だ。木星よりずっと動きは早くホロスコープを一巡する星だ。そして、ここ10日ほどで、ぐんぐんと木星に接近し、ついに、本日16日早朝(東京で5時35分ごろ)、二つの惑星はピタリと重なった。蠍座28度8分45で、完全に。

占星術では、一般にこの惑星同士が同じところに位置することを、合(コンジャンクション)と呼ぶ。で、無論、ピタリ正確に重なっているほうが、意味するところも、パワーも強いが、しかし、その範囲(オーブという)は、ま、ある程度の幅を許容してもいいとされている。で、ここが肝心だと思うのだが、星同士の力というものは、近づいてくるときは高まり影響力が増し、離れていくときは低く減じていくとされていく。

金星は一般に愛と恋の星である。そして木星は幸運の星とされている。
鏡リュウジ氏が監修している「STAR MAN」(J-waveの番組「ブームタウン内の1コーナー。日々の星の動きから、「楽しく過ごすヒント」をお伝えすることを旨としてる)では、11月16日、この金星と木星の合が取り上げられていて、こんなことが書かれている。

2006.11.16(Thu)

恋の惑星・金星と木星が合。
これは、恋をかなえるためには絶好の星の配置です。
新しい出会いの可能性も。
どうせなら、ちょっと高嶺の花を狙ってみるというのはいかがでしょうか
また、ステディな人がいる場合は、ぜひデートを。
盛り上がる暗示ありです。

「どうせなら、ちょっと高嶺の花を狙ってみる」って、鏡センセ、それって、陣内クンのことですか……?と思ったのは私だけですか?

さて、そもそも金星と木星、その二つが合になるという意味合いだが、状況によっていろいろなものがあるとは思うが、とにかく「恋」と「幸運」。鏡氏の「スターマン」の説明にもあるように幸せな恋の成就というのが、もっともベタな解釈だろうか。あるいは「恋の幸運」。恋愛にツキあり、ということもいえるだろう。木星には富や援助という意味もある。だから、あなたの恋に援助ありということもあるだろう。昔読んだ占星術の教本には「求婚の成功」という意味が紹介されていたっけ。で、このとき成就した結婚は「祝福された幸福な結婚生活が約束されている」とも。

というわけで、日本芸能界の一連の結婚ラッシュ、だいたい11月5日の日刊スポーツが報じた神田うのに関する報道から始まっている。ただ、これは彼女がそろそろ結婚するらしいということを報道したもので、本格的に結婚したという報道は11月7日の須藤理彩のできちゃった婚報道が嚆矢であろうか。

  • 11月5日: (神田うの第一報)
    • 太陽:12度33分10
    • 金星:14度40分48
    • 木星:25度46分45
  • 11月7日: (須藤理彩できちゃった婚)
    • 太陽:14度33分28
    • 金星:17度11分18
    • 木星:26度13分03
  • 11月9日: (吉岡美穂×IZAM第一報 )
    • 太陽:16度33分54
    • 金星:19度41分50
    • 木星:26度39分26
  • 11月13日: (押尾学×矢田亜希子 入籍、神田うの婚約発表)
    • 太陽:20度35分08
    • 金星:24度42分58
    • 木星:27度32分25
  • 11月15日: (藤原紀香×陣内智則 結婚報道)
    • 太陽:22度35分57
    • 金星:27度13分35
    • 木星:27度59度00
  • 11月16日(am5:35:00)
    • 太陽:23度20分14
    • 金星:28度08分45
    • 木星:28度08分45

と、金星が木星に近づくにつれて、結婚報道が増えていってると思うのは私だけか?

また、こうして、太陽も一緒に書き出してみると、金星が太陽に接近して、そこを通り過ぎ、次に、木星へと接近して言ってることがわかる。
太陽は、意識である。その人の無意識ではなく、意図する表層的な、まさしく意識である。それを愛の星・金星が接近して刺激していっている。意識は愛を文字通り意識するのである。しかし、それだけで人は愛に走るわけではない。愛を意識しているところへ、幸運なツキを意味する木星へと接近していく。やはり、ツキがなければ、人は愛へとは走れないものなのだろうか、とりわけ結婚へは。

実をいうと、現在、火星も蠍座に滞在している。で、これより数週間前、10月下旬、金星と火星は非常に接近していた。この状態は、天秤座の末から、蠍座に入って最初のあたりまで続いていた。
火星は活力の星であり、衝動の星である。軍事を意味する星でもある。さて、ある人を好ましい愛おしいと思うのが金星だとすれば、その人を押し倒したい犯したいと思うのが火星である。情欲はまさにこの頃かきたてられていた可能性もある。なんといっても、蠍座という星座のシンボリズムに情欲がある。
天秤座から蠍座に移動しながら、この二つの星が接近し合っていたというのは、別の意味でも興味深い。金星は天秤座の守護星である。そして火星は蠍座の守護星である。(一応、蠍座の正守護星は冥王星、火星は副守護星ということになっているが、ご存知だと思うが、冥王星はこの夏、惑星から小惑星の地位に降下した。だからといって占星術の世界で冥王星をなかったことにするというハナシはないが、おそらく天文学のこの取り決めは、冥王星のシンボリズム、とりわけパワーの面で、なんらかのダウンをもたらすのではないかとの見方は強い。人によっては、冥王星の発見以来、副守護星の地位になった火星が、力を回復するのではないかという見方もある。つまり、長らくサッカー蠍座チームのサブの地位に甘んじていた火星は、ベンチに下がった冥王星に変わって正選手の地位に返り咲き、蠍座に入った火星はホームで試合をするサッカー代表選手のごとく力を増したという考え方である。)
天秤座の全方位的博愛主義から、蠍座の一つの対象をじっくりと愛する真摯な姿勢への変化……この火星と金星の星座移りをそんな風にもとらえることができるかもしれない。

とにかく、火星によって火がついていた状態の金星は、木星というツキを得て、一気に加速した。まさに、藤原×陣内の結婚報道は、その頂点を象徴する事例かもしれない。
だが、今日の明け方をピークに、金星と木星は、今度は遠ざかり始める。近づくとき、星の力は増すが、離れていくとき低くなる。となると、やはり今の芸能界結婚ラッシュは今日がピークだろうと思う。
金星と木星が10度近く離れる11月下旬ともなれば、すっかり、終結しているに違いない。

そういえば、トム・クルーズが今週末18日に、一児をもうけた婚約者ケイティ・ホームズと挙式するんだっけ。式が行われるイタリアはお祭り騒ぎだそうだが、なんで週末にしたんだろうねえ(いや、無論、週末のほうが都合がいいからだろうけど)。金星と木星がピタリ合を迎える今日あたりにしておけば、二人の結婚生活は磐石のものとなったろうに……いや、ま、ピークは過ぎたといえども、まだまだ金星と木星は2度くらいしか離れていない…おっと、金星は一足早く射手座いりしてしまうではないか。星座をまたぎこしてしまうというのは、ちょっとこれは……う~ん。ま、お幸せにね。トム。

【追記】
17日(金)に、金星は一足早く、射手座の惑星の群から、射手座入りした。
占星術研究家(ということでいいんだろうか)の松村潔氏は、ご自分の日記でこんなことを述べている。

さそり座に天体が集まりすぎると、何か動き止ります
なので、金星がひとつ射手座に入るだけで、ちょっとアクティヴになる
これから続々射手座に多くの天体が突入しますね。いまから準備すればいいよ。

んだそうです。

水のサインというのはチャージで、そこで動きが止まればとまるほど、実はチャージしている。
そして次の火のサインでは、飛び出します

水のサインというのは、エレメントが水の星座(かに座・さそり座・うお座)のこと。
火のサインとは、エレメントが火の星座(おひつじ座・しし座・いて座)のこと。
12星座の並びで、水の星座と火の星座は隣り合っているんですね。

かに座としし座の説明をするときに、充電と、持ち出し放電で説明することが多いけど、さそり座から射手座、うお座からおひつじ座も、同じです。
(略)
いまとまればとまるほど、飛び出し力も強まるということを考えて、
とまるときにはもっと止まろうと薦めてもいいんです。
弓で言うと引きの強さですね
水のサインは同化。
同化というのは、眠りなんです。
同化の対象が大きいほど、眠りは深くなる。
そしてチャージも大きくなる。

と、水の星座の性質、分っていただけましたか。で、水から火へ行くときはというと、

水に引き込まれて、それから強い反発力で、火に飛び出すときの反発力は、
さそり座が強いほど、射手座の初期で、強烈に発揮する必要がある。

だというんですよ。

昨日、夕方、金星が射手座に入った瞬間の8分後に、
わたしはヨドバシカメラで、エアロバイク買ったので、いまちょっとびっくりしてます。
それまでエアロバイクのこと思い出さなかった。急に思い出して買った。
事務所に引きこもりで、カフェにも行かないし、ずっと机の前にいるので、
そして自転車買う気もないので、エアロバイクなんだけど。
射手座で行動化したいのに、外に出る気がないと、エアロバイクですか。
最近数年間中断していた雑誌に、また興味が、という状況になっているので、
少しずつ雑誌に出てます。

とまぁ、そんな風に、射手座の影響を述べておられます。
思いもしなかったような、行動力を発揮してしまうようですよ?
ちょっと無謀な、ちょっと冒険的な、何か突拍子もないことをしてしまうかも。
さて、金星のみならず、これからゾクゾク惑星が射手座入りしていくわけですが、みなさまは、その影響をどんな風に感じ、どんな風に行動に出てくるでしょうか?
かくゆう自分もなんだけど♪

ベールを脱いだリメイク版「椿三十郎」

さて、先日当ブログでもとりあげた「椿三十郎」のリメイクの件、ようやく待望の続報があった。…というか、事実上の製作完成発表会だわな。はっきりいって月曜日の芸能ニュースは、民放各局、これで持ちきりでしたな。

※まだクランクアップはしてないそうです。

で、一体だれが半兵衛を…と思っていた、当方の疑問が、ようやく氷解した。

織田三十郎VS豊川半兵衛…映画「椿三十郎」製作発表

織田裕二(38)主演で45年ぶりにリメークされる時代劇映画「椿三十郎」(森田芳光監督、07年12月公開)の製作発表会見が12日、東京・砧の東宝スタジオで行われ、主要キャストが勢ぞろいした。

 「椿-」は1962年に公開された三船敏郎さんと黒澤明監督がコンビを組んだ名作。今回、角川春樹氏(64)の総指揮のもと、黒澤作品としては国内で初めてのリメーク。織田演じる椿三十郎のライバルで仲代達矢(73)が演じた室戸半兵衛役は豊川悦司(44)が、加山雄三演じた井坂伊織役は松山ケンイチ(21)が演じる。

 撮影は9月からスタートしており、時代劇主演に初挑戦の織田は「45年前の台本だから時代を感じるのではと思ったけど、現代とまったく同じ。今、こういう男と出会えてよかった」と熱く語り、共演の豊川は「三船さんよりも温かくて柔らかい感じがする」と、織田の演技を絶賛。

 原作では、クライマックスの三船と仲代との居合い対決で血しぶきが噴き上がる演出が話題となったが、「もちろん演出は変える」と森田監督。12月1日にクランクアップされる。

ふ~ん……そうですか、誰がなるのかと思っていたら、トヨエツですか。ふ~ん。そうかぁ、つまり、主人公の快男児の当て馬たる痩せ侍っつうイメージっすか?(爆)。

なんかねえ、トヨエツも、「undo」とか、その辺りまでは映画俳優として前途有望な感じだったんですけど、どうもねぇ昨今は……にしても、まさか、織田裕二の当て馬みたいな役をふられるまでになるとはっ、うっうっうっ 。…いいすぎ?

非常に、おっ?と思わされたのは、伊織役の松山ケンイチでしょうかなぁ。う~ん、「デスノート」のL(エル)が、今度は藩のお育ちのいい若侍のリーダーとは! ふ~ん。こりゃ、面白い。

で、スポニチでは、城代家老の妻には中村玉緒とのこと。あれ?某娘は誰なんだ?出ないのか?

しかし、アレなのかなぁ、ノリは、時代劇版「T.R.Y.」みたいになるんかしら。はは…。
織田裕二はもいちど「19歳」の頃みせた無骨さを取り戻したほうがいいと思うんだけどな。本人は、アレが自分に似合っていると思ってるみたいだけど。あの無骨さでホレたのに、その後、フジドラマ進出でカルさを身につけてファンをやめた人間のタワゴトでした。

好青年ねぇ…

本日の「ピンポン!」を見ていたら、福澤朗が、陣内のことを

「関西の芸人さんにしてはソフトで、大阪弁を使わなければ東京の芸人さんかと思うほど。で、好青年ですよ。」

と語っていた。

この件に関しては、関西の諸番組のご意見を聞いてみたいものだ。とりわけ「ちちんぷいぷい」の角淳一のコメントを。

紅白司会者…ああ、今年も年の瀬なのね~

これ、ほんとなのかね?

「紅白」司会に中居正広&仲間由紀恵(スポーツ報知)

SMAPの中居正広(34)と女優の仲間由紀恵(27)が、今年の大みそかに放送される「NHK紅白歌合戦」の司会を務めることが15日、スポーツ報知の取材で分かった。中居は98年以来、8年ぶり3回目、仲間は昨年に続き2年連続の司会となる。2001年以降、NHKのアナウンサーによる司会が多く視聴率も下がっていたが、仲間が司会を務めた昨年は下落傾向がストップ。勢いをそのままに今度は上昇を狙う。

記事のどこにもNHKの正式発表とは書いてないし、あくまでスポーツ報知のスクープということでいいのか?

昨年に続く司会となる仲間にとっては、今年はその存在がひときわ輝いた年。大河ドラマ「功名が辻」で主演の千代役を1年間務め、NHKの顔を超え日本の顔としての存在になった。

 女優としてだけでなく「仲間由紀恵withダウンローズ」として音楽活動も展開し、「恋のダウンロード」などの話題曲も提供してきた。資生堂やauなどCM出演も10本、ビデオリサーチが行う「人気タレントランキング」の06年8月度の調査で初めて1位に輝いた。昨年は初挑戦ながら落ち着いた司会ぶりで、視聴者からも高い評価を得ていた。

うん、これは納得。確かに、今年の大河の顔だし。にしても、普通、大河の主役は、前年に審査員になる程度だったのにねぇ……ま、ちゃんと司会が務まるというのはすごいと思うが。

一方の中居は、97、98年と2年連続で白組司会者を経験しており、今回で3回目。民放各局でバラエティーや歌番組の司会、04年のアテネ五輪、今年のトリノ五輪のキャスターを務めるなど、その話術や番組進行の面では実績十分ですでにベテランの域だ。

これがねえ、案外おどろきというか。もしかすると、みのを回避するためのNHKの苦肉の策なのかしら。

しかし、司会者云々よりも、この記事がすごいのは、まだ全く陰も形も出てきていない出場歌手について、バシバシ書いちゃってることかも。

◆目玉は拓郎&かぐや姫

 今年の紅白は昨年と同じ放送時間ながら、出場歌手は昨年の紅白各30組から4~5組程度減少する予定。その中で目玉となるのが、9月に伝説の「つま恋コンサート」を成功させた吉田拓郎(60)とかぐや姫だ。同コンサートはNHKが中継しており、関連性も十分。出場すれば吉田が94年以来2回目、かぐや姫も99年以来2回目となる。

 また、20年ぶりに歌手復帰した森昌子(48)の出場も有力。離婚した森進一(58)との“ニアミス”となるかどうかにも注目が集まっている。

 NHKのサッカーW杯中継のテーマ曲「チャンピオーネ」を歌ったORANGE RANGEも04年以来2度目の出場。地元・沖縄から生中継で登場することになる

 初登場組では、2月に「I believe」でデビュー、ファーストアルバム「First Message」がオリコン1位を獲得した絢香(18)は出場が確実。

 歌をじっくり聴かせるだけでなく、サプライズ演出も準備しているという。司会者の正式発表に続いて今月下旬には出場歌手も発表される。

まったくね、“講釈師みてきたように…”と言った感じの記事でね、おいおいおい、ほんとかよ、という観が否めず。

ところで私、ORANGE RANGEの「チャンピオーネ」がダメでね。実にピリッとしない曲ではなかったかと。まぁ、ピリッとしなさ加減が、ピリっとしなかった今回のW杯日本代表を表していていいのかもしれんが。

去年の紅白は、よかったよなぁ……「少年よ」とヒビキさんが……(うっとり)

【追記】
17日、東京・渋谷のNHKで、「第57回NHK紅白歌合戦」の司会者が発表された。この報道通り、紅組は仲間由紀恵、白組は中居正広だった。ところで、中居くん、まだ3度目だけど8年ぶりなんだねえ。総合司会はNHKアナウンサーの三宅民夫と黒崎めぐみ。三宅アナは3回目だが、黒崎アナは初めて。気になる出場歌手の発表は今月下旬の見込み。

松山ケンイチに注目が集まってる?

