2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 和製アイアンマン第一位に輝いたのは誰・・・? | トップページ | サンドラ・ブロック、ラジー賞のトロフィー、誤って持ち帰る・・? »

2010年4月22日 (木)

ゆれるボンドゆれる007

MGMが業績不振により、「007」シリーズ次回作が無期限製作延期になってしまったという話は、お金のシビアさは、ハリウッドきっての名物シリーズでさえも敵わないのかと、切ない思いをさせられた一件だったが、

なんだか、妙な続報が入ってきた。

無期限延期の「007」シリーズ、ボンド役にサム・ワーシントンが浮上!(シネマトゥデイ)

人気シリーズ『007』の第23作目が映画スタジオMGMの存続の危機で製作延期となる中、映画『アバター』で注目された俳優、サム・ワーシントンが、次期ジェームズ・ボンドに抜てきされるのでは、と憶測が広まっている。

 BBCオンラインによると、延期となってしまった第23作目では前2作に引き続きダニエル・クレイグがボンドを演じることに決まっていたが、製作の無期限延期を受けキャスティングも不確実に。ダニエルはスタジオ存続危機のニュースを受け、「できるだけ早く企画が再スタートすると信じている」と語っているが、いつ復活するかわからない企画だけに、先行きは不透明だ。そんな中、『アバター』で存在感をあらわし現在は映画『タイタンの戦い』で主演を務めているサムが、ボンド役のスクリーン・テストを受けた。サムは21作目の『007/カジノ・ロワイヤル』でもスクリーン・テストを受けており、未来のジェームズ・ボンドとなる可能性は少なくない。

要するに・・・これって・・・製作費をおさえるために、ギャラがはねあがってしまったのであろうダニエル・クレイグにかわって、まだまだ出演料がやすいのであろうサム・ワーシントンにかえようと、そういうこと?

それだけ、サム・ワーシントンの俳優としてのお値段が安いことの証明のような気がするが、仮にもハリウッド映画界の屈指の名看板「007」ことジェームズ・ボンドの価値を貶めるような気もまたする。

いいのか?そんなことで>ハリウッド?

とにかくがんばれMGM!

« 和製アイアンマン第一位に輝いたのは誰・・・? | トップページ | サンドラ・ブロック、ラジー賞のトロフィー、誤って持ち帰る・・? »