2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月27日 (金)

今敏監督 やすらかに・・・

ショックである。

今敏監督が死んだ・・・

あまりのことに、どう言っていいものかわからない。

若すぎる。惜しい。これほどの才能を我々から奪い去るなんて神よ!なんて殺生な!・・・ああ、なんだか、言葉にすれば、自分の思いが陳腐なのを思い知らされるばかりだ。

・・・間違いなく、この人は
日本のアニメーションの一画を切り開くパイオニアであり、
何よりも、唯一無二の世界を描き出し、それを私たちに見せてくれるアーティストであった。
本当に、希少な・・・かけがえのない宝だった。

それが喪われてしまった・・・

ご冥福をお祈りします。

これは非難にあたるのだろうか・・・

先にフィリピンでおきたバスジャック事件では、香港からの観光客が巻き込まれ犠牲になったという。大変に傷ましい事件であり、同情を禁じえない。この夏は、日本人観光客も、各地で事故にあっているが、事故ではなく、あきらかな事件であれば、遺族・同胞の衝撃は、さらに強くなるというものである。それは、わかる。

が、しかし、この件についてジャッキー・チェンがつぶやいたことを捕まえて、香港市民が眦を吊り上げているとしたら、それは些か行過ぎなのではなかろうか・・・

ジャッキー・チェンは「香港の恥」!「バスジャック事件」で警察支持に怒り―香港

2010年8月25日、このほどフィリピンで発生したバスジャック事件について、ジャッキー・チェンの発表したコメントに香港市民からの非難が集中している。聯合報が伝えた。

今月23日にフィリピンの首都マニラで発生したバスジャック事件は、香港から来た中国人乗客8人が死亡する大惨事に。地元警察の対応のまずさや遅れに国際社会から非難が突きつけられる中、ジャッキー・チェンが自身のツイッターで「香港は多民族の住む街。心配しないで、僕らは恨まないから」と、フィリピン警察を支持するようなコメントを書き込み、香港市民からの非難が集中している。

さらに事件について、「加害者をすぐ殺せば“なぜ話し合いをしなかった?”と非難され、話し合いを先にすれば“なぜさっさと殺さなかった?”と非難されるはず」と、警察の判断について言及。これについてフィリピンの大統領報道担当官、エドウィン・ラシエルダ氏も、「ジャッキー、ありがとう。香港市民があなたのように友好的な手を差し伸べてくれるよう望む」と、ジャッキーへの感謝コメントを公開している。

香港や中国のネット上では、ジャッキーの友好的“失言”について、「香港人の恥」「自分が香港代表のつもりか」「冷血漢」「被害者と代わらせたい」と、激怒コメントが続出して大荒れ状態。これについてジャッキーも個人事務所を通じてコメントを発表し、「“世界平和”の思いを示しただけ。自分の信念に忠実に従いたい」と、あくまで失言を認めない姿勢を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)

う~ん・・・正直いって、温情派であるというだけで、そんな非難に当たらないような気がするのだが・・・

以前、香港人でありながら、あまりに中国当局に理解を示しすぎるコメントを出したことで、ギョギョギョとさせられたことはあるが・・・この件に関しては、こういう穏当なコメントだってないと、被害者感情むき出しにしていては、収まるものも収まらない。

まぁ、確かに、フィリピンの警察の事件にあたっての手法は、適切だったのか。本当に被害をこんなにも大きくするしかなかったのか。そこのあたりを厳しくみなければ、ジャッキーの発言は、ただ単に「大いなる甘ちゃん」にしかならないとは思うのだけど。

2010年8月24日 (火)

一般・・・?

織田裕二が電撃結婚をしたということで、若干話題になっているようだが、

このお相手が一般女性だという。

はてさて、あの織田裕二は、一般女性とお知り合いになるという機会があったのか、などという勘ぐりはさておき、気になったのは、

最近、芸能人の結婚ニュースで、よく出るようになった、「お相手は一般の人」という、
この「一般」なる言葉である。

つらつら考えるに、この「一般」なる言葉に一番近いのは、

特撮作品に、非特撮系俳優が出演しているとき、その非特撮系俳優をさして「一般俳優」などといったりすることがあるのだが、それかなあ・・・と。

例えば、「GARO<牙狼>」。あの作品の、毎回のゲスト俳優が、まさにそうだった・・・。
(GAROについて語りだすと長くなるので自主規制)

まぁ、とにかく、独特なニュアンスをもった、使いまわしだよね、この「一般」て。

2010年8月11日 (水)

儀軌とな?

