2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« P.ジャクソン監督の降板にMGMが「待った!」 | トップページ | 萩尾望都「バルバラ異界」 日本SF大賞に »

2006年11月25日 (土)

次回「ハリポタ」あの彼女が楽しみ!

リンク: eiga.com [ニュース&噂]新キャラも要チェック!「ハリポタ」最新作の予告編が登場!.

シリーズ最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の予告編第1弾が公開された。11月17日に全米公開されたワーナー・ブラザースのアニメ「ハッピー・フィート」にあわせて登場したもので、オフィシャルサイトでも配信されている。今回の「不死鳥の騎士団」では、ヴォルデモート卿復活の事実を認めようとしない魔法省との対立が深まる中で、ヴォルデモートと対峙するハリーたちの姿が描かれる。予告編では、ハリーを監視する魔法省の役人ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)、シリウス・ブラックの従姉で死喰い人のべラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)といった新登場のキャラクターも確認できる。監督は、本作が長編映画デビューとなるイギリス人のデビット・イェーツ。07年7月13日全米公開で、日本でも07年7月に公開予定。

私にとって、「ハリポタ」は、そんなに絶対のお気に入りというものではない。ま、原作小説読んでみたら、これが、読み始めたら止まらないで寝ないで読んじゃったというのは、ここだけの秘密だが、だからといって、「ゲド戦記」や「闇の戦い」、「ブリジンガメンの魔法の宝石」といった、子どもの頃、心時めかせて読んだ諸作品ほどに心酔しているというわけではない。

で、映画にしても同じことで、とりたてて、そうスゴイと思ってみているわけではない。やはり、「指輪物語」の映像化ほどに心揺すぶられるということはない。

しかし、先だって、シリウス役にゲイリー・オールドマンが抜擢されたときには心震えたねえ。できることなら、ルーピン先生がティム・ロスだったらいうことなかったんだけど。

で、このたび、私は「ハリポタ」が映画化なって以来、もっとも心震わされている。
大いに期待に胸を高鳴らせている。

だって、ベラトリクッスを、ヘレナ・ボナム・カーターが演じるというんですもの!

いやぁ、これねえ、原作小説よんだよきに、パッとヘレナが思い浮かんだんだよ。それも「ファイト・クラブ」んときのヘレナ。間違っても「眺めのいい部屋」の彼女ではございません。

実を言えば、これまで、「ハリポタ」で勝手にキャスティングしていて、期待どおりだったことがなくてねえ。例えば、「秘密の部屋」のロックハート先生は絶対ヒュー・グラントだと思ってた。いやもう、絶対に。それが蓋を開けてみたら、ケネス・ブラナーで、いや、ケネスは名優だが、ロックハートではなかろうと。あれが一番残念だったかなぁ。
が、が、が、がっしかし! 今度こそ、映画の神は私に微笑んだっつう感じだね。なんか、すでに出回ってるベラトリックスに扮したヘレナの画像を見ると、いやぁ、これぞベラトリックスっつう感じですなぁ。
アズガバンの女囚姿はどんななんでしょう…うっうっうっ、楽しみ~。こんなに映画「ハリポタ」を楽しみに思うなんて初めてですわ、ほんと。

しかし……「不死鳥の騎士団」の予告編を見てまいりましたが、いやぁ、ダニエル君、そだっちゃったねえ……(汗)

« P.ジャクソン監督の降板にMGMが「待った!」 | トップページ | 萩尾望都「バルバラ異界」 日本SF大賞に »