2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 彼女がついに 藤原紀香の結婚 | トップページ | ジェイミー・オリヴァー、米国に物申す »

2006年11月16日 (木)

外苑の絵画館から…

なんか、最近、絵画に関するニュースも取り上げてますが、なんか、気になるときにはニュースが続くんだな、これが。

外苑の絵画館「隠し部屋」から壁画下図など2300点

明治天皇に関する壁画を常設展示する「明治神宮外苑・聖徳記念絵画館」(東京都新宿区)で昨年、それまで存在自体が知られていなかった二つの小部屋から、同館所蔵の壁画の下図など、大正初期から昭和初期にかけての資料約2300点が新たに見つかった。

ついこないだ英国王室の物置におきっぱなしになってた絵が、カラバッジオの真筆ということを取り上げたばかりですが、いやはや、なんというか、明治神宮外苑・聖徳記念絵画館に隠し部屋ですってぇ? なんともはや、そそられるじゃありませんか、ねえ!

昨年7月、資料整理をしていた男性職員が、1階の倉庫の奥に小さな木製の扉が二つあるのを見つけ、その先の正面玄関の階段下にあたる部分に、幅30メートル×奥行き1・5メートル、幅1・5メートル×奥行き6メートルの二つの部屋があることが分かった。室内からは、段ボール約80個分の資料が発見された。

しかし、わかんないもんなんですねえ。身近なところにあるミステリー……

にしても、明治神宮の関連施設から、大正・昭和にかけての資料がでてくる……これは、なんか、メッセージなんですかね?

靖国神社・幽愁遊蹴館もいいですけどね、明治神宮もいいもんですよ。ええ。←昔いったことのあるやつ。

« 彼女がついに 藤原紀香の結婚 | トップページ | ジェイミー・オリヴァー、米国に物申す »