2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「椿三十郎」45年ぶりリメーク、主演は織田裕二ィ? | トップページ | 米・宗教右派代表が同性愛で辞任? »

2006年11月 2日 (木)

ケヴィン・スペイシー、ケン・ラッセル作品に出演

シネマトゥディで見た話だけど、

ケヴィン・スペイシーが、ケン・ラッセル監督作品に出演するのだそうだ。
タイトルは「キングズX」(仮題)。
で、ロバート・カーライルと共演するのだそうだ。

ケヴィン・スペイシーとロバート・カーライル

うわお、アメリカのスマートな演劇人に、スコティッシュ役者の、ガチンコ勝負?

考えただけでホクホクしちゃうんだが、いやぁ、いろいろと興味深い。

まず、ケヴィン・スペイシーがイギリス映画に出るということ。いや、これって、舞台がイギリスかどうかはわからないけど、監督のケン・ラッセルがイギリス人でしょう? イギリス流監督術とかイギリス流撮影とか、そういうのが、多少ハリウッド流とは違うんじゃないかという気がして。で、もし、ケヴィンがイギリスに渡って、そちらで撮るのだとしたら、これまで、亜圧倒的に「イギリス→ハリウッド」だった流れに逆流するという面白いケースになるのじゃないかなと思って。

次に無論、ケン・ラッセル監督の名前を聞くのが久しぶりだなぁ、と。
いやぁ、この監督には一時期はまりましてねぇ。「ゴシック」!「サロメ」!そして「白蛇伝説」(ブレイク前のヒュー・グラントがいい味出してます)!ケン・ラッセルかデレク・ジャーマンかってくらいに…(って、それは違うと思うぞというツッコミが聞こえてくるようだ・苦笑)。でも、それらって重荷80年代であって、90年代になってからはあんまり監督作の話が日本には聞こえてこなくなったなぁと思っていたのですが……

で、最後にロバート・カーライル。いや、この方の名前を聞くのも久しぶりかな、と。
1996年「トレイン・スポッティング」で日本でもブレイクして、90年代の出演作が続々と日本でも公開され、007の悪役でハリウッドに出た1999年。あれよあれよというまにビックネームになったように思ってたのに、21世紀になってから私が聞いたのは「ケミカル51」ぐらい。はてどうしていたんだろう、と思っていたところだったので(てか日本でなぜか出演作が公開されなくなっただな、IMDbをみるとコンスタントに仕事してるものなぁ)、このニュースは嬉しい!
…って、ロバート・カーライル、「エラゴン」出るですか!…ジェレミー・アイアンズとか、ジョン・マルコヴィッチとか、意外な人がでるなぁ! こりゃ見ないわけにはいかなくなったわい…って、脱線脱線。

さて、さて、ケン・ラッセル監督のこの「キングズX」、ほかの出演者は、あのツィギーとか、レイ・ウィンストンの名前があがっているそうな。う~ん、イギリスだなぁ。レイ・ウィンストンだなんて、イギリスの良くも悪くもオヤジ役者ではないか。

やはり、舞台はイギリスなのだろうか。となるとケヴィンは「イギリスのアメリカ人」となるわけか?…似合う、と思ってしまったな。今、一瞬。

【追記】
さて、いろいろ回ってみたら、ケヴィン・スペイシーはイギリスのロンドンのオールド・ヴィック劇場の芸術監督に就任して以来、NYからロンドンに生活の拠点を移していたとのこと。それがいつの頃かは記載されてなかったが(2004年か?)、つまり、もうとっくにスペイシーさんは「イギリスのアメリカ人」になっていた、というオチ?

« 「椿三十郎」45年ぶりリメーク、主演は織田裕二ィ? | トップページ | 米・宗教右派代表が同性愛で辞任? »