恥ずかしながら、原作を読んでないので、映画はおろか、まったく話題についていけてない「デスノート」の話なんだが、原作未読の私の元にも、原作原理主義者の間で、L(エル)役・松山ケンイチの評判は聞こえてきている。

で、そんな松山ケンイチくんに注目している記事をゲンダイ・ネットが書いてる。

映画「デスノート」で注目を集める松山ケンイチ(ゲンダイ・ネット)

松山は主人公の藤原竜也と対決する謎の天才「L」を見事に演じていて、主人公を完全に食っていると評判だ。

「松山は異様な雰囲気を持つ役柄の立ち居振る舞いから表情、クセまで徹底的に研究していて、原作漫画のファンからも絶賛されています。彼はさわやかで純情な役から一癖ある怪しい男まで、さまざまなキャラクターをしっかり演じ分けられる年末の映画賞総ナメにするのではないかと注目されています」(映画記者)

ほぅ、いうねえ。「デスノート」出演者で映画賞総ナメとな。じゃ、ちょっと注目していましょ。にしても、藤原扮する主人公に対しては違和感を表明している人がけっこうおるんだよね。まぁ、藤原の場合、どうしても、自分が出ちゃうでしょうし、マンガのままの人物を演じても面白くないってコトがあるかもしれないし……まぁ、藤原は藤原で、とっても面白いので、そのままで演じてくれても全然オッケーなんだけどね私は…って私の意見なんかどーでもいいわな。

まぁ、藤原は何をやっても藤原でもかまわないというのは、一部のファンだけかもしれない。やはり、役者は、演じる役柄にあわせて豹変できるほうが評価されるものだろうからだ。

ここ数年、松山は映画界から引っ張りだこの状態が続いている。

 昨年末、「NANA」や「男たちの大和/YAMATO」など5本の映画に出演。さらに「デスノート」が大当たりで、来年は「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」「神童」といった話題作4本に出演する。演技力が高く評価されている証拠だろう。

ゲンダイのこの記事のよれば、これだけのバラエティにとむ作品に出ているということは、一つ役者としての適応力の高さの証明かもしれない。
あ、そういや、リメイクされた織田裕二版「椿三十郎」でも、藩のクーデターをもくろむ若侍のリーダー役が松山ケンイチなんだって? ふっふっふっ、織田くわれるんでね?

「デスノート」で一般的にも知名度がアップした松山が、さらに大ブレークするのは間違いない。

邦画は、ここんとこ、スター格の男優がころころ変わっている。ヒット作によって、あのオトコ、このオトコという具合に。ただ、そういう中にあって、例えば浅野忠信や、オダギリジョーのように、ザ・シネマスターという役者は確かに存在する。松山が「デスノート」によって、単なる一過性の注目の的になるのか、それとも、恒常的に映画ファンの視線を集めるそれこそ浅野・オダギリ風の存在になれるのか、大いに楽しみである。

にしても「デスノート」、大したヒットぶりだなぁ。

今月3日に公開された映画「デスノート~the Last name~」が爆発的なヒットを記録している。

 観客動員は早くも100万人を突破。その後も順調に客足を伸ばし、今年6本目となる興収50億円クリアが確実視されている。

「興収50億円どころか、60億円も視野に入っています。今年6月に公開された前編は興収28億円で、今回の後編はその2倍という異例のハイペースです。後編の公開直前に前編をテレビ放送した戦略が大当たりでした。テレビで前編を見た中高生以下の少年少女たちが、親と一緒に映画館に足を運んでいるケースが目立ちます」(映画ジャーナリスト)

正直、前後編というのを最初にきいたとき「大丈夫かいな?」と思ったことを覚えている。前編でこけたら、後編、客が呼べるとは思えないからだ。いかに話題作といっても、さてどうなるか、と思っていたのだが、完璧に杞憂だったようだ。まぁ、それだけしっかりと作ったということもあるのだろうけど、にしても、邦画で、過去にこんな例があるのだろうか。前後編というのはあまり例がないと思うのだけど、単純に正・続と考えても、どうも鳴り物入りで続編を公開しても余り当たらなかったというような話ばかりが思い浮かぶ。

やはり、この「デスノート」、蠍座にある木星の恩恵を、最大にうけたヒット作品なのでは。と思えて仕方がない。

お騒がせカップルのゴールイン

いやはや、まったく事前にそんな話が聞こえてなかったので、ちょっと意表をつかれたぜ。
何の話かって、ホレ、押尾学と矢田亜希子でござんすよ。いやぁ、なんだか二人とも、芸能界から半ば以上“消えた(消された)”みたいになってたんで、正直、なんで今更?みたいな気もした、なんてなことは余計な軽口だわな♪

ま、ある意味、芸能マスコミの過熱しているときではなく、ちょっと熱が引いてからを狙ったのかもしれないわなぁ。

いや、しかし、なんというか、ほんとにねぇ。去年のこの二人の熱愛発覚と、その後のなりゆきには、ちょっと当方ハラハラしちゃいましたよ。なんたって、こんな記事を書くくらい、押尾に期待を寄せてたもんだから。ところが、なんだか、どんどんトントン拍子で活躍…ぢゃなくて、転落ともいえる展開で、ほんとどうなるんだろうという困惑した気持ちで、こんな記事も綴ってみたりした。まぁ、まだ、彼に映画俳優としてあってほしいという願望はあるんだけどね。

なんか聞くところによると、押尾はロスに渡って音楽活動に励むとかいうらしい。はてさて、どうなることやら。確かに本人はカート・コバーンの生まれ変わりと思ってるのかもしらんが、しかし、役者としてのほうがやってけそうに思うんだけどなぁ。

ま、とにかく、芸能界の中にあって、おのれのスタイルを貫いて入籍してのけた、奔放なカップルに乾杯。前途に幸いあれ、だ。

ニューボンドガールだなんて大げさな

14日夜、ロンドンで、007シリーズの最新作「カジノ・ロワイヤル」がワールドプレミアを迎えたんだそうだ。そう、つまり、ダニエル・クレイグ版「新ジェームズ・ボンド」のお目見えである。

で、こんな記事

“ニューボンドガール”は日系人(スポーツニッポン)

があったので、すわ、何、今度のボンドガールは日系人なのかっ、とちょっと気になって開いてみると……

母国でのお披露目にダニエルは「とてもエキサイティングな夜だ」と興奮。「ボンド役?まだ続けるよ」と続投宣言も出た。恋人と手をつないで登場し、報道陣にも「ガールフレンドだよ」と紹介。関係者によると、この女性は日本人の祖母を持ち、名前は「サツキ」。映画関係の仕事をしている

なんでぇ、ガールフレンドかよ……(ちぇっ)

で、結局、この記事は、「カジノ・ロワイヤル」のワールドプレミアの様子を伝えるものであった。なかなか豪勢であったらしい。

人気スパイ映画のシリーズ最新作「007/カジノ・ロワイヤル」(監督マーティン・キャンベル)の世界プレミアが14日夜(日本時間15日未明)、英ロンドンのオデオン劇場で行われた。エリザベス女王夫妻が出席する中、新ジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグ(38)ら出演者が勢ぞろい。ダニエルは今月30日に初来日することも決まった。

 新ボンドを一目見ようと約3000人のファンと40カ国の報道陣約500人が集まった劇場前。女王夫妻が車から降り立つと、ひときわ大きな歓声が上がった。毎年王室を招いて新作を上映するイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス。チャールズ皇太子らが参加することが多く、女王が出席することは珍しい。女王は正面ロビーで出迎えたキャストや関係者1人1人と握手をして言葉を掛け、上映前には観客全員で国歌を斉唱。タイトル通りのロワイヤル(王室)なプレミアになった。

いやぁ……この国歌というのは「ゴッド・セイブ・ザ・クィーン」でよろしいのかな? なんか聞くところによると英国の国歌というのは南極かあるらしいっていうからな。わからん。
にしても、ほんと、女王陛下がおでましとは、ほんとお珍しい。これでかけられるのが、娯楽映画の最たるもの、007の最新作だからな。

ま、お祭りだからいいか。

でもって他の来場者。

会場にはヒロインを演じたエヴァ・グリーン(26)も出席。歌手エルトン・ジョン(59)と、昨年結婚した同性のパートナーのデービッド・ファーニッシュさん、スティング(55)、パリス・ヒルトン(25)らも来場した。

そうですか、ヒロインって、エヴァ・グリーンが今回のボンドガールなんじゃないわけ???で、パリス・ヒルトンと、エルトン・ジョンの同性のパートナーとどっちがセンセーショナルだと思いますか?
これは、他にどんな顔ぶれだったのか気になるな。GettyImagesで検索してみるかな。

さて、気になる日本公開であるが、

日本公開は12月1日。前日には、プロモーションで初来日し、都内での試写会で舞台あいさつを予定。「日本のファンに見せるのを楽しみにしているよ」と自信たっぷりの笑顔を見せた。

というダニエル・クレイグの弁。12月か、つまり、今年の冬休み映画の目玉というわけかしら。さてさて、新ボンド、あたりますかどうか?

民家に2億円絵画 200年ぶり発見

いや、ほんとに、なんか、最近、絵画ニュースづいてるっていうか、

英民家に2億円絵画 紛失2百年後に発見(共同通信)

【ロンドン15日共同】100万ポンド(約2億2000万円)以上の価値があるとされるルネサンス期の絵画2点英国の民家でこのほど、発見された。BBC放送が14日報じた。イタリア・フィレンツェの教会が収蔵していたが、200年前ナポレオン戦争から行方が分からなくなっていたという。見つかったのは、イタリアの修道士で画家のフラ・アンジェリコ1439年に描いた作品。

これ、今日のお昼のワイドショーでもやってましたな。
これ、日本でいうと、本能寺の変以後、行方の分らなくなっていた、茶道具の名品が、どこそこの土蔵で発見、くらいの感覚になりますかね。

まぁ、しかし、アンティークの国イギリスっぽいニュースだが、どういう来歴でイギリスに来たんだろう。
そもそも、この2作品て、どんな絵なんだろう? 気になる。

あ、こちらのほうにもう少し詳しく書いてあるな。

2億円の絵画が壁に!=専門家が友人宅で発見-英(時事通信)

【ロンドン14日時事】100万ポンド(約2億2000万円)以上の価値があるとされるルネサンス期の絵画がこのほど、紛失してから数百年の時を経て英国で発見された。

 BBC放送によると、見つかったのは1439年にイタリアの修道士で画家のフラ・アンジェリコによって描かれた2作品。フィレンツェの教会が収蔵していたが、ナポレオン戦争(1796~1815年)中に行方不明になった。英国の美術史専門家が、オックスフォードにある死亡した友人の家を訪れた際、部屋の壁に掛かっているのを発見した友人は1960年代、両作品を200ポンド(現行換算で約4万4000円)程度で購入したという

 絵画は来年3月、オークションに出品される予定

ほぉ。オックスフォードとな。ということは、この所有していた方も、いずれ学者か何か、そちら関係のお方でありましょうか。

で、来春、オークションにかけられるとな。じゃ、そのとき、いろいろ情報が出てまいりますな。

ジェイミー・オリヴァー、米国に物申す

先ごろWOWOWで放映された「ジェイミー・オリヴァーの給食革命」、みなさまは、ご覧になったであろうか。

ま、それを見ていると、どうして、このオトコが、こんな発言をするのか、その辺りの事情も飲み込めて、より分りやすいのじゃないかというようなニュース。

英セレブシェフ、米国の肥満問題で苦言(ロイター)

[ニューヨーク 14日 ロイター] 英国で「セレブリティ・シェフ」として知られるジェイミー・オリバー氏は、子供の肥満が深刻化する米国に対して、高脂肪の菓子や学校給食に反対するよう呼びかけた。

 オリバー氏は過去数年、テレビ番組や政府との協力を通じて、英国の学校で子供たちに体によい食べ物を食べてもらう運動を展開してきた。

この辺りのことは、その「ジェイミー・オリヴァーの給食革命」をご覧になればよく分る。番組そのものが実にエンターテインメントしているにも関わらず、社会派で、見て為になるドキュメンタリーでもあるという優れものの番組だ。ご覧になっていないのなら、是非にもお奨めする。
あ、併せて、ジェイミー流のニート対策にして、彼がプロデュースするイギリス屈指の人気レストラン「フィフティーン」の誕生譚でもある「COME ON!ジェイミー塾」も、ね!

