2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「X-MEN」スピンオフ計画 | トップページ | 「カリブの海賊」はジョニデの専属になるんかいな »

2006年11月24日 (金)

トム・クルーズの新作決定

いやはや、先日、「プロデューサーとしては仕事があるが、俳優としての予定が真っ白ではどうするんだ」と嘆いてしまったトム・クルーズ、その懸案の次のお仕事が決まったようで。

リンク: eiga.com [ニュース&噂].

ユナイテッド・アーティスツと契約を交わしたトム・クルーズの新作が、ロバート・レッドフォード監督「Lions for Lambs」に決定した。これは、アメリカのアフガニスタン侵攻をめぐり3つのストーリーが絡み合う社会派作品で、トムはアメリカの政治家、メリル・ストリープがジャーナリスト、そして大学教授をレッドフォード監督自身が演じる。脚本を執筆したのは「NARC/ナーク」のジョー・カーナハン監督の弟マシュー・カーナハンで、トムとビジネスパートナーのポーラ・ワグナーがプロデュースを手がける。

「Lions for Lambs」、レッドフォードが監督するかもしれないってのは、ほんとにこれになったんですねえ。ふ~ん。ま、とりあえず、良かった良かった。まぁ、個人的には、あのハリウッドの大スタートム・クルーズが、結婚を機にプロデューサー業に専念、といったところで、別段いたくもかゆくもないんだが、ファンとしては胸をなでおろしているのではないかしら。

にしても、……トムが政治家。

上院議員だろうか、下院議員だろうか、それとも地方議会議員???あるいは大統領府スタッフ? まぁ、なんにしても、なんだか、ひっかかるね。

で、相変わらずレッドフォード御大は、監督しながら、ご自分も出ると。

« 「X-MEN」スピンオフ計画 | トップページ | 「カリブの海賊」はジョニデの専属になるんかいな »