2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ガガが来た! | トップページ | 痴漢撃退にナノマシンはどうだろう »

2010年4月18日 (日)

ラース・フォン・トリアー監督の次回作に・・・

なにかと物議をかもす作風の、ラース・フォン・トリアー監督の次回作に、キルスティン・ダンストと、キーファー・サザーランドが出演するそうだ・・・

うつ病ぎみの鬼才ラース・フォン・トリアー監督の次回作にキルステン・ダンストとキーファー・サザーランドが出演(シネマトゥデイ)

[シネマトゥデイ映画ニュース] センセーショナルな映像で人間の本性を描く、デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督の次回作に、ハリウッドの人気俳優2人が出演することが明らかになった。

 ハリウッドニュースサイトDeadline Hollywoodのマイク・フレミングが伝えたところによると、キルステン・ダンストとキーファー・サザーランドの2人が、トリアー監督の次回作『メランコリア』(原題)へ出演するとのこと。大ヒット映画『スパイダーマン』シリーズでピーター・パーカーの恋人MJを演じてきたキルステンと、人気テレビシリーズ「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役で知られるキーファーが、独特な手法のトリアー監督映画へ出演するのは大変興味深い顔合わせといえるだろう。

 本作は、心理的破局を描いたSF的傾向の映画と発表されているが、詳細はまったく不明で、タイトルになっているMelancholia(うつ病)とSF映画がどのように結びつくのかまったくもって謎である。昨年のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された、トリアー監督の映画『アンチキリスト』(原題)で主演を務めたシャルロット・ゲンズブールも再び出演し、トリアー監督常連のステラン・スカルスガルドとウド・キア、ステランの息子であるアレキサンダー・スカルスガルド、シャーロット・ランプリングも出演する。

 キルステンが演じるヒロイン役は、当初、ペネロペ・クルスが候補だったが、大ヒットシリーズ4作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/オン・ストレンジャー・タイズ』(原題)にペネロペが出演するために、キルステンが演じることになった。

 ラース・フォン・トリアー監督は激しいうつ病にかかり、映画制作が不可能な状態になっていると語っていたが『アンチキリスト』をどうにか作り上げ、克服に向けて努力をしていた。

いやぁ・・・@@;知らなかった。トリアー監督って、うつ病ぎみなんだ@@;
しかし、うつ病ぎみでありながら、あんなに出演者を、あんなにしたり、こんなにしたり・・・い・いや・鬼才だ、こまかいことはいわんとこう(><;

にしても、トリアー作品にキルスティン・ダンストとは・・・背伸びするもんだねえ(・∀・)ニヤニヤ
ヒット作から、文芸作・芸術作・問題作へと出演の幅を伸ばしたいって了見か? しかし・・・出演者をとことん責めさいなむトリアー作品に彼女が耐えられるだろうか? キーファーはねえ、いろいろ浮沈があって今がある人だから、きっと大丈夫って気がするが。

そして、常連出演者、ステラン・スカルスガルドに、ウド・キアー。レディー・ガガの「パパラッチ」に出てたアレクサンダー・スカルスガルドって、ステランの息子だったのかw

さらにシャーロット・ランプリングかぁ・・・こういう人たちなら、ナルホド納得なのだが、ほんとにキルスティンちゃん、大丈夫だろうか・・・(゚ー゚;

まぁ、決めた以上は、やり通すしかあるまい。「終わらない撮影はない」がんばれキルスティンちゃん

« ガガが来た! | トップページ | 痴漢撃退にナノマシンはどうだろう »