オリバー氏は両親のホテルで8歳のときに料理をスタート。その後21歳のときに、本とテレビ番組「The Naked Chef」で一躍有名になった。

記事の結びのパラグラフに書いてあることだが、彼は門前の小僧ならぬ、親の厨房で遊び感覚で料理を覚えたという、心底料理に見せられた男で、20代、ロンドンのイタリアンレストランで「リバーカフェ」で修行していたとき、客だったBBCの関係者に口説かれて、「The Naked Chef」という番組をやってみたら、ルックスもさることならが、料理の手際、そして敢然アドリブの口舌でお茶の間の人気独占!あれよあれよという間に国民的人気を博すまでになった。この番組は「裸のシェフ」と銘打って、日本でもCSで放映されDVDも発売された。
で、当時の、実にキュートなボーギャルソンぶりは実に素晴らしいものだったのだが、やんぬるかな、歳月は残酷なもので、いまや彼はちょい太めのふっくらボディのオトコになってしまっている。そのためか、日本でもかつてのような大人気を維持しているとはいいがたい。ニフティにあった彼の日本公式HPもいつしか終わってしまったし、太っちょになった彼のことを揶揄する人も多い。さらに、最近の彼の社会的な活動、ニート対策だの、給食革命だの、若くして成功して、あとは名誉がほしいんだろう的な見方をする人も多い。

だがしかし、私は、彼の、この社会的な活動ぶり、その核にある、自分の愛する人を大事にしたいという気持ち、自分の料理を口にする人への愛、それを大変に尊敬している。

 率直な物言いで有名なオリバー氏は、ロイターに対して「英国は欧州で最も不健康な国米国は世界で1番不健康な国だ」と強調。

 同氏は、米国の政治家は「ジャンクフード会社」に「おもねるのをやめるべき」との考えを示したうえで、米国はジャンクフードや高脂肪食品の消費を減らすべきあり、そうすれば将来の医療費削減につながる、と述べた。

 また「同じ太っているといっても、英国と米国では程度が違う」などとも指摘。米国の肥満問題のほうがずっと深刻だとの厳しい見方を示した。

この米国の肥満、さらには政治家に対する注文について、自国のことじゃないのに大きなお世話だと思う人もいるだろうし、料理人風情が!と思う人だろうし、スター気取りの誇大妄想で手が付けられなくなったかと思う人もいるかもしれないが、私は支持する。それは実にきっぱりとまっとうなことなのではないのか? 米国の肥満、その異常さについて、それが問題であるのは誰の目にも明らかだし、その根元は、アメリカ人の食のスタイルだけでなく、米の食品会社にもあるだろう。

だから、それを選んでるんだから、全ては自己責任じゃないの?という声もあるだろうけど、ジェイミー・オリヴァーはこういうに違いない「そうかな? 自己責任なの? 考えてみてよ、自分の友達や、家族や、恋人なんかが、そんなジャンクフードばかり食べてぶくぶく太ってしまって、太ったばかりでなく、不健康で、病気にもなってしまうとしたら、それを見てみぬふりしてほうっておいていいのかな? 注意するもんじゃない?」

人によっては、だから彼が嫌いだというだろう。いい年をした大人なんだから、好きでやってることに口を出すべきじゃないし、自分も出されたくないとかなんとか理由をつけて。だが、彼は、親切で、おせっかいなオトコなのだ。そして、その親切さ、お節介さは、かつて人間社会で、誰しもが備えていて、人々の暮らしをよりよく支えてたものだ。過剰だったり、妙に歪んでいたりする、昨今の「親切・お節介」とは異なるものだ。と私はそう思う。
そして、それを、私はこよなくリスペクトするのである。

一番肝心なことは、このろくでなしの不健康大国アメリカのライフスタイルは、豊かでいいものだということで、どんどん他国でも右へ倣えされているということである。そして、アメリカ製品はなんでもかんでも、どんどん世界中へ流通している。ことによると、ジェイミーは、食の安全と暮らしの豊かさを安堵するには、モトをたたなきゃダメ、ということに気づいてしまったのかもしれない。つまり、食と暮らしを堕落させる不健康なライフスタイルの源がアメリカ、およびその製品にあり、結局はそこを改善しないと、愛する母国アメリカも、自分の愛する人々も守れない、ということに考え至ったのかもしれない。
そんな風にも思うのだ。

とすると?
さて、ジェイミーくん、こんな風に語ったということは、次なるプロジェクトで、アメリカ(の肥満)と戦うつもりなんだろうか???

ところで……こんな写真があるんだが、え~っと、まさか、今もこのままなんだろうか??? だからロイターの記事に使われてた写真が去年のだった??? あ、ウソ写真? (こちら参照)な~んだ、着ぐるみと特殊メイクか~♪(って、デイリー・ミラーの記事にもそう書いてあるだろうがっ)

Photo ともかく、昔はこんなにボーギャルソンだったんですよ……







【追記】
この番組の日本語版DVDが来年に発売になるとのこと!
タイトルは「ジェイミーのスクール・ディナー」で、1月25日だそうな。
また、「COME ON!ジェイミー塾」も日本語版DVD発売決定だそうだ!
こちらもタイトルが変更「ジェイミー’s キッチン FIFTEEN」で、12月22日。
いやぁ、楽しみだ。しかも「15」のその後を追った未放映話つきだそう。
みなさん、是非、ご覧になってみてくださいね!
面白うて、やがて深刻、になりますんで。

外苑の絵画館から…

なんか、最近、絵画に関するニュースも取り上げてますが、なんか、気になるときにはニュースが続くんだな、これが。

外苑の絵画館「隠し部屋」から壁画下図など2300点

明治天皇に関する壁画を常設展示する「明治神宮外苑・聖徳記念絵画館」(東京都新宿区)で昨年、それまで存在自体が知られていなかった二つの小部屋から、同館所蔵の壁画の下図など、大正初期から昭和初期にかけての資料約2300点が新たに見つかった。

ついこないだ英国王室の物置におきっぱなしになってた絵が、カラバッジオの真筆ということを取り上げたばかりですが、いやはや、なんというか、明治神宮外苑・聖徳記念絵画館に隠し部屋ですってぇ? なんともはや、そそられるじゃありませんか、ねえ!

昨年7月、資料整理をしていた男性職員が、1階の倉庫の奥に小さな木製の扉が二つあるのを見つけ、その先の正面玄関の階段下にあたる部分に、幅30メートル×奥行き1・5メートル、幅1・5メートル×奥行き6メートルの二つの部屋があることが分かった。室内からは、段ボール約80個分の資料が発見された。

しかし、わかんないもんなんですねえ。身近なところにあるミステリー……

にしても、明治神宮の関連施設から、大正・昭和にかけての資料がでてくる……これは、なんか、メッセージなんですかね?

靖国神社・幽愁遊蹴館もいいですけどね、明治神宮もいいもんですよ。ええ。←昔いったことのあるやつ。

彼女がついに 藤原紀香の結婚

いや、今さっき、芸能ニュースを開いて、アッサムティーを噴いてしまった。

藤原紀香さん、お笑いの陣内智則さんと来年結婚(読売新聞)

女優の藤原紀香さん(35)と、お笑いタレントの陣内智則さん(32)が、来年結婚することが15日、分かった。

 藤原さんの所属事務所の関係者によると、2人は、今年7月に日本テレビ系で放送された単発ドラマ「59番目のプロポーズ」での共演をきっかけに交際を始めたという。

藤原紀香さんが結婚へ お笑いタレントの陣内さんと(共同通信)

いやぁ、なんか、ねぇ、わが道をいく押尾×矢田カップル、ゴールインのあとで、実になんだが、個人的にビミョ~な話しだなぁ(苦笑)
別に紀香さんのファンじゃないんだけど、ただ、う~ん、なんちゅうか、いろいろ頑張ってきたのに、結婚相手がアレかという……
ま、そりゃ陣内サイドからしてみれば、あれだけの美人をゲットしたっつうことで、そりゃ大したもんだといいたい話でしょうけど……

う~ん、いろいろ頑張ってきたのに……ほんとに、あのオトコでいいのか? う~ん……なんか、ひたひたと、足元に波が寄せて、砂をえぐりとっていくような気がするぞ。まったく、これは芸能界に押し寄せる津波ショックや~ってなもんですよ。

なんか、リアル「だめんず・ウォーカー」ってことは……ああ、やっぱり、どうも、この結婚、てか、このカップル、祝福する気になれないわ。のりか姐さんの隣に、あの陣内って考えただけでもう……だったら、生涯シングルでもいいじゃないかってぐらいヤだわっ

2006年11月15日 (水)

獅童代役で龍平が

企業買収を題材としたNHKドラマ「ハゲタカ」。企業買収もちょっと旬を過ぎちゃった観があるけど、獅童の降板やら出演者の病やらと、いろいろもたついていたこのドラマが、いよいよ再始動らしい。


リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 松田龍平、獅童代役で初連ドラ出演…NHKドラマ「ハゲタカ」 - Infoseek ニュース.

女優、竹内結子(26)と離婚騒動の渦中にある歌舞伎俳優、中村獅童(34)が降板したNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」の代役に、俳優の松田龍平(23)が決まったことが14日、分かった。獅童は7月に酒気帯び運転で検挙され、同作を自主降板。撮影は中断し、放送が大幅に遅れていた。“映画スター”の龍平にとって初の連ドラ出演。若く、フレッシュな助っ人を得て、制作スタッフの士気は揚がっている。

ほほう。獅子の代役に、龍がきたか。で、松田勇作ジュニア、ゆうなれば松童、勇童だわな♪←かなり苦しいと思うぞ。

獅童にとって、すべての“崩壊”の始まりとなった7月の酒気帯び運転。責任をとって同作を降板したものの、ドラマの撮影は中断され、NHKは代役探しと共演俳優陣のスケジュールの再調整に追われてきた。

ほんと、すべての崩壊の始まりだわなぁ。あれ以来、なんかガタガタ。身を固めたはいいけれど、女遊びでガタついて、騒がれるだけならともかく、折悪しく酒帯運転で社会的にもガタガタ。女房から三行半をつきつけられてしまった。竹内に「できた女房」を要求するつもりはさらさらないけど、キレイに遊べないのが拙いんでないのと、どうもオトコとしてどうよという目を獅童に向けてしまう。

で、期待の土曜ドラマも降板。実にガッカリですよ。

「ハゲタカ」は、企業買収をテーマにした社会派エンターテインメント。日本企業を次々と買収する外資系ファンドのマネジャー・鷲津(大森南朋)と日本企業を支えるエリート銀行員・芝野(柴田恭兵)の野望や葛藤、2人の対決を描く。
とまぁ、大森南朋に柴田恭兵と映画にテレビに大活躍の役者との顔合わせだったんだから……。

ま、でも、この「ハゲタカ」、獅童の騒動だけでなく、キョーヘイちゃんの病気のこともあったからなぁ。いろんなことでごたつくいわくつきのドラマだぜ。

そんな危機的状況に、俳優なら本来は嫌がる“代役”として参加を決めたのが、故松田優作さんの忘れ形見、龍平だ。龍平は平成11年公開の「御法度」で芸能界デビュー。現在まで、映画畑を中心に歩み、強烈な個性を発揮している。
龍平が演じるのは、IT企業の青年社長・西野で、鷲津に父の会社をつぶされ、後に鷲津と敵対する設定。関係者によると、龍平の魅力と実力をブラウン管でも発揮してほしいと願う制作サイドが、「お金を手にして変貌する人間の狂気を表現してほしい」などとオファー。龍平側も「さまざまなジャンルに挑戦し、役者としての幅を広げたいと考えていたようだ」(関係者)と双方の思いが一致した。

いや、しかし、これは……少なくとも、松田龍平がッ?!と聞いただけで、こちらに、こう沸き立つものがある。だから、これは、少なくとも今の段階では、災い転じて福となせたんではあるまいか、とそう思うんだけど……
いや、なんといっても、龍ですから。獅子の代わりにこれは実に素晴らしいモノをもってきたと思うじゃあありませんかっ!

獅童で撮影した分は廃棄、すべて撮り直す。そのため、龍平用に西野のキャラクターを再度練って、10歳若い設定に変え、台本を書き直した。

 撮影は12月初旬に再開。一度は獅童によって“ミソ”がついた同作だが、制作陣は「松田くんや迷惑をかけた役者さんのためにも、よりよりものを作ろう!」と一致団結しているという。

いやはや…獅童でとっていた分は廃棄で、取り直し……。まるでフジの「東京タワー」並にしんどい話だ。しかも、演じる龍平に併せてキャラクターを手直し……う~ん、NHKもリキ入ってる。

にしても、これだけ手数がかかっていればいるほどに、今後、獅童がNHKの仕事につくことはないんじゃないか、そんな気がしてくるなぁ……。

ゴヤの絵、移送中に盗まれる

ありゃりゃあ!という感じのニュース

リンク: ニューストップ > 国際 > ゴヤの絵、移送中に盗まれる - Infoseek ニュース.

ニューヨークのグッゲンハイム美術館とオハイオ州のトレド美術館は13日、共同声明を出し、スペインの画家ゴヤの作品「荷車と子供たち」(写真)が盗まれたと発表した

よく絵画盗難は移送中に最も起き易いてなことを聞いたことはあったが、グッゲンハイムとトレドという、世に聞こえた大美術館であっても、起こってしまうのか……警備たるや、相当のものだったろうと思うのだが。それとも手薄だったのか。

M4833815

2006年11月13日 (月)

伝説の切手

いやぁ、面白れぇっ、いや、もったいねぇっ!

リンク: ニューストップ > 政治・社会 > 社会 > 不在者投票に20万ドル切手か 伝説の「逆さまジェニー」 - Infoseek ニュース.

米フロリダ州で中間選挙の不在者投票の集計中、飛行機が上下逆さまになった伝説の「逆さまジェニー」とみられる切手を張った封筒が見つかった。AP通信などが12日、報じた。切手は約90年前に印刷され額面24セント使用されていないものであれば、1枚約20万ドル(約2350万円)の価値があるという。同州ブロワード郡で7日夜、票集計を担当していた男性が「逆さまジェニー」とみられる切手を発見。(共同)

…たあぁっ

時々聞きますよね、レアモノ切手の話。世界で一番最初に発行されたヤツだの、まちがえた印刷のヤツだの、とにかくレアであるっていうコレクター垂涎のシロモノ。あたしは、切手収集はしちゃおらんのですが、多分、ほしがってた人が、しかも未使用のを求めていた人が、全世界で「なんで使っちまうんだよ~!」と天を仰いで叫んでるんじゃないかって気がしてます。

Pn2006111201000243

しかし、飛行機がさかさまってのも、またねえ……いやはや、可笑しい。

で、フロリダ州の不在者投票で、ですか。あのへん、金満家のリタイア暮らしの人多そうだから、そういう人が持ってたのかしらねえ。で、あえて、こういうの使っちゃうってことは、そこに何がしかのメッセージがこめられてたりするんかしらねえ……う~ん? 考えすぎ?

伝説の切手「逆さまジェニー」については、こちらをご覧ください。

2006年11月11日 (土)

C・ディアスが鼻の形成手術を決心

美容整形ではない。形成手術だそうだ。

リンク: ニューストップ > トピックス > 芸能 > キャメロン・ディアス > C・ディアスが鼻の形成手術を決心 - Infoseek ニュース.

【ロサンゼルス9日】世界で最も美しい女性アンケートで常連の米女優、キャメロン・ディアスさん≪34=写真≫が、鼻の形成手術を望んでいる。しかし、美的な観点からではなく、実用的な理由からだ。

 ディアスさんによると、4年前にサーフィンの事故で鼻の骨を折った。鼻の骨を折るのは4回目で、その時以来、呼吸がスムーズにできないのだという。ディアスさんはW誌の12月号で、「手術することにしたわ。もうこれ以上我慢できない。だって、息ができないんだもの鼻の片側は完全に駄目なの。私の鼻の隔壁は、脱線した列車のようよ」と語っている。

 いやぁ、それはそれは……その具合の悪い鼻を抱えながらも、ハリウッドでもトップの売れっ子ぶり……たいしたもんだ。

とにかく、手術がつつがなく行われることをお祈りしております。

物置から名画

リンク: ニューストップ > 国際 > 物置でカラバッジオ作品発見 - Infoseek ニュース.