今年も、夏がやってきた・・・
夏といえば、甲子園、そして戦争・・・なのであるが、
今年は聞きなれない単語が飛び出した。

「朝鮮王朝儀軌」である(朝鮮王室儀軌とも)

歴史は趣味だが、恥ずかしながら、耳にしたのもお初なら
そういうものが日本にあったことも、
韓国がその返還を求めていたことも、初めて知った。

「お渡し」という玉虫色の表現であって、返還なのかどうかハッキリしないらしいが
それでも、ちょっと右翼がかってる人たちは、このやり方が気に入らないらしく
また、管さんは、アレコレこれをネタに攻撃されちゃうんだろう・・・

(しかし、こういうときになるとアベちゃんにコメントもとめるマスコミってなんなの・・・)

ところで、この問題の「儀軌」、日本だけが持っていたのかといえばさにあらず
フランスも結構保持しているらしい。そして外交のときに返還をチラつかしたりするのだそうだ。
さすが、外交のヨーロッパ戦線でもまれたフランス、やり方がすごい(´▽`;)

個人的に、こういうものをお返しするのは、いいんじゃないかという気がする。
一国に対して、その国に厚遇や信頼を示すのに、うってつけのやり方という気がするのだ。

それと、アジアにおいては、この手の文書はただ歴史的資料というのではない認識があったような気がしている。

例えば、中国において、前王朝の歴史(公の通史)は、その後、中国全土を支配した王朝が著すことになっている。それを著すのが、支配者の特権であるだけでなく、支配者であることの証明なのだ。
ところが、たしか、清時代の通史はまだ著されてなかったように思う。その意味で、中華民国と、中華人民共和国では、どちらが正統であるか決していないのである。
もちろん、「そんなこといったって、現実に支配してんの、中華人民共和国じゃんw」て見方が大勢を占めるのは知っている・・・

さて、今回の「儀軌」が、前王朝の単なる歴史資料ではなく、前王朝のれっきとした記録であり、それを保持することが、現半島支配者の資格に通じるとするならば・・・今回の日本の処置は、半島に並立する北と南のふたつの政権のうち、若干、南に対して、東アジア的政治文化の意味合いで、前王朝から続く正統なる後継者という風に、箔付けしたことになるのかもしれない。

「そんなこといったって、ただの歴史資料じゃんw」としか思わない人には、どうってことない話なのであるがががw

2010年8月10日 (火)

松田賢二、熱愛?!

いやはや、芸能ニュースみて、ビックリである。

ザンキ兄貴こと・松田賢二氏が、なんと、辺見えみりのお相手として報道されている@@;

辺見えみり半同居状態 お相手は松田賢二

タレント辺見えみり(33)が俳優松田賢二(38)と交際していると、10日発売の女性週刊誌「週刊女性」が報じている。「仮面ライダー響鬼」で知名度を上げた松田とは、5月の舞台「罠」で共演し意気投合。辺見の自宅マンションで半同居状態中だという。辺見の所属事務所も「仲良くさせていただいているとは聞いています。もう大人の女性ですから、本人に任せています」とコメント。辺見は、08年4月にお笑い芸人木村祐一(47)と離婚した。

ううむ。ザンキ兄貴が、キム兄ぃの、穴兄弟となってしまったのか・・・

まっ、アタシったらナンテことっ (/ω\)ハズカシーィ

でも、そういえば、数日前に「松田賢二 熱愛」で検索かかってたなあ・・・まさか、相手が、辺見えみりさんとは思わなかったがw

と、思ったら続報がw

熱愛発覚の辺見えみり、ブログで「温かく見守って」

10日発売の『週刊女性』で既に半同棲状態だと熱愛が報じられたタレント・辺見えみり(33)と、テレビ朝日系『仮面ライダー響鬼』のザンキ役などで知られる俳優・松田賢二(38)が同日午後、それぞれブログで「この度は、お騒がせしてすいません」(辺見)、「お騒がせしました」(松田)と謝罪。共に報道を否定せず、辺見は「温かく見守ってください」と事実上交際を認めた。

いや、もう、お互い三十路越えた同士なんですから、そりゃ、もう自己責任をもってご自由にというしかありませんわなw
互いにブログ上でコメントということは、まぁ、潔いと思うし。
ただ、個人的には、松田さんには、役者としてもっと注目されてほしいって思ってるので、こういう「辺見えみりの、相手」みたいな扱いは、ちと複雑である。

2010年8月 1日 (日)

壇れい「もうテレビ出ない」宣言?

