2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アカデミー賞ドキュメンタリー部門の、エントリー作品発表 | トップページ | 大泉洋のセックススキャンダル??? »

2006年11月17日 (金)

ある21歳の死

スーパーモデル拒食症で死去(日刊スポーツ)

米国で活躍していたブラジル出身のスーパーモデル、アナ・キャロリーナ・レストンさん(21)が拒食症が原因で16日(日本時間17日)、サンパウロ市内の病院で死去した。死亡時は172センチ、39キロだった。レストンさんは13歳でモデルを始め、アルマーニなどトップブランドのショーに数多く出演していたが、食べては吐くことを繰り返す摂食障害になり、治療を続けていた。最近「やせすぎモデルは不健康」として、スペインのショーで、BMI(体重÷身長の2乗)が18以下のモデルが出演禁止になったこともあった。レストンさんのBMIは13・2しかなかった。

なんというかな……。
最初感じたのは、プロのモデルでも命を落とすのだから、ましてやシロウトの娘なんてひとたまりもないなというようなこと。

細くあらねばならないという強迫。そのすさまじさ。

たった21歳で…………

Reston3000_1 Ph2006111601395

ANA CAROLINA RESTON でGoogle Newsをサーチした結果。やはり、海外の方が関心高いんだなとわかる結果。にしても、摂食障害はアノレキシアということが一発で覚えられたぜ。

« アカデミー賞ドキュメンタリー部門の、エントリー作品発表 | トップページ | 大泉洋のセックススキャンダル??? »