エリザベス英女王が所有し、模写と信じられて物置に放置されていた絵画が、イタリアの画家カラバッジオの「聖ペテロと聖アンデレ」と判明。112億円以上の価値があるという(10日)

いやはや……まぁ、なんだ、人知れずこっそりと、存在を忘れられていた名画が発見された、てんじゃないくて、「模写と信じられて放置されていた」んですか。は・は・なるほど。
うん。まぁ、パッと見、カラバッジオらしいタッチの絵だよね……

Magdale925a

2006年11月10日 (金)

気になる映画ニュース

シネマトゥディのニュースから

ドナルド・サザーランド、コメディ映画に出演

ドナルド・サザーランドが、コメディ映画『フールズ・ゴールド』(原題)へ出演することになった。この作品は、すでにマシュー・マコノヒーケイト・ハドソンの出演が決まっている。物語は、失われた宝を8年間も探し続けている夫婦のドラマだが、サザーランドは、宝探しのためにこの夫婦を自分の所有する船に招待する大富豪、ナイジェル役を演じる予定。

ドナルド・サザーランドっちゅうても、最近の若い映画ファンだとおわかりにならないでしょうか。多分「24(トゥエンティフォー)」世代だと、キーファーの実父だよ、というと通りが早いのかな。私としては「カサノヴァ」のドナルドさんなんですが、それはそれとして、
あのドナルド・サザーランド御大がコメディときいて「?!」となってしまうのですが、そこへ加えて「マシュー・マコノヒーとケイト・ハドソン」とくると、こりゃ新手の三大噺かな、などとわけのわからんことを思ってしまったりするのでした。
しかし、大富豪役かぁ。似合うんだろうなぁこれが……

コリン・ファース、マイケル・ウィンターボトム監督作品へ出演

コリン・ファースが、マイケル・ウィンターボトム監督の映画『ジェノバ』(原題)へ出演することが決まった。ファースがふんするのは最近妻を亡くしたばかりの男で、彼はティーンエイジャーの娘とイタリアへ旅をして再出発を図ろうとするが、過去の亡霊たちに悩まされるというゴースト・ストーリーだ。現在、ウィンターボトムはアンジェリーナ・ジョリー主演の『ア・マイティー・ハート』(原題)の撮影中のため、本作の撮影は来春から開始される予定だ。

いやぁ、なんか、コリン・ファースって人と、ウィンターボトムって人の作風が違うので、へえとなってしまったニュース。コリンがウィンターボトム作品に出るほどくだけてきたのか、それともウィンターボトムがコリン・ファースを使うほどに貫禄がついてきたのか。(それにアンジェリーナ・ジョリーも、あんまウィンターボトムっぽくない気がする)
しかも、ゴーストストーリーって……いやぁ、いろんな意味で興味深い。

ユアン・マクレガー、地元イギリスの映画へ出演

ユアン・マクレガーが、イギリス映画『フランクリン』(原題)へ出演することが決まった。本作は、2つの並行する世界を描く作品で、現代のロンドン未来都市のエピソードが同時進行する内容。撮影は来年の初頭から開始される予定

あの、イギリス映画が90年代半ばに世界的にヒットするさきがけともなった「トレイン・スポッティング」に出演していたユアン君をつかまえて、よりにもよって地元イギリス作品に出演することがニュースになるというのが、なんともはや。
でもって、現代と未来が同時進行するだとぉ? ああ、傑作になりそうだけど、匙加減をまちがえると、わかんな~いつまんな~い作品になりそうで、コワいっすよ!
監督は…Gerald McMorrow? う~ん、わかんないな。新人監督かしら。

クリムトの4作品227億円で落札

うわぁ、あるところにはあるんですねえ、お金。

リンク: ニューストップ > 芸能 > クリムト4作品227億円 競売で落札 - Infoseek ニュース.

【ニューヨーク9日共同】オーストリアの画家グスタフ・クリムト(1862-1918年)の肖像画「アデーレ・ブロッホ・バウアー☆」など計4作品が米競売会社クリスティーズで8日、競売にかけられ、合計約1億9270万ドル(約227億円)で落札された。ロイター通信が伝えた。4作品の合計落札額は事前予想の2倍近くに達した。

そういや、マルコヴィッチ主演でクリムト映画が公開されるみたいだけど、まるで、それにあわせたかのようなニュースですこと。

で、4作品てのはなんなんだろうと気になった。うち1作については「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像Ⅱ」と引用した記事内にもタイトルが出てるんだけど、ほかはなんという作品なんだろうか。
というわけでググってみたら、出た出た。

とにかく、今回競売にかけられた4作品とは
「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像Ⅱ」
「樺林」
「リンゴの木Ⅰ」
「ウンテラッヒの家々」

ということらしい。

ちなみに、「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像Ⅰ」ってのは見た覚えがあるな。現物をこの目で、じゃなくて、多分印刷されたものを、だと思うのだけど、こんな絵だ。
「…Ⅱ」やモデルについて、そして作品の来歴について説明があるので、助かりますね。
そうか、「…Ⅰ」も売却されてたのか……。買ったのはエスティ・ローダーの御曹司だって……ふ~ん。彼のギャラリーでは金持ちでない観光客でも鑑賞できるんだろうかしらん……

で、これらの絵は、つまり第2次大戦の略奪絵画だったのか……
まぁ、所有者のもとにもどったのなら、そりゃ売却するのも自由かもしらんが、しかし、なんというか、こういう記事など読むと、やりきれないな。

で、
こうなると今度は、どんな絵だ?!ということになるのだけど、ええと、「…Ⅱ」については引用した記事内に画像があるので、なんとなくわかりますが、ええと、残りの3作品がわからんなぁ。と、おお、こちらのブログ「カオスの泉」さまに画像がUPされてるではないか!「樺林」と「ウンテラッヒの家々」がこれでわかったな。
残るは「リンゴの木Ⅰ」か…おお、あったあった、こちらのブログ「ニューヨークで名画鑑賞」さまに、それも「Ⅰ」と「Ⅱ」と、「ウンテラッセの家々」も併せて! で、11月7日付けのエントリでは、今回の競売絵画のことを取り上げられていて、しかも「Ⅱ」をもとにした素晴らしいディスプレイ画像がUPされている。う~ん、スゴイ。
最終的には、これらの絵画、メトロポリタンミュージアムに行っちゃったりしてなぁ……。

しかし、ショックだなぁ。もうこれからはべルヴェデーレ宮殿にいって、クリムトの傑作絵画を眺め渡す、なんてことはできないのか。うん、これは哀しいねぇ。う~ん、じわじわと利いてきたぞこのニュース。

競売が行われたNYでは嬉しいだろうけど。こちらの記事によると、ちょっとしたクリムト・ブームらしい。しかも、この美術のオークション熱は、この前のサザビーによるピカソの競売から続いているらしい。ああ、あのピカソの「ドラ・マールと猫」ね。ふ~ん。ああ、こちらの記事には、今回話題になってるクリムト5作品が全て載ってるではないか!興味ある人はどうぞご一読を。

【参考までに】
Klimt Reproductions」というものがある。
こちらのなかで、今回話題になってるクリムト5作品を眺めることができる。
かなり画像がいい。細部までよくわかる。
・「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像Ⅰ」Portrait of Adele Bloch-Bauer I
・「アデーレ・ブロッホ・バウアーの肖像Ⅱ」Portrait of Adele Bloch-Bauer II
・「樺林」Birch Woods
・「リンゴの木Ⅰ」Apple Tree I
・「ウンテラッヒの家々」Houses in Unterach on Lake Atter

2006年11月 8日 (水)

かなり悔しい、あのアニメの実写化ばなし

eiga.comで見た話だけど、あのアニメが実写化されるらしい。

タランティーノを刺激した日本のアニメが実写映画化

「攻殻機動隊」「イノセンス」などで知られるアニメーション製作会社・プロダクションI.Gが00年に手掛けた中編アニメ「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の実写映画化が決定した。11月1日、プロダクションI.Gが発表した。

えええぇ!でございますですよ。

 「BLOOD THE LAST VAMPIRE」は、セーラー服を着た少女が日本刀を武器に吸血鬼と戦うというアクションホラー。クエンティン・タランティーノが、「キル・ビルVol.1」で栗山千明が演じたゴーゴー夕張の元ネタとして引用し、同時に「キル・ビルVol.1」のアニメパートをプロダクションI.Gに依頼するきっかけとなった作品としても知られている。実写映画版は「グリーン・デスティニー」「LOVERS」などのビル・コンがプロデューサーを務め、「フレディVSジェイソン」「SPIRIT」のロニー・ユーが監督、「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョンが主演、「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のコリー・ユンがスタント指導・振付にあたる。撮影は07年1月から開始され、08年陽春に公開を予定している。

で、主演チョン・ジヒョン……「猟奇的な彼女」のあの彼女ですね……「イルマーレ」なんかも出てるんですよね確か……ああ、しかし、こういうところで、日本人女優ではないというところに、忸怩たるもんを感じるなぁ! いや、けして自分は偏狭なウヨのつもりはないんだけど(むしろ、ヒダリ巻きのサヨクばばぁで通ってるんだけどさ)、「SAYURI」に続いて、このていたらく! まったく!日本には女優がおらんのか!とさえいいたくなってくる!

ま、それはそれとして

しかし、この、今明らかになってるスタッフ陣、すごいですね、
「グリーン・デスティニー」「LOVERS」を手がけたプロデューサー、
「フレディVSジェイソン」「SPIRIT」の監督、
「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のスタント・振り付け……

あの一篇の日本アニメを実写化させるにあたって、アジアの、こういった面々が必要とされたってのが。
そして、いまのところ、日本人は参加していないってところが。
あ、また、ものすごく忸怩たる気分が………(鬱)

ビル・コン(ウィリアム・コン)という人は、「僕の彼女を紹介します」も手がけてらっしゃるのね。

しかし、脚本は誰なんだろ、映画の要はホンだからなぁ。

 今回の実写映画化では、プロダクションI.Gがフランスの映画会社パテ社に対して原作の使用許諾を行い、パテ社は約30億円をかけて製作するという。プロダクションI.Gは、作品のリメイク権を販売したのではなく、原作者としての権利は保有しているので、興行収入やDVD販売などから発生するロイヤリティを得ることができ、映画がヒットすればより多くの収益を得られるという。

でまた興味深いのはここ。映画ビジネスとして、なんか面白いことしてるんでないの?プロダクションI.Gは?

ところで…allcinemaONLINEによると、この「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の映画化の第一報が伝えられたのは、2003年の夏ですね…そのときは、ロニー・ユー監督が実写リメイクに興味を示している、という書かれ方をしてますな。しかも、「主役には日本人少女の抜擢を考えている」とも。こんときはそうだったけど、結局、いいコが見つからなかったということなんだろうなぁ。ああ、情けなや。しかし、小夜って、見かけは少女なんだけど、チョン・ジヒョン嬢では女、になっちゃわないかなぁ。う~ん。
で、プロデューサーとしてビル・コンさんの名が明らかになったのは、2006年5月。あら、まず監督ありきかね。

しかし、情けない。日本の誇る傑作アニメーションを実写化させるにあたって、それに相応しいヒロインを務められる女優が、日本にいないなんて! そして、これに参加するスタッフもいないなんて(少なくとも、表立ったポジションで)。
ああ、まったく、なんてことなんだろう!

【追記】
チョン・ジヒョンが小夜役に選ばれたことを報じる朝鮮日報の記事はこちら
で、この記事によると、小夜は「人間と吸血鬼の間に生まれた」「吸血鬼キラーの女戦士」と説明されている。(しかもメイン表記はSAYAだ)そうなの?小夜って、そうだったの?(つまり、「吸血鬼ハンターD」みたいなダンピールだったわけ?)
ダンピールってのは、別に人と吸血鬼の混血のことじゃなくて、吸血鬼の子供でありながら、特殊な能力をもってて吸血鬼殺しを生業とする術師のことをいうそうだ。ま、小夜が翼手を斃すのは彼女がそういうものだからっていうのは筋は通っていると思うけど
で、押井監督は別に手がけたっていうほどじゃないと思うんだけどなぁ…企画協力とかなんかでしょ、確か??
で、相手役はハリウッド俳優……さて、どんな役者が、どんな設定のキャラに扮するのやら。
とにかく、脚本だよなぁ。

よくわからない映画ニュース

最近の映画ニュースのなかから、よくわからないと思われたものをいくつか。

①「HALO」の製作(一時)中止

スタジオ探しで難航していた映画版「HALO」が、製作中止となった。マイクロソフト社やピーター・ジャクソン監督らからなる製作チームは、「世界中にいる何百万人もの『HALO』ファンに、一流の映画版を作るという約束を果たすため」に、支援する映画スタジオが見つかるまで、一時製作を中止すると発表した。「HALO」の映画化に関しては、巨額の製作費と製作チームへの高額の配当、また、監督が新人であることなどから、20世紀フォックスやユニバーサルをはじめとする大手スタジオが軒並み撤退していた。

eiga.com11/7付ニュース&噂「スタジオ見つからず、「HALO」がついに製作中止へ」

.
ピーター・ジャクソンのネームヴァリューをもってして支援する映画スタジオが見つからないということがよくわからないし、そもそも「HALO」なる作品がよくわからない。
大手スタジオが、海のものとも山のものともしれない新作について二の足を踏むっつうのは、よくわかる。

②スタンリー・キューブリックの新作?

99年に亡くなったスタンリー・キューブリック監督の“新作”が製作されそうだ。キューブリックは、50年代にジム・トンプスンのノワール小説「Lunatic at Large」の映画化に興味を持ち、あらすじを作成。しかしその後興味を失い、あらすじの行方も分からなくなっていた。キューブリックの死後、義理の息子であるフィリップ・ホッブスがそのあらすじを発見。イギリスのTV監督、クリス・パルマーによって映画化される方向だという。

eiga.com11/7付ニュース&噂「故スタンリー・キューブリックの“新作”が登場?」

そもそも、こういうものを新作と呼んでいいのかどうか、それがわからない。
で、キューブリックの義理の息子(なんてひとがいたことを今回初めて知ったけど)フィリップ・ホッブスさんは、なんでまた、そんな”新作”を映画化しようなんて考えたのか、キューブリックの遺産でくってけるんじゃないのか、それとも全然食ってけないのか、そこんところの事情もまたわからない。

③「リーサル・ウェポン」は終わったと断言するメルギブ
 

「マッドマックス」と「リーサル・ウェポン」という2つの人気シリーズに出演しているメル・ギブソンが、今後、どちらの続編にも出演しないと明言した。監督作「アポカリプト」のインタビューの席で明らかにしたもので、「マッドマックス4」の企画には一時期興味を示していたものの、今では関心を失っているという。なお、「リーサル・ウェポン」に関しては、「もうやりたくない。あれは完全に終わってる」と言い切った。

eiga.com11/7付ニュース&噂「メル・ギブソン断言。「リーサル・ウェポン」は「もう、終わった」」

全体的に、わざわざ断言しなければならないことがわからない。
…それとも、これって、シュワちゃんが「ターミネーターはもう終わった」だの、スタローンが「ロッキーはもうやらない」とかいうようなものですか、ああ、そうですか。
でもって、そういう風にいわないと、まだ、あのシリーズでひとはた!とか思ってる連中に引導が渡せないってことですか、ああ、そうですか。
それともこれって、特撮出身俳優が、文芸大作とか大河とかに出るようになっちゃって、特撮出演をなかったことにしようとするようなもんですか。だとすると許しがたい。

『セブン』、前日譚を製作だって?

シネマトゥディで見た話。

リンク: ブラッド・ピットの『セブン』、前編製作か? - シネマトゥデイ.

ブレイク寸前のブラピと、モーガン・フリーマンの刑事コンビ、そして、やはりこれまたブレイク寸前のグウィネス・パルトロゥの物憂げな美女ぶりと、で、これまたブレイク寸前のケヴィン・スペイシーの顔なしもかくやという妙な存在感(あるんだかないんだかという)と、ひたすらな雨(聖書でいうところの、7日7夜続いた破滅の序章にひっかけてあるんだろう)が印象的だった、デヴィッド・フィンチャー監督作品『セブン』の前日譚が企画されているらしい。

正直、なんで今更……という気分のほうが強いね。だって、あれから何年かね……。

いまのところ、原題は「バーチュー」ということらしい。ええと、これって”virtue”、すなわち、信仰、希望、愛徳、正義、賢明、剛毅、節制の7つの徳のことかな。
でも、あの『セブン』の前日譚なんだから、どーせまた、皮肉で、哀しくて、やりきれない猟奇殺人譚になるんだろうけど。でもって、根本がキリスト教だから、縁のうすい日本人は「どーしてそこまで思い込まねばならんのだ」的反応しかないんじゃねえの。

2006年11月 7日 (火)

あの美女はもしや…?