いや、別に、それでやっていけるなら、それでいいんじゃないの、とほって置きたい程度の話なのだけど・・・

なんとも残念!!オジサンのアイドル壇レイ「もうテレビに出ない」宣言(ゲンダイネット

●「金麦」のCMは相変わらず人気だけど

「もう二度とテレビドラマには出ない」。サントリー「金麦」のCMで中高年に人気の檀れい(38)が、テレビと“決別宣言”――。そんな残念な情報が伝わってきた。

発端は檀が今年3月から連続ドラマ初主演を務めたNHKの「八日目の蝉」。原作は角田光代の同名小説で、檀が演じたのは他人の子供を誘拐した逃亡犯。赤ん坊に惜しみない愛情を注ぐ檀の演技が好評だった。

 しかし、制作現場は緊迫したムードに包まれっぱなしだったという。理由は制作サイドと檀の意見の食い違い。

「制作側が考えていた檀の役柄は、“ウソを塗り重ねながら逃亡を続ける、したたかな悪女”。イメージしたのは若い頃の桃井かおりや大竹しのぶです。ところが、実際に檀が演じたのは憐憫(れんびん)をそそる悲劇のヒロインでした。ディレクターはそのつど“そうじゃない”とニュアンスの違いを檀に伝えていた。それに檀はずっと耐えていたようです。しかし、終盤でついにプッツンし、クランクアップ後、“もう連ドラには出ません!”と言い放ったのです」(マスコミ関係者)

 

この記事の中で、ちょっと気になったのが、この「八日目の蝉」の話。

このドラマを見ていない自分には語る資格はないのだけど(原作も読んでないw)、概ね、その評価は、「誘拐犯なんだけど、子供に愛情を注ぐ女」というものだったように思う。ドラマの方向も、許されないことをしてるんだけど、でも子供に対して愛情はある女性という、アンビバレンツなものをめぐって展開していったように見受けた。

だが、制作サイドがイメージしていたのは、「したたかな悪女」だったという。

??である。

とすれば、これは、制作者サイドの意向をも無視し、自らの解釈とイメージを優先したひとりの女優の甚大な勝利ということにならないのだろうか??

檀は人一倍こだわりの強い女優として知られる。昨年、本番約1週間前に鉄欠乏性貧血発症で降板した舞台「ゼブラ」の稽古では、演出側と檀の意見がぶつかり、結局、台本が書き換えられたと報じられた。大物ぶった勘違いと見る向きもあるが、今回も檀には我慢の限界だったのだろう。

 それにしても、檀が本当に今後一切ドラマに出ないとしたらファンにとっては残念な限り。バラエティーに出ない檀を見るチャンスはCM以外では映画、舞台だけになったが、しばらく映画も舞台も出演の予定はない。しかも、こんな状況では「金麦」のCMだっていつまで続くか分からない。ファンのためにも発言を撤回してほしいものだが。

それにしても・・・いろいろと腑に落ちない話である。

例えば、NHKが意図していたのは、ほんとうに「したたかな悪女」であったのだろうか。もし、そういうヒロインのもとドラマが展開していたのなら、一体どんな仕上がりになっていたのだろうか・・・
だが、丁度、時を同じくして、民放でも虐待児童を救うため誘拐という非常手段をとった女の物語が放映されていた(「MOTHER」)。それを考えると、壇が導き出した方向性というのは、虐待が席巻する昨今、なにか時代というか社会というか大衆というか、なにかが求めている物語性だったような気がしなくもない。

そしてまた

あのドラマつくりも民放に比べ、じっくり手をかけているというNHKすら気に入らないのでは、こだわりの強い女優に、許容できる現場などないような気がするのだが・・・

追記

いま、ブログ検索で、ドラマ「八日目の蝉」の評判を、ざ~っくり眺めて回ったのだけど(こういうとき、ブログ検索っていいね~♪)、大変好意的で、感動した!という声に満ち満ちている。
発端は不倫の復讐である誘拐なのに、母性愛は成立するのか?というアンビバレンツなテーゼは、完全に視聴者の心を捉えて、感動を生んだといえるのではなかろうか。

改めて、謎に思う。ほんとうにNHK制作サイドがもくろんでいたヒロイン像は「したたかな悪女」であったのか?

そして、それが本当だとしたら、そんな制作サイドとの齟齬をものともせず「キレイすぎるくらいきれいに描かれている」という感想さえ飛び出すほどのヒロイン像を視聴者に刻みつけた壇れい・・・

やっぱ、すげえ?

再追記

ところで、「宇宙犬作戦」の、美しすぎる大統領って、壇れいだったのね・・・
あ~ゆう作品にも出ることもあるのね~・・・・・・・

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »