2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「武士の一分」の初日は16万動員だそうだ | トップページ | Gackt流「謙信」お目見え »

2006年12月 3日 (日)

「デスノート」スピンオフ、主役は“L”

いや、なんか、決定が早いなって思って……


リンク: ニューストップ > 芸能 > 映画 > 今度の主役は“L”、映画・デスノート“外伝”上演決定! - Infoseek ニュース.

今度は「L」が主役-。映画「デスノート」のスピンオフ作品が製作されることが11月30日、決まった。6月公開の「デスノート」、公開中の「デスノート the last name」で俳優、松山ケンイチ(21)扮する謎の天才「L」が想像以上の人気キャラクターとなったため、原作にはないストーリーが掘り起こされることになった。平成20年公開の予定。

この次のパラグラフにも書いてあるけど、異例の速さで決まったけど、公開はまだちょっと先なんだねえ。平成20年、再来年か。

大人気映画の脇役が、前例のない早さで“独り立ち”を果たす。


 「デスノート」では、松山演じる「L」は藤原竜也(26)扮する主人公、夜神月(ライト)のライバル役。名前を書かれた相手が死ぬという不思議なノートを手に、世直しを目論む月と、月の犯行を暴こうとするLの壮絶な頭脳戦が話題を呼んだ。


 世界的に有名な天才探偵でありながら、奇妙な風貌というアンバランスなLのキャラクターが思わぬ大人気となり、難役に挑んだ松山も一気にブレークした。


 スピンオフ作品は、現在のところ、Lが主役ということ以外はすべて白紙の状態。タイトルも未定。「デスノート」以前のエピソードが中心になるとみられるが、月との絡みの有無などはすべて謎のままだ。


 松山は「前編、後編で自分なりにLという役をやり切ったと思っていたのですが、撮影から3カ月たち、まだ何かやれたのでは? という思いが沸いてきました」と再チャレンジへの意欲を見せている。


 来年のクランクインに向けて「次は主人公ということもあって、周りがプレッシャーをかけてくると思うので、それを思うと重圧を感じてしまいそうです」と気を引き締めている。


 原作漫画「DEATH NOTE」は累計2300万部の大ベストセラー。映画「デスノート」は興収28億5000万円に達し、ハリウッドを含む海外数十社からリメークのオファーが殺到している。11月に公開された後編「-the last name」は同40億円を突破するなどさらに勢いを増している。


 空前のデスノートブームが、公開中の映画の続編発表という異例の展開につながった。松山=Lがさらなる旋風を巻き起こすのか、大注目だ。

うん、ほんと大注目だ。
まぁ、ただ、正直いって、主演の藤原竜也は面白くなかろうな。

« 「武士の一分」の初日は16万動員だそうだ | トップページ | Gackt流「謙信」お目見え »