新CFキャラクター・速水もこみちを迎えて、auのCMはますます快調(?)のように思われるが、それがほんとうかどうかは、今はさておく。

私がいいたいのは、これら新シリーズのCMの出来がどうかとか、このCMにおける速水がどうとかいうことではない。

シリーズの中の一篇、公式サイトによれば「ワンセグ/テラス」篇というらしい、その中に登場する美女のことだ。

見るからに高級マンションと思しい、その家のリビングで、もこみち君扮する「おにいちゃん」が今しもサッカー観戦中、そこへ「妹ちゃん」がやってきて、見たい番組があるらしく、チャンネルを回してとリクエストするものの、にべなく断り、あまつさえ「子供は寝なさい!」などと言い放つ「おにいちゃん」。何それ?とムッとする「妹ちゃん」だが、素直に引き下がる。何故ってわたしにはauのワンセグ・ケータイがあるからねえ、というわけ。

さて、「妹ちゃん」を追いやって、ますます加熱するサッカー観戦の「おにいちゃん」。ところが、そこへ「おとうさん」がやってきて、無情にもチャンネルを替えてしまう。何するんだよ、と抗議する「おにいちゃん」だが、さっき妹にいったみたいに、「子供は寝ろ」といわれる始末。それでも、ワリと素直に引き下がる。何故ってオレにはauのワンセグ・ケータイがあるから!

というわけで、兄妹ふたりが、そろってテラスで、ワンセグ・ケータイで自分の見たい番組を見ることになったわけだが、リビングでテレビを独占していた「おとうさん」のところへ、
「替えるわよ」と「おかあさん」登場。
え、そんな、という顔で見上げる「おとうさん」へ、
「なんか文句ある?」と超然といってのける

この「おかあさん」、これが、もう、ゾクゾクするようなスタイリッシュな美女!多分、ひとによっては、「マトリックス」のキャリー=アン・モスを連想したかもしれない。
うん、トリニティそっくりだ。

もしかして、この美女って……小野みゆきさん???

ちょっとググってみる、どうやら、小野みゆきさんで間違いなさそうだ。

いや、私などは、「マトリックス」でトリニティ役のキャリー=アン・モスを見たとき、なんて小野みゆきみたいな女優さんなんだろうと不思議に思ったくらいだったのだが、さて、いまどきの若い人はどう思っただろうか。

いやぁ……久しぶりだ、彼女を見るのは。なんのかんのいって、まともに彼女を見ていたのは、NHK朝の連ドラ「凛々と」だったような気がする。その後、彼女のことはほとんど見ていないような……。
だが、キレイなんだよなぁ。ほんと。世にキレイな女性はそれこそ大勢いるが、こんな風に風情の美女はちょっといない。

彼女でできることなら、女吸血鬼とか見てみたいんだよなぁ。でも、もう、トウがたってしまって、無理かな…なんて思っていたんだけど、いやはや、全然問題なしじゃないか? ホラー系特撮とかに出てくれないかしら…「牙狼」とか。ホラーである美女とか、ホラーに憑かれた美女とか、あるいはわけありの美女とか、絶対さまになると思うんだけど。ああ。

それはともかく、いやぁ、相変わらず美しいので、ホッとしてしまいましたよ、ほんま。
にしても、絶妙なキャスティングだ。イケメン・速水もこみちの母に、日本芸能界唯一無二の風情を持つ美女・小野みゆきをもってくる。でまた、あの見るからに高級なマンションというお住まい。いや、すばらしい。納得だ。

しかし、小野みゆきさん扮するこの美女、ほんとに「おかあさん」なんだろうか。あの男性は「おとうさん」だろうと思う。だが、もしかして彼女は「おとうさん」の恋人、現在の交際相手とか、もこみち君扮する「おにいちゃん」たととは血のつながりはないんじゃないか、そんな気さえしてくる。

いやぁ、しかし、小野みゆきさんて、今年おいくつなのかしら。

→小野みゆきさんの所属事務所のプロフィールページはこちら

→TV CM「ワンセグ/テラス」篇 はこちら

自殺,一転、他殺 エイドリアン・シェリーの事件

リンク: エイドリアン・シェリー、3歳の娘を残し首つり自殺 - シネマトゥデイ.

『トラスト・ミー』のエイドリアン・シェリーがマンハッタンのアパートで首をつって死んでいるのを夫のアンディ・オストロイが発見した。警察によるとシェリーはシーツで首をつっており、他殺の疑いはほぼないという。司法解剖も行われたが死因などは明らかにされていない。シェリーとオストロイには3歳になる娘のソフィーがいる。

と報じられたこの事件、続報ではこんなことになっちゃっている。

くびつり自殺と思われたエイドリアン・シェリー、一転して他殺。容疑者を逮捕

3歳の娘を残して自殺したと報道されていたエイドリアン・シェリーだが、殺人容疑で男が逮捕された。 逮捕されたディエゴ・ピルコは、シェリーのアパートのリフォームを行っていた作業員の一人で、最後にシェリーを見かけた男だった。マスコミには明らかにされていなかったが、遺書がなかったことと、シェリー以外のスニーカー痕が現場に残っていたことで警察は捜査をしていたという。内容は明らかにされていないが、自白をしたとのこと。ピルコは第2級殺人罪で起訴される予定。

う~ん。まるでドラマのような話だ(汗)。

いずれにしても、遺された家族、とりわけお子さんの心がこれ以上乱されないことを祈る。

2006年11月 6日 (月)

サトエリはほんとに本気なのかねえ?

最近、芸能マスコミが騒いでいる件といえば、第一に獅童と竹内の離婚騒動、で、次に継続しているネタといえば…これを上げたい。

海老蔵とサトエリ

いやなんかね、個人的にはショックなんだよね。何がって、サトエリに海老蔵なんかがついちゃったことが。

いや、あたしゃ、サトエリ好きなんでねぇ。それが、単なる「後腐れのないお手軽オンナ」みたいに、梨園の御曹司に遣い捨てられる対象に選ばれたのが、実に気に食わない

いや、正直いってね、かつて、わたしゃ、海老蔵が、新之助として、マスコミの話題にあがってきたとき、ものすごく熱くなってたころがあるんですわな。おおっと~!こりゃ、梨園から次世代のプリンスがやってきた~、しかも、なんだ、このボーギャルソンは!てな具合に。

いや、ほんとに。新之助は美男だったよなぁ。いや、今も、美男だとは思うよ。で、お父さんの当世団十郎の父上、つまり、新之助=海老蔵の祖父である先々代に、世のお嬢さん方はそれはそれは熱くなったといわれているけど(宮尾登美子の小説「きのね」は確か、先々代の、周辺に取材した物語だ)、その孫息子の登場を見て、なるほどと、かつて祖父が起こしたフィーバーぶりが納得できたものだった。

とはいうものの……時代はかわったのだよなぁ。すでに梨園の方々が遊びやすい、訳知りの玄人衆の女性たちは、限られたものになってしまった。そして、美しいといわれる女たちは、今一般に、芸能界に集まるようになっている。で、梨園の男たちが、美しい彼女に惹かれ、お近づきになりたいと思っても、そりゃ仕方ないことだろうと思う。人間だもの。健康な男女であれば、そりゃあ当然のことであろうと思う。しかし、なんというか、芸能界の女性たちは、かつて梨園の名パートナーであった玄人衆とは違って“従”ではなく、彼女たち自身がいわば、芸能界のそれぞれ名跡ともいうべき“主”たる存在であるのだ。

そのことに気づいている梨園の衆は何人いるのだろうか。

はっきりいって、海老蔵は、そのことに気づいていないと思う。そして、それに気づいていないことをいいことに、おのれの本能の赴くままに、ふるまってござる。

で、はっきり申し上げたいのだが、海老蔵丈、それはあまりにはしたなく、みっともなく、キモイ行為だ。
梨園でも大名跡であられる、御身のお立場に、まったくそぐわない態度だ。

まぁ、なんというのかなぁ、新之助がこれまで見たこともないボーギャルソンとして登場して、その輝かしいさまを目を細めて眺めていた小生は、彼の隠し子騒動のとき、実にガックリさせられたのだね。
え? 隠し子ぐらいでガックリするたぁ、綾川さん、へんなところで潔癖症だね?だって?
いや、潔癖症とかそういうことではないんだな。
その、隠し子という、そういうことをしでかす彼が、若いにも関わらず、いや、若いからこそ、実に脂ぎったオヤジみたいに思えて仕方がなかったんだよ。

なんだ、こいつ、若々しく新しいように見えて、その実、中身は、古臭いオヤジじゃんかよ、

という、そういう失望。
颯爽として期待をもって登場した姿が水際立っていればいるほど、その身につけている方法が、昔からの伝統的オヤジの方法論の範疇であることが、実に苦々しく、不愉快だった。

ああ、まあ、こういうのがね、勝手にのぼせて、勝手に失望して、実に身勝手なファンの言い分だってわかってますけど、ただ、これは男としては実にロクデナシだわな、という気分だけは募ってしまったんですよ。

で、サトエリだ。

正直いって、彼女は、今はどうだかわからないけど、やはり庵野がリアル・キューティー・ハニーに選ぶだけのことはある、オタクのミューズであろうと思うのですよ。オタク、すなわち、今、現代における最先端の文化が、サトエリというイエローキャブきっての才女(隠れ才女との評もある)を選んだのは、これは故ないことではない、という気がする。旧イエローキャブの美女たちは、ただ女の色気だけでない、内面の魅力、パーソナリティの魅力が横溢だと思うのだけど、

海老蔵よ、貴様、そこんとこわかってサトエリと付き合ってんのかァああァ~?!

なんかさぁ、中身もあるオンナを、あえて、外見だけで選んでつきあってる…いや、弄んでんじゃないのかって気がして、どうしようもなくムカムカするんだよね。いや、サトエリも好きなだけに。自分の女友達が、どうしようもないプレイボーイにひっかかってるのを目の当たりにしている気分だよ全く。

で、仮にも梨園の御曹司なんですから、こういうのって当人に自覚がないんなら、周囲がちゃんと言ってほしいと思うのよね、ところが、

市川海老蔵の放蕩三昧の真相 (ゲンダイネット)

放蕩(ほうとう)三昧が止まらない。歌舞伎役者の市川海老蔵(28)にまたしてもハデな“火遊び”が発覚した。

 相手は10月初めに東京・月島での“もんじゃデート”を報じられた佐藤江梨子(24)で、今度は深夜の映画館での“濃密デート”である。

 発売中の「週刊現代」によると、2人は東京・品川のシネマコンプレックスに出没し、映画「ブラック・ダリア」を仲良く観賞。その際、人目もはばからずに濃厚なキスを交わし、さらに海老蔵はサトエリのミニスカートの奥に手を伸ばして何やらゴソゴソ。最後はサトエリの下半身をコートで隠しながら行為を続けていたという。

 目撃した観客も「サトエリさんはほおを赤らめ、顔が上気していた」とビックリだ。

 このところ海老蔵の暴走ぶりは凄まじい。結婚秒読みとみられていた米倉涼子と昨秋に破局した後、女優の真中瞳、テレビ朝日の武内絵美アナ、モデル風の女性、今回の佐藤と立て続けに親密交際が発覚している。まさに手当たり次第である。

「海老蔵が遊びまくっているのは、父親の団十郎が抱えていた10億円の借金を完済できるメドがついたからでしょう。一時、海老蔵は父親を助けるために京都の資産家令嬢と結婚するといわれていました。しかし、安定した観客動員を計算できる海老蔵が定期的に舞台公演をやることで、借金の心配はなくなったといわれています。それで、海老蔵は自由に遊び回っているのです」(マスコミ関係者)

“本業”で父親の借金返済を助けたとあって、周囲は海老蔵に対して何も言えない。その上、ほっておいても女性の方から寄ってくるのだから、海老蔵のやりたい放題に拍車がかかるのも無理はない。

 しかも、海老蔵は将来も計算しながら遊んでいるともっぱらだ。

「海老蔵は結婚を考えずに遊ぶことができる相手をしっかり選んでいますよ。米倉と交際している頃から海老蔵の母親や後援会は“チャラチャラした女優には梨園の妻は務まらない”と猛反対していました。女子アナやモデル、ましてや元セクシーグラドルのサトエリとは結婚できないことくらい海老蔵は分かっている。相手だって、梨園の嫁になることは難しいと承知していますよ。だからこそ、海老蔵はおかまいなしに手を出しているんです」(芸能リポーター)

“梨園のプリンス”の火遊びはしばらく終わりそうもない?

と、まぁ、要するに、稼ぎまくって親の借金も返して、やることやってるんで、ハタの者は意見できない、とこういうことらしい。
しかしねえ、やることやってても、稼ぎを上げてても、それで、オンナ道楽していいってコトじゃないと思うんですけどねえ。まったく、まだたったの28で、40,50の脂ぎったオヤジとやることが変わらんてのは、ほんと、男としてどうかと思うんですけど。少なくとも、私の基準ではイイ男ではない。え?お前の基準など聞いてない、ハイハイ。

大体、男は、自分が遊んでるオンナは「到底、結婚相手にはならない」のを選んでいるのかもしれないけど、女のほうが、そんな都合よく思ってるかどうかはわからないじゃない。シンデレラの夢を見ないとは限らない。そんな、昔の玄人衆みたいに訳知りかどうかなんて、しれやしないでしょうに。
なんか、そういうことも考えると、軽々しくオンナとすぐに出来上がってしまう海老蔵という男の振る舞いに怒りを禁じえないんだよなぁ。

まぁ、男のほうが誰かから叱られる望み薄なら、じゃあ、オンナのほうに誰かしかるべく諭すしかないわけだ。

そんなところへ、このニュース。

サトエリ梨園の花嫁に野田社長が反対 (日刊スポーツ)

芸能事務所サンズの野田義治社長(60)が5日、市川海老蔵(28)との交際が伝えられる佐藤江梨子(24)にアドバイスを送った。サトエリの元所属事務所社長として、彼女が3日に東京・新橋演舞場で海老蔵の舞台を観劇したことについて「両親も連れて行ったみたいだし、彼にのめり込んでる証拠だね。でも、梨園(りえん)と一般的な芸能界は価値観が違う。ただ遊ぶだけにして、大けがする前に離れた方がいいと思うよ」と話した。

野田社長がサトエリに“警告” (スポーツニッポン)

タレントの佐藤江梨子(24)が所属する「イエローキャブ」の社長をかつて務めた野田義治・サンズエンタテインメント社長(60)が5日、歌舞伎俳優・市川海老蔵(28)との交際が伝えられる佐藤に対し「遊びだけにしておいた方がいい」とアドバイスした。

 所属タレントの小林恵美(23)と小島くるみ(21)が挑んだ若手漫才No・1決定戦「M―1グランプリ」2回戦を都内で見た後、取材陣に対応。「歌舞伎役者とタレントでは住む世界が違う。(佐藤は)色恋については相談せず、自分で解決するタイプだけど、大ケガする前に離れた方がいいと思う」と語った。

パチパチパチパチ。さすが野田社長。違う。もはや手元を離れたといえども、かつての自分のタレントが心配なのね。この温情を無にするなよサトエリ!

え!野田社長とサトエリは仲が悪いって?! 野田社長はサトエリを人格攻撃するかのごとき発言が多々あるって?! 大方、これもその一環だろうって?!

でも、ほんとのところは、どうなんだろう。野田社長、女を扱う、というより、女で食わしてもらってるヒトとして、実は、軽々しくタレントたちを食い物にする海老蔵ってオトコについて腹に据えかねているってことないんだろうか。ああ、野田社長が、正面きって海老蔵に意見してくれないかしら。「梨園の御曹司としていかがなものか」とかなんとか。

とにかく、梨園の御曹司という冠かぶった、ヤリチンオトコを、誰かとめてくれ。

【追記】
海老蔵とサトエリ、この二人って、どっちも射手座生まれだったんだねえ。
じゃあ、一応は相性よしってことにはなるかなぁ。
海老蔵の金星は射手座。なるほど、射手座オンナのサトエリはドンピシャかな。
サトエリの火星は天秤座、ふ~ん、スマートなハンサムさんがいいんだねえ。となると、ヤリチンオトコの本性が見えてきたら、海老蔵とは不協和音が発生するかな?

で、この二人、射手座というだけでなく、ちょっとホロスコープ的に共通点がある。
それは、太陽が海王星と合ということ。
なるほどねえ、夢を売る商売だって感じするなぁ。海王星が司るところの夢、幻想、ファンタジーを具現化する、あるいはしようと務めることを自分の任務と意図するっていうか。
ただ、サトエリの場合は、ほかに、水星も太陽と合。星座はとなりの山羊座なんだけどね。だから文筆とかもやるんだな。水星の司るところは知性。さて、ただの色気ムンムン、射手座の元気印ねーちゃんじゃないんだぞ、海老蔵、お前に、この不思議な才女の手綱がほんとにとれるのか?

で、米倉のホロを見てみると、なんとこちらも太陽と水星が合。ほう。海老蔵の好みって、こういうトコか? 
さらに、米倉は海王星も射手座。海老蔵も海王星が射手座。
射手座の9度と、射手座の15度では、かなり離れているけど、ちょっと引っかかるなぁ。
海老蔵を語る上で、海王星ってのは一つのキーワードなのかも。

さて、海老蔵の妻を暗示する月はとみると、出生時間がわからんからナンだけど、一応天秤座かねえ。なるほど、気配り上手のバランス感覚の出来た女って感じだなぁ。ものすごく梨園の妻っぽいイメージ。
だけど、遊ぶ女は射手座がいいと。なんだかなぁ。

ところで、海老蔵28歳ということは、もうそろそろサターンリターンか。土星が乙女座いりしたら、これまで通りってわけにはいかないかもしれないぞ。ちょっと楽しみだね、サターンリターンで一体どんなメに陥るか。できれば、このヤリチンが納まってくれるといいんだけどなぁ。

【追々記】
こんなことを書いた日の昼間、「徹子の部屋」のゲストは、勘太郎・七之助兄弟。そう、いわずとしれた中村勘三郎御大の息子二人である。いやはや、ああ、この二人はいいなぁ。腰が低くて、まったくえらぶらず、スーパースターでござい、なんてなそぶりは全く見せない。謙虚で、落ち着いていて。
とりわけ勘太郎のすっきりとした飾り気のなさ。いや、ヒトによっては「華のない、ただの一般人みたい」なんてな悪口をたたくかもしれないけどさ、いやぁ、こういう場所に出て、年長者と話が弾んでるヒトのほうが、いいと思うけどなぁオイラは。

内山田洋氏、死去

クールファイブ内山田洋氏死去 (スポーツニッポン)

 男性グループ「内山田洋とクールファイブ」のリーダー、内山田洋(うちやまだ・ひろし=本名道生=みちお)さんが3日午前9時27分、肺がんのため横浜市内の病院で死去していたことが5日、分かった。70歳。所属事務所によると、4月に胸の痛みを訴え、検査入院。そのまま治療を続けていた。最期は夫人と長男にみとられて息を引き取った。5日に横浜市内で、親族のみで葬儀を済ませた。
なんと……
個人的にはポール・モーリア氏の死去よりも、ショックです。
故人のご冥福をお祈りします。
しかし、クールファイブも今は昔になってしまったよなぁ…。なんといっても前川がソロになってしまったのが大きいのだろうけど、ああいうムード歌謡、そしてグループ制がほんと芸能界で廃れてしまったという印象があるなぁ。

 前川清(58)がメーンボーカルを務めた「…クールファイブ」は70年代、ムード歌謡で人気に。69年のデビュー曲「長崎は今日も雨だった」はミリオンヒット。「中の島ブルース」「噂の女」などを次々とヒットさせ、NHK「紅白歌合戦」にも11回出場した。

 活動休止中の「…クールファイブ」に代わり内山田さんは、20代の6人の女性バックダンサーを従えた「内山田洋とクールガールズ」として3月まで地方巡業。内山田さん作詞作曲の楽曲「人はなぜ」を来年にも発売する予定だった。遺族や所属事務所は、しのぶ会を行いたい意向。クールファイブのメンバーにも呼び掛け、ステージマンとして生きた内山田さんを明るく送り出す考えという。前川の所属事務所によると、前川は87年のグループ脱退以来、内山田さんとは会っていなかったという

…う~ん、この最後の一文が哀しい。

なるほどなぁ

アクセス解析をみると、

  • 織田裕二
  • ジャニーズネタ

これらを書くと、ご来訪者がメキメキ伸びますねえ。

にしても
「椿三十郎」とポツリと書いただけで、あれだけ伸びるとは思わなかったなあ……。
この件に関しては、みんな情報に飢えてるんだね。

2006年11月 5日 (日)

岡田准一,ポスト・キムタク一番手?

ホラな、とでもいいたくなるような記事

リンク: ニューストップ > トピックス > 芸能 > 岡田准一 > ポスト・キムタクの一番手に躍り出た岡田准一 - Infoseek ニュース.

“陰の人気者”が一気に飛び出した。

 V6の岡田准一(25)が主演する映画「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」が好スタートを切った。先週28日に公開され、都内の主要館だけで土・日の2日間で1万人以上の観客を動員。同週の興収成績1位を獲得し、配給側は最終的な興収を30億円と見込んでいる。

「木更津――」は02年にTBSでドラマ放送された人気シリーズ。03年公開の前作「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」は動員120万人を記録した。今回の完結編がそれを上回るのは確実だ。

ほ~お。
いや、あたしゃ、この話、テレビドラマも含めて、一本も見ていなんで論評できないんだけど、はたから概略だけ眺めたところだと、キャストのみならずスタッフまで、なんか次世代の主役たちがゴロゴロしてた話だったんじゃないか、そんな印象はあるよね。

ちなみに、岡田主演のドラマで、私が最初に見たのってNHKの「大化の改新」。あの鎌足はなかなかよかったですよ。
でもって、「タイガー&ドラゴン」にいったのですね。
若いのに上手いもんだなぁと、実に感心させられながら見ておりましたですよハイ。

で、映画による完結編。出足好調のようでなりより。

「岡田はジャニーズの中でも演技力は抜群ですね。イケメンなんだけど、とぼけたコミカルな役柄をしっかり演じられるし、シリアスな役柄までこなせる幅の広さがあります。ひとつの型にハマっていないから、見ている側が感情移入できるんです。3年前には蜷川幸雄演出の舞台『エレクトラ』にも出演して、鍛えられています」(映画批評家・前田有一氏)

 岡田は「木更津――」シリーズ以外にもヒットを連発している。去年は黒木瞳と共演した映画「Tokyo Tower」、堤真一と共演した「フライ,ダディ,フライ」で好評を博し、今年も時代劇映画「花よりもなほ」で主人公を好演した。大ヒット中のアニメ映画「ゲド戦記」では主人公の声を担当している。

 もっとも、これまでジャニーズの中ではSMAPの木村拓哉やTOKIOの長瀬智也の陰に隠れた存在だった。それが、「木更津――」の大ヒットで2人を脅かす存在になったのは間違いない。

「キムタクが13年連続でトップをキープしている女性誌『an・an』の『好きな男ランキング』では4位、『抱かれたい男ランキング』でも3位に選ばれていて、キムタクを猛追しています。“裏1位は岡田”というウワサもあるほどの人気です」(マスコミ関係者)

 岡田の大躍進にキムタクもウカウカしてられない。

役者として評価される、とされる仕事には二通りあって、まず役どころを見る側に説得力をもって表現できること(これは演技力があるということでもある)、つぎにクセのあるスタッフと組んで仕事をする機会がどれほどあるか、ということだと思う。岡田クンは、オダギリほどではないにしても(あれと比べるのがムチャかもしれない)、なかなか意外なスタッフの仕事に向かっていくところがあるように思う。でもって、それを、どれも一つ一つモノにして、役者としておのれを鍛え上げてきた、そんな気がする。

キムタクは、所詮、フジテレビのドラマ班としかほとんど仕事をしていないんじゃないか……そんな風にしか思えないんだよなぁ。(まぁ、今度の「武士の一分」が好評で、それこそいろんな映画人と組んで仕事をするようになるかもしれないけどサ)
だから、岡田の仕事ぶりは、やはりキムタクとはまったく違うと思う。
無論、どちらをリスペクトするかといえば、岡田だ。

で、うかうかしていられないのはキムタクというよりは、ポスト・キムタクとしてギョーカイが目をつけているという亀梨なのではないのか。
岡田に比べて、亀梨にいったいいかほどの実績があるというのか。
うむ、やはり、KAT-TUNと亀梨は、意外と不安でいっぱいなんじゃないの?先行き?

2006年11月 4日 (土)

宮崎あおいが大物でないというよりは、トレンドを読み間違えてるんではないかと

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > “大物神話”に急ブレーキがかかる宮崎あおいの不安 - Infoseek ニュース.

宮崎あおい(20)“神話”に急ブレーキか。

 宮崎は今年、NHKの朝の連続テレビ小説「純情きらり」でヒロインを務め、平均視聴率19.4%を記録。昨年は映画「NANA」で主演して観客動員300万人、興収40億円を叩き出した。

 そんな宮崎の演技力は同世代の女優の中で群を抜いていると評判で、“数字が稼げる女優”としても定着していたはずだった。

 ところが、10月28日に全国公開された宮崎の主演映画「ただ、君を愛してる」の興収は5億円を突破できるかどうか危ぶまれている。

はぁ。さようでございますか。

いや、宮崎あおいの「大物神話」なんてもんがあったなんて、全然知らなかったんですけど。

「宮崎はこの映画で大学の同級生と初恋に落ちるいちずなヒロインを熱演しています。“純情キャラ”の宮崎にはハマリ役です。しかし、『ただ、君を――』と同日公開の宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』は興収30億円が予想され、今週末公開となる藤原竜也の主演映画『デスノート』の興収は30億円が見込まれています。比較すると、どうしても宮崎の低調ぶりが浮き彫りになってしまう」(映画ライター)  

 しかも、「ただ、君を――」の原作者は「いま、会いにゆきます」の市川拓司で、ベースになった小説は20万部を超えるロングセラーだ。共演も、現在月9ドラマ「のだめカンタービレ」で主演中の玉木宏、資生堂「TSUBAKI」のCMで活躍中の黒木メイサといった豪華キャストが揃っている。これで不入りなのだから、宮崎の力不足といわれても仕方がない。

「宮崎は今年公開の映画に7作も出演していて、“3億円強奪犯人は女子高生だった”との設定で話題になった前作の『初恋』も興収は3億円そこそこでした。映画は数字を稼げばいいというものではないけど、まだ“宮崎あおい”の名前だけでは観客を呼べないのが実情です」(映画ライター=前出)

 08年のNHK大河ドラマ「篤姫」の主演も決定している宮崎。“神通力を失った”なんて言われないよう、もうひと踏ん張りして欲しい。

いやぁ、なんかねえ、なんか、ギョーカイの、勘違いからくる計算違い、ボタンの掛け違いってのを感じてしまうんだが。
それを、女優が客を呼べないからだなんて、主演女優に押し付けるのはお門違いじゃないのかなぁ。

まず、純愛モノってのは、木星が乙女座にあった2004年の頃のトレンドで、もう、違うんだってことなんだよ。いや、これはねえ、ウソだと思うだろうけど、かなり大きいと思うよ。

あの時は確かにはやったけど、今はもう違う。うん、そんな気がするなぁ。

で、テレビで非常に評判の女優が、映画館に客を運べないってことなら、長澤まさみの「ラフ ROUGH」を思い出してしまった。あれも、速水もこみちとの共演で当然ヒットと思われたのに、興行的にはパッとしなかったんじゃなかったろうか。
彼女も、2004年の木星in乙女座の恩恵を「世界の中心で愛を叫ぶ」でふんだんに受けた一人のような気がする。つまり、乙女座のもつ、ピュアなもの、純なものを尊ぶ性質に、ビビっとはまった作品であるということだ。
長澤まさみ嬢、今、「セーラー服と機関銃」がそこそこ評判になっているようだが、結局、今、映画からテレビに戻ってしまった、という気もする。まぁ、テレビでこつこつやっていて知名度も一定に保っていれば、いずれは映画でもコンスタントに役をもらえるようになるのではなかろうか…なんてな。まぁ、そんな、私はグっとくるタイプじゃあないなぁ。
いや、ま、長澤まさみ嬢はどうでもいいや。

まぁ、とにかくね、もういい加減ギョーカイは純愛路線から離れなさいってことだ。あの一時の純愛ブーム、「世界の中心で愛を叫ぶ」だの「いま、会いに行きます」だの、はたまた「冬のソナタ」だのに代表されるアレは、2004年の木星in乙女座の効果なのさね。
で、それにいつまでもこだわっちゃあ駄目なのよ。
木星はあれから、天秤座を過ぎ、蠍座を過ぎ、もうじき射手座に入るのだから。

で、実を言うと、2005年、何がヒットしてそれが天秤座的だったかについては、まだ一つ断言できないでいるんだけど、2006年、蠍座的ヒット作品については思うところがあるよ。
記事の中にもでてくる藤原主演の「デスノート」。これは極めて蠍座的なんじゃないかなぁ。死と生、深い深い奥深いところからくる底知れない何か。うん、「デスノート」という作品が扱っているものは、極めて蠍座的であり、冥王星的でもあるんじゃないかと、安直かもしれないけど、そう思う。で、それを、2部作にしても、2006年内に発表してのけた(それも、木星が蠍座にあるうちに!)というのは、まさに星的に時機を逃さぬやり方だと思うねえ。

さて、

やっぱり、私は宮崎あおいには期待してますよ。
だって、これまでのフィルモグラフィがさ、すごいもん。彼女はもう、映画女優だよ。あの若さで青山真治作品の常連だもんなぁ…う~ん。だから、今後も、これはと思う監督の作品に出演していって暮れたらいいと思うよ。
むしろ、…見て大いに楽しんでいて、こんなことをいってはなんだけど、「純情きらり」のような作品で、お茶の間に認知されちゃうってのは諸刃の剣だよなぁ。イメージが固定してしまう。

いや、なんにしても、ほんと、ひさびさ映画女優っ、という感じだからなぁ。宮崎あおいは。もう、とにかく、彼女が出るなら、見ておこうか、とおもわせてくれるから。

え?宮崎あおいが大物だなんて話は知らないといいつつ、彼女が映画女優だと誉めそやすのかって? 
いやぁ、とにかく個人的に「EUREKA」でやられちゃったくちなのよ。
女優にかぎらず、映画俳優ってのはさ、映画つくりに、自分を素材としてポンと提供できる人だと思ってるんだよね、で、タレント俳優や、芸能界の大物だ、だなんていってるヒトには、「オレがオレが」「ワタシがワタシが」の意識があって、素材になりきれない。
でも、映画俳優たちは、おのれを無にして、素材になりきれるんだよね。多分。オダギリにしても、あおいちゃんにしてもさ。

ところで…宮崎あおいって、今回プロフィル調べてみて知ったが、射手座なんだね(11月30日生まれ)。おっ、てことは、木星in射手座の2007年、波がくるかな?大波が?惜しいねえ、大河の主役は2008年だもんなぁ…。NHKも来年「大奥」にすればいいのに(爆)
いずれにしても、目が離せませんね。

【追記】
ちなみに長澤まさみ嬢ってのは何座生まれなんだい…え!6月3日の双子座生まれだって?! え~!全然、双子座っぽく感じられないのだが! 月はどこなんだろう。月の星座のケのほうが強い人なのかもしれない。

アルカイダ、ブラピ夫妻を脅迫?

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > ブラピ夫妻をアルカイダが脅迫 - Infoseek ニュース.

PTI通信によると、インド西部プネで映画を撮影中の女優アンジェリーナ・ジョリー(31)と俳優ブラッド・ピット(42)のカップルが国際テロ組織アルカイダから脅迫を受けたと地元紙が報じ、インド警察当局は3日、警備態勢を見直すための協議を行った。  ジョリーらは、パキスタンで2002年にイスラム過激派に拉致、殺害された米ウォールストリート・ジャーナルのダニエル・パール記者を題材にした映画を撮影中で、ジョリーはパール記者の妻役を演じている。警察当局者は「脅迫があったとの情報は知っていた」と述べた。

いやはや……どういうことなんだろう。

この映画の題材がアルカイダの癇に障った?

それとも、アンジェリーナ・ジョリー&ブラピ夫妻が、セレブだから気に入らない?目立っているから気に食わない?
いや、まさか。

とにかく、この二人がやられたら、とにかくワケがわからんという印象を抱くだろうなぁ、私は。

アニメ「パプリカ」、アカデミー賞対象作品に

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 今敏監督アニメ「パプリカ」、アカデミー賞対象作品に - Infoseek ニュース.

【ロサンゼルス=古沢由紀子】米映画芸術科学アカデミーは3日、第79回アカデミー賞長編アニメ部門の対象となる16作品を発表した。

 「カーズ」などのヒット作のほか、日本からは、今敏監督のアニメ「パプリカ」が入った。この中から来年1月23日にノミネート作品が決まり、2月25日に受賞作品が発表される。

 同賞のアニメ部門などは応募制をとっている。16作品はいずれも応募資格をクリアしているが、最終的に候補作になるためにはロサンゼルスでの公開が必要で、「パプリカ」など3作品はまだ公開されていない。

 「パプリカ」は筒井康隆さんのSF小説が原作で、ベネチア映画祭にも出品された。

へぇ~!

しかし、未公開だから、まだ候補作になっちゃいないのね……。
まぁ、これは、嬉しいニュース。候補作になりますように!

米・宗教右派代表が同性愛で辞任?

リンク: ニューストップ > トピックス > 政治・社会 > 同性愛 > 宗教右派代表が同性愛で辞任?=米 - Infoseek ニュース.

【ワシントン2日時事】米国のキリスト教保守派を代表する全米福音派協会のテッド・ハガード理事長が2日、突然辞任した。同理事長には同性愛の疑惑が浮上しており、米メディアはその関連で辞任したのではないかと報じている。 

[時事通信社]

[ 2006年11月3日12時26分 ]

うほっ◇

しかし、……どんな顔つきなのかしら。ご尊顔を拝さないことにはなんともいえないわ。顔なんか関係ないだろうって?

え、だって、面がマズくて、同性愛ってのは許せないでしょうが?!腐女子的に。

2006年11月 2日 (木)

ケヴィン・スペイシー、ケン・ラッセル作品に出演

シネマトゥディで見た話だけど、

ケヴィン・スペイシーが、ケン・ラッセル監督作品に出演するのだそうだ。
タイトルは「キングズX」(仮題)。
で、ロバート・カーライルと共演するのだそうだ。

ケヴィン・スペイシーとロバート・カーライル

うわお、アメリカのスマートな演劇人に、スコティッシュ役者の、ガチンコ勝負?

考えただけでホクホクしちゃうんだが、いやぁ、いろいろと興味深い。

まず、ケヴィン・スペイシーがイギリス映画に出るということ。いや、これって、舞台がイギリスかどうかはわからないけど、監督のケン・ラッセルがイギリス人でしょう? イギリス流監督術とかイギリス流撮影とか、そういうのが、多少ハリウッド流とは違うんじゃないかという気がして。で、もし、ケヴィンがイギリスに渡って、そちらで撮るのだとしたら、これまで、亜圧倒的に「イギリス→ハリウッド」だった流れに逆流するという面白いケースになるのじゃないかなと思って。

次に無論、ケン・ラッセル監督の名前を聞くのが久しぶりだなぁ、と。
いやぁ、この監督には一時期はまりましてねぇ。「ゴシック」!「サロメ」!そして「白蛇伝説」(ブレイク前のヒュー・グラントがいい味出してます)!ケン・ラッセルかデレク・ジャーマンかってくらいに…(って、それは違うと思うぞというツッコミが聞こえてくるようだ・苦笑)。でも、それらって重荷80年代であって、90年代になってからはあんまり監督作の話が日本には聞こえてこなくなったなぁと思っていたのですが……

で、最後にロバート・カーライル。いや、この方の名前を聞くのも久しぶりかな、と。
1996年「トレイン・スポッティング」で日本でもブレイクして、90年代の出演作が続々と日本でも公開され、007の悪役でハリウッドに出た1999年。あれよあれよというまにビックネームになったように思ってたのに、21世紀になってから私が聞いたのは「ケミカル51」ぐらい。はてどうしていたんだろう、と思っていたところだったので(てか日本でなぜか出演作が公開されなくなっただな、IMDbをみるとコンスタントに仕事してるものなぁ)、このニュースは嬉しい!
…って、ロバート・カーライル、「エラゴン」出るですか!…ジェレミー・アイアンズとか、ジョン・マルコヴィッチとか、意外な人がでるなぁ! こりゃ見ないわけにはいかなくなったわい…って、脱線脱線。

さて、さて、ケン・ラッセル監督のこの「キングズX」、ほかの出演者は、あのツィギーとか、レイ・ウィンストンの名前があがっているそうな。う~ん、イギリスだなぁ。レイ・ウィンストンだなんて、イギリスの良くも悪くもオヤジ役者ではないか。

やはり、舞台はイギリスなのだろうか。となるとケヴィンは「イギリスのアメリカ人」となるわけか?…似合う、と思ってしまったな。今、一瞬。

【追記】
さて、いろいろ回ってみたら、ケヴィン・スペイシーはイギリスのロンドンのオールド・ヴィック劇場の芸術監督に就任して以来、NYからロンドンに生活の拠点を移していたとのこと。それがいつの頃かは記載されてなかったが(2004年か?)、つまり、もうとっくにスペイシーさんは「イギリスのアメリカ人」になっていた、というオチ?

「椿三十郎」45年ぶりリメーク、主演は織田裕二ィ?

一昨日から、なぜか「椿三十郎」でご来訪の方が多いなぁと思ってみたら、実はこういうことだったらしい。

リンク: 織田裕二が時代劇初主演「椿三十郎」45年ぶりリメーク:芸能:スポーツ報知.

三船敏郎さんと黒澤明監督がコンビを組んだ代表作「椿三十郎」(1962年)が、俳優・織田裕二(38)主演でリメークされることが12日、東宝から発表された。角川春樹氏(64)がプロデューサーを務め、森田芳光監督(56)がメガホンを執る。9月中旬にクランクインし、来年公開される。緊迫感のある殺陣、すさまじい勢いで噴き出す血しぶきなどがどのようによみがえるか注目だ。

いや、ビックリ。
…いや、いい意味で、ではない。私は、デビュー当時ならいざしらず、現在の織田裕二については、日本の芸能界で、映画スター気取りの軽薄才子としか思っておらず、したがって、彼のごとき軽薄な小者がよりにもよって、あの、日本芸能界と映画界に燦然たる名声を残す三船敏郎の、あの映画「椿三十郎」で主演をするだなんて、言語道断としか思えないからだ。

記事内でもかかれているとおり、この作品は「黒澤明監督と三船敏郎さん。20世紀を代表する名監督と名優が、脂の乗り切った時期に世に送り出した不朽の名作」だ。それを織田裕二が……しばし絶句するのは私だけではないはずだ。

しかし、メガホンをとる森田芳光監督はそうは思っていないらしい。

 角川春樹事務所は昨年5月、黒澤監督の代表作「椿三十郎」「用心棒」のリメーク権を取得。そのことを知った森田監督が「三十郎は織田裕二で」と春樹氏に売り込み、春樹氏×森田監督×織田裕二の組み合わせが実現した。織田は89年に緒形拳主演の「将軍家光の乱心 激突」(降旗康男監督)に出演した経験はあるが、時代劇主演はもちろん初めて森田監督も本格時代劇は初体験になる。

森田監督から「僕にとっては『三十郎』は織田裕二君しか考えられない」と指名された織田も、気合十分。「これ以上ないプレッシャーですが、森田監督からの指名にこたえられるよう、ともに闘ってよい作品にしたいと思います」。既に7月から殺陣のけいこがスタート。衣装合わせに立ち会った関係者によると、たたずまいも三十郎そのものだという。

マジすか?

でもって、森田監督もなぁ……確かに、一時期は邦画の才子だと思ったものだが、しかし、脂ののっていた黒澤明に比肩し得る映画人になったとご自分を評価なさっているのだろうか? …普通なら「その意気や良し」と応援したいところだけど、モノが黒澤「椿三十郎」なだけに、ちと、過大評価じゃないの…、という……。

で、プロデューサー御大はなんといっているかというと

春樹氏は「『椿三十郎』は原作があるので、オリジナルのシナリオ通りにやる。ただ、監督も主演も代わるわけだから、現代風に練り直してつくれば若い世代も興味を持ってくれるはずこのリメークで黒澤作品の偉大さを再び世に問い直したい」とコメント。森田監督は「クロサワ映画を見たことのない若い層にとって、その入り口になれば幸せですし、映画ファンには同じベース(シナリオ)が時代の経過によって、どう違うものになるかの楽しみ、過去の名作の検証、映画そのものの奥深さを味わっていただければ、と思います」と話している。

クロサワに現代風リメークなんて必要かしら、とか、わざわざ別に入り口作らなくてもかつての娯楽時代劇だったころのクロサワは若い奴でも入りやすいよ、とか、余計なことせんでもクロサワの偉大さは誰にでもわかるんじゃない、とかって、この二人にいっても、馬耳東風なんでしょうなぁ。

まぁ、しかし、角川春樹氏は、なんのかんのいって、出所してから「大和」だ「ジンギスカン」だ、そして「椿三十郎」だと、話題性のある素材に手をつけて、大々的にやってますわなぁ。そこは大したもんだと素直に思う。
(ただ、問題は、あまりに内向き、つまり日本国内でしか受けてないんじゃないかってことなんだけど。劇場版「デスノート」の海外での受けのよさとかを、ハルキさんはどう思っているのやら)

クロサワリメークというと、ちょっとジャンルは違うかもしれないけど、アニメ「SAMURAI7」を連想する。いや、あれは、大胆かつ斬新な面白い翻案モノとなったと思う。まぁ、後の展開をオリジナル尊重派は評価しないかもしれないけど。ヘタをすると、アニメで作ればよかったじゃん、なんてなことを言われないといいけどね。
でもまぁ、そういうことを視野に入れる人たちじゃないよなぁ。

やっぱなぁ、個人的に、織田って椿三十郎の柄じゃないっつうか……なんか違うって感じがするけどなぁ。う~ん、だったら誰をイメージするかっつうと、ぐっさんこと山口智充なんてどうだろう? しっくりくると思うなぁ。う~ん……見果てぬ夢だなぁ……。

しかし、三船=織田となったのはわかったんだけど、仲代の役は誰がやるんだろう…? 椿三十郎だけじゃないからねえ、あの話のキャラは。こりゃ、けっこう、若手のイケメン男優たちが出てくる可能性が……。ああ、でも角川春樹のつくる映画だからなぁ、織田よか実力のあるようなホンマモンの役者なんて採用されなかったりして。はてさて、どうなることやら。
いや、ホンネをいえば、織田をくっちゃう男優の登場を期待してますけど(ニヤリと黒い笑い)

クランクインは9月中旬。黒澤監督が“拠点”とした東京・世田谷区砧の東宝スタジオを中心に約2か月間で撮影し、来年公開される。

しかし、こないだ中村勘三郎の45年ぶりの映画主演の話をして、そのとき、「隣のスタジオで『椿三十郎』を撮ってたんだよね」なんてな勘三郎丈の話を紹介したばかりだったのに、まさか、時をおかず、その隣でやってた「椿三十郎」リメイク話が聞こえてくるとは思わなかった。で、世田谷の東宝スタジオって、とこですかね、「やじきた」撮るのも? いや、スケジュールは違うかもしれないけど、また隣で撮りあってたら面白いわな(笑)。

でもって、東宝さん、いっそ「ゴジラ」も復活させちゃえば? え?あれは45年ぶりじゃないって? こりゃ失礼しました。

【追記】
ちょっとググってみたら、なんかこのニュース、とっくに新作情報として通知済みの話で、今頃知ったのはオイラぐらいということなんだろうか。いや、eiga.comで取り上げられてるのが、今年の7月だよ。 なんてこったい、オイラ、情報に乗り遅れちまったぜ! で、こちらの記事よると、「用心棒」もまたリメイクするつもりらしい。……でも、主演が決まっていないんだとか。
じゃ、そっちこそ、ぐっさんで、是非!

ま、この話が改めてニュースで流れたのって、9月から撮影に入って、で、予定どおり2ヶ月で撮影終えて、こないだまで4作連続テレビ放映で巷で話題の「踊るレジェンド」にでも対抗して話題つくりでもりあげようとした……ってことですかね。 ←この段、全面的な私の勘違いでしたね。

岩井俊二が 市川崑を撮る!

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 市川崑監督を岩井俊二監督が撮る - Infoseek ニュース.

市川崑監督(90)の生きざまを描くドキュメント映画を岩井俊二監督(43)が製作することが10月31日、分かった。

へぇ。

最初に感じたことは、ああ、ほんと岩井監督って、劇映画とらなくなっちゃったのねぇ、ということ。「リリィ・シシュのすべて」実は私は未見なんですが(もったいなくて、なんか見る勇気がないのです)、いや、しかし、あれで完全燃焼しちゃった、ということなんでしょうか。

で、最近じゃ、ドキュメンタリーをおとりになると。プロデューサー業も、なさっているというのは、知ってましたが。

岩井監督が脚本・編集も手掛ける「市川崑物語」で、幼少期から現在に至るまで、秘蔵写真と文字で構成する異色の試み。東京・新宿ガーデンシネマのこけら落とし作品として、12月9日から劇場公開される。  「ラブレター」「スワロウテイル」などで知られる岩井監督は市川監督作品のファンだった。76年の「犬神家の一族」を「自分の映画作りの教科書」と心酔。「岩井美学」と呼ばれる映像美や編集方法に大いに影響を与えていた。

いや、不勉強だったなぁ。岩井美学に市川映像が影響していただなんて。


 映画監督が映画監督の人生を映画化する異色の試みは「犬神家の一族」(12月16日公開)の30年ぶりの再映画化がきっかけだった。岩井監督は、自分をよく知る関係者から「撮影現場を記録してみては」と提案された。数年前まで、市川監督との共作映画の企画を進めるほど、敬愛する大先輩とのコラボレーションを熱望していた。そこで単なる記録ではなく、市川監督という人物に迫る作品として取り組むことを決意した。

 今春から撮影を開始した「犬神家の一族」の現場に足を運ぶと同時に、膨大な資料を集め、インタビューを数回に分けて行った。岩井監督は「年の差は関係ない。この世の中で1番話の合う人に出会ってしまった。そんな気がした」。生きざまに深く触れることでさらに共感を覚えた。

ふ~んむ。じゃあ、よく知られた話だったということだろうか。
でも、庵野さんあたりが嫉妬したりしてね。

 

「市川崑物語」は映画監督デビューする前のアニメーター時代など知られざる秘話も紹介。名作ドキュメンタリー「東京オリンピック」や「金田一耕助」シリーズ、「細雪」など同監督作品の映像も登場する。岩井監督は市川監督の世界との出合いも描くつもりだ。

まぁ、これは映画ファンにとって貴重な一本になるでしょうなぁ。

 

岩井監督は02年、日韓W杯期間中の日本代表に密着した映像を編集・構成した「六月の勝利の歌を忘れない」を製作。異色ドキュメンタリーとして注目された。市川監督は今回の作品について「岩井さんらしい構成。まことに不思議な興味のある作品です。どう仕上がるか興味津々」と完成を楽しみにしている。

ふ~んむ。とにかく、見てみたい、楽しみな一本がまた増えたな。

しかし、岩井監督の、次なる劇映画がいつになるのか、それも気がかりだなぁ。


いやぁ、なんか申し訳ないなぁ(汗)

今、アクセス解析 みてたら、
検索キーワード「椿三十郎
でいらしてる方がけっこういらっしゃる。

てか、昨日一番多かった(汗)。

すみません。あんなエントリで(平身低頭)。

しかし、何故いま「椿三十郎」をお探しなんですか???

あ、わかった。織田裕二がらみですね?ズバリそうでしょ?!
このネタはまた別で書かせていただこう

2006年11月 1日 (水)

「白虎隊」でヒガシが殿様を演じるということで思ったこと

NEWSの山下智久が「白虎隊」というドラマに出るらしい、主演らしい、という話は知っていた。で、次のニュースで、それがテレ朝の新春ドラマで、そこには東山もまた出演するということを知った。

リンク: ニューストップ > 芸能 > ヒガシ演じるのは会津藩主、テレ朝系新春ドラマSP「白虎隊」 - Infoseek ニュース.

NEWSの山下智久(21)が主演するテレビ朝日系新春ドラマスペシャル「白虎隊」(来年1月6、7日放送予定)で、少年隊の東山紀之(40)が会津藩主役を演じることが10月31日、同局から発表された。

へぇと思わされることがいくつか。
まず、ほんとにテレ朝は今景気がいいんだなということ。それは、昨日から始まった中村橋之助主演「太閤記~天下を獲った男」でも感じたことだけど、ちょっと前までには考えられなかった、規模の大きな、そしてネームヴァリューのあるキャストを配したドラマを、ポンポンとコンスタントにもってくるもんだな、と感心する。いや、このドラマ、まさかテレ朝とは思いもしなかった。てっきりフジか、さもなきゃジャニドラではずっとキャリアのある日テレあたりだろうとばかり。

そして、もう一つ。ああ、やはりヒガシが殿様なのね、ということ。これは、あ~あ、またヒガシかよ、とかいうネガティブな感覚ではない。ああ、これこそが東山の素材感、彼以外にありえない配役であろうという、至極肯定的な相槌、のようなものだ。

ジャニーズの擁するタレントの中でも、彼以外に、藩主などという役が似合うものはおるまい。

キャリアを積んだ、海千山千の芸能界でしたたかに鍛え上げられたジャニタレたち、彼らのタフな顔つきを、ジャニタレ嫌いの私ではあるが、実はけっこうスキだったりする。始まりはジャニーズでも、そういう連中は、もはや結構タフな役者だ。だから、ジャニタレときくだけではじめは怪訝な顔つきをしていた私も、いまや結構好きな役者が何人かいる。V6の井ノ原であるとか(無論、岡田や森田とかもね)、TOKIOの面々とか(ドラマ「リング」の長瀬には驚かされましたよなぁ)、元男闘呼組の岡本健一とか。無論のことSMAPの面々も。いや、実に、彼らは舞台出身、映画生え抜き、といったプロ中のプロの役者に比べてもひけをとらない演技力と存在感を発揮する。いや、ほんと大したもんだ。

でも、そういう芸達者な彼らだが、芸達者でありながら、なんのかんのいって、その役柄の幅は狭いような気がする。男の役柄としては、やはり「いい男」であり、職業としてはどうもサラリーマンよりも、自由人(といえば聞こえがいいが、カタギでない人というか)、まぁ、ホストやヤクザ役というのはあまりないような気がするが、長瀬と岡田が「タイガー&ドラゴン」で扮したような役柄は、或る意味、彼らベテラン・ジャニタレ役者の典型的に似合う役なのではなかろうか。その意味では、背広姿の公務員(刑事)をまったく無理なく演じられる井ノ原(「警視庁捜査一課9係」)は貴重な存在かもしれない。あ、TOKIOの山口はNHKのドラマでカタギの、銀行員だか公務員だかを演じていたっけなぁ(でも、それこそ大工とか、腕を要求される男っぷりのよい役をすりゃあいいのに)。はたまた、最近では太一くんが気のいい一児のパパにして妹思いのサラリーマン姿をCMで披露してくれてるけど、これまた無理がない。

芸達者なことでは、おそらくベテラン・ジャニタレ役者のなかでは最高峰であろうSMAP、彼らにも同様のことがいえる。カタギがはまるのは現在SMAP一の演技巧者と目される草彅剛だが、他のメンバーはやはり、どちらかというと、カタギでない、破天荒な役柄が多いような気がするが、どうだろうか。いや、カタギでないというよりも、日常的な役柄と、破天荒で非日常的な役柄という風に分けてみようか。で、日常的な役柄のほうが、演技力を要求されるんだろうと思う。だから、剛くんは、そういう役をこなすわけだから、大したものだという……。
香取慎吾で私が思い出すのは、昔々の「沙粧妙子-最後の事件-」でのシリアルキラー役、ああいうのを見るものにすんなり納得させられるのだから、このガキ、只者ではないなと思ったのを今も鮮烈に思い出す。ま、彼も比較的、役柄の幅の広いほうとは思うが、つよぽんのように演技力があるとか、なんでも受け付けられどんな人物の仮面でもかぶれるような素材だからというよりも、慎吾くんが演技に対して意欲旺盛で、どんな仕事でも受けるからのような気がする。

破天荒で非日常的な役柄を得意とするという点では、スーパースター・キムタクも同様だろう。ただ、慎吾くんのようなシリアルキラー、みたいなヤバい役というのはなかったと記憶しているが、彼の演じさせられる役は、夢のようなゴージャスで景気のいいスーパーな男ではなかろうか。レーサーだの、パイロットだの、美容師だの(あれは腕はいいが人気がないんだったか)、シャイなピアニストだの……で、「HERO」では検事という普通ならカタにはまった公務員を、破天荒に型破りな常識はずれな検事にしたんだよなぁ。まぁ、無論、面白くなかったとはいいません。ハイ。でも、演技者としては、まさに剛くんの真逆をいってるという印象があるなぁ。で、破天荒なほうが演じやすいって定説もあるし。地味な役を演じて魅力的にみせてこその演技力だ。

そんな演技の上ではスーパーな役柄を演じるキムタクをして、時代劇で割り振られた役は、藩主の毒見役という、さほど身分の高くない武士の役であったわけだ。

まぁ、ざっと見たかぎりで、そもそもジャニタレ役者に詳しくない私がいうことだから、ロクでもない話ではあるが、並み居る演技巧者をして、殿様が演じられるのはヒガシだけという気がするのである。

時代劇において、殿様が演じられるのは、実は案外限られている。演技力があって、キャリアが長くても、だからといって誰にでも殿様役がまわってくるとはいえないのである。そこには、オーラが求められる。殿様というポジションは、時代劇で主役を張るのとはまた別種のオーラが求められるのだ。だから、案外と、時代劇の主役を演じなれている人でも、イコール殿様役を務めているかというと、案外そうでもない。

例えば、必殺シリーズで人気を博し、日本人なら誰でも知っている中村主水こと藤田まこと氏、彼が殿様を演じているところを見たことがあるだろうか? いや、長いキャリアの藤田氏であるわけだから、演じていないとはいいきれない、いいきれないのだが、藤田まことといえば、「てなもんや三度笠」の、あんかけの時次郎であり、「必殺」の中村主水であり、はたまた最近では「剣客商売」の秋山小兵衛という具合で、時代劇の、江戸社会のヒエラルキーからしたら、けっして高い位置にあるとはいえない、市井の人物たちを演じているイメージがある。
最近「大奥」で家康やったけど、あれも、現在のキャリアと芸能界での地位声望があればこそだろう。

では、殿様といえば……例えば、里見浩太郎。彼は逆に、どんなに表向きは浪人であっても、実は江戸時代のヒエラルキーでいったら高位にあるものにつながる役を演じることのほうが実は多い。「松平長七郎」とかね。

殿様を演じるのにキャリアは関係ないという一番の事例は、「暴れん坊将軍」の松平健である。彼には一応、勝新太郎の後押しがあったとは思うのだけど、だけど、「暴れん坊将軍」の吉宗に彼が抜擢されたとき、え!全然知らない人が!と驚愕したことを今も懐かしく思い出す。で、こんな名も聞いたことない人で大丈夫かよ、と思ったことも。だけど、出来上がった映像のなかで、彼は見事に説得力をもって吉宗を演じ、視聴者を納得させてしまい、以来、人気のあるシリーズへと発展していったことは、周知のとおり。

あと、個人的に、この人は殿様役者だなぁと思うのは、若大将こと加山雄三である。
まあ、この人の場合、生まれも育ちも、デヴューしてからもずっと、いいからなぁ。大河ドラマの「翔ぶが如く」における島津のお殿様役は、まぁ、なんつうか、際立っていて、若き日の西郷隆盛の憧れの人ぉ~っ、つう感じがものすごく説得力あったのだよね、西郷が「この人のためにオイラがんばるっ」、でもって早死にして、心の中の永遠のイコンとなるというのが。

とまぁ、そういう具合に、時代劇における殿様役というのは、簡単に出来るものではないのだろうというのが、私の持論だ。誰にでもハマるのではなく、上で例に挙げた「翔ぶがごとく」における西郷隆盛と島津斉彬のように、ヒーローをその気にさせる男でなくてはならんのよね。西洋だと、騎士道精神を発揮する対象は高貴なる姫なんだけど、東洋だと「この人のためにはオレは死ねる」と思わせるのは、やはり男なのだ。おんなじことは任侠モノにもいえるのだけど、東洋的な君主と臣下の関係は、君主というものに、ただカリスマなだけでなく、何か清らかで聖なるものを要求する。(ヤクザもんだと、カリスマだけでいいんだろうな。)

で、それが出来るのは、今、ヒガシしかいないだろうということなのだ、多分。

並み居るベテラン・ジャニタレ役者は、まだまだ君主に侍る臣下側なのだ。

申し訳ないが、キムタクには、しばらく、その仮面はかぶれないだろう(彼には、慎吾くんの「西遊記」で妙に大物ぶった妖怪を演じるというのが実はあってるのかもしれない)。剛くんも、できるとすれば、筒井道隆がNHKで演じた「上杉鷹山」タイプの君主だろうなぁ(レムス君もいいかも、あ、時代劇じゃないか)。いや、彼が演じる犬公方なんかも見てみたいかも。え?もうやったって? おっと脱線脱線。

さて、記事にはこうある。

東山が演じるのは山下ら白虎隊士を率い、藩の存亡をかけた会津戦争を戦った松平容保。白虎隊士の一員と思って引き受けたという東山は、「“見た目”的には山下とそんなに変わらないと思っていたので、プロデューサーも勇気がありますね」と笑顔。

確かに見た目的には山下とかわらないと思う。だが、両者は全然違う。器だ。器が違うのだ。山下に藩主役が務まるか? うんにゃ、うんにゃ。プロデューサー誰だ、すばらしい目をしている。いや、どんな松平容保ができあがるであろうか。これは、ことによると、時代劇に久しく生まれなかった、新たな殿様役者の誕生をみることになるかもしれない。

で、続けて、ヒガシ主演の連続時代劇が生まれるかどうかは……神のみぞしるだな。

【追記】
ヒガシは昔、時代劇出てたことあったな。新撰組や、「遠山の金さん」での若手同心とか。で、そのものズバリ「若さま侍捕物帖」てのに、主演したこともあるのね。実際、大河ハープポーション、じゃなかった放映期間半年の「琉球の風」でも、主役だったし…あ、大事なもんを忘れていた。大河「元禄繚乱」で彼は、浅野内匠頭を演じたのだったわ!
やっぱ殿様役者じゃ~ん!

中村勘三郎45年ぶりに映画主演?

え? 45年ぶり…? あ、主演ね、主演……あ、そうか。
主演は確かに映画じゃしてないねぇ。

リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 中村勘三郎45年ぶり映画主演 - Infoseek ニュース.

歌舞伎俳優の中村勘三郎(51)が、61年の「アッちゃんのベビーギャング」以来、45年ぶりに映画主演することになった。抱腹絶倒の喜劇「やじきた道中 てれすこ」(監督・平山秀幸)で、盟友の柄本明(57)と丁々発止のやりとりを披露する。ヒロイン役は小泉今日子(40)。公開は来秋を予定している。

うわぁ…勘三郎に柄本! そこへキョンキョン。(てか、元祖コイズミといいたい)
これは見ごたえがありそうだ。配役だけで、もうそそられる♪

 

勘三郎はいつも以上のハイテンションだ。「いやあ、もう大変だよ。子供の時に撮った“アッちゃん”以来だもの。もう随分たつよね。あの時もここ(東宝撮影所)だった。隣のスタジオで、三船(敏郎)さんが“椿三十郎”を撮っててね、ゴジラもいたしさ。懐かしいっていうのかな、でも、いい意味で緊張してますよ」と話す。

勘三郎の、いつもの喋り口調を思い起こしながら読む……ホラ、脳内勘三郎が、キミのために喋ってくれるぞ……って、違う違う。
にしても、勘三郎の喋りはいつもハイテンション♪
しかし、かつては、隣で三船(それも「椿三十郎」)さらには「ゴジラ」……隔世の感なんてなもんじゃございませんな。


映画のベースは、日本国民なら知らない人はいない、弥次喜多珍道中。突っ込み役の弥次郎兵衛が勘三郎、ボケ役の喜多八が柄本だ。2人はこれまで「浅草パラダイス」など数々の舞台で共演しており「お互いに吐く息、吸う息すべてが分かるからね。なくてはならない仲ですよ」と、弥次喜多以上の名コンビぶり。スクリーンに花を添えるのは、勘三郎が「大ファンなんです」というキョンキョンだ。


 今回の映画の話は約5年前、柄本と下北沢で飲んでいる時に持ち上がった。「その時ちょうど平山監督が店に入ってきてね、“映画やりたいんですよ”って頼んだんだよ。弥次喜多なんかいいんじゃないですかって」。しかし、実現までに思わぬ邪魔?も入った。二男の中村七之助(23)とTOKIOの長瀬智也(27)が昨年、「真夜中の弥次さん喜多さん」で共演。「息子に先を越されちゃったんだよ。これはショックだったね。僕たちの方が先にやろうと思ってたんだから」と笑う。

あっはっはっ…! でも、勘三郎のダンナだって、アレ、お出になってるじゃありませんか。
ああ、でも、確かに、ただの「やじきた」じゃなかったしなぁ。ああなると、なんか面白いことしても、二番煎じな感じは否めないかも。う~ん、このあたり、さすがクドカンというべきであろうか?

でも、あれはあれ、若手のアヴァンギャルド、そして、こちらはこちらで、オトナの一癖もフタクセもある本格派を期待してしまうのだけどなぁ。

映画にはタイトルにもなった「てれすこ」をはじめ「お茶汲(く)み」、「浮き世床」、「たぬさい」などおなじみの落語ネタも取り入れられている。「まともに考えたら、そんなバカなっていう話だけど、でも、こんなギスギスした時代だから逆にいいと思う。笑えてほんわかする温かい感じが伝わればいい」。久々の正統派喜劇になりそうだ。

落語ネタ! あ、しかし、落語ネタもクドカンがまたまた長瀬クンとやっちゃってますけど…なんてヤボはいいっこなしだな。
いやぁ、これは、期待だ。楽しみに待っていよう。


« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »