2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ウェズリー・スナイプス、刑務所いり? | トップページ | 松田賢二、熱愛?! »

2010年8月 1日 (日)

壇れい「もうテレビ出ない」宣言?

いや、別に、それでやっていけるなら、それでいいんじゃないの、とほって置きたい程度の話なのだけど・・・

なんとも残念!!オジサンのアイドル壇レイ「もうテレビに出ない」宣言(ゲンダイネット

●「金麦」のCMは相変わらず人気だけど

「もう二度とテレビドラマには出ない」。サントリー「金麦」のCMで中高年に人気の檀れい(38)が、テレビと“決別宣言”――。そんな残念な情報が伝わってきた。

発端は檀が今年3月から連続ドラマ初主演を務めたNHKの「八日目の蝉」。原作は角田光代の同名小説で、檀が演じたのは他人の子供を誘拐した逃亡犯。赤ん坊に惜しみない愛情を注ぐ檀の演技が好評だった。

 しかし、制作現場は緊迫したムードに包まれっぱなしだったという。理由は制作サイドと檀の意見の食い違い。

「制作側が考えていた檀の役柄は、“ウソを塗り重ねながら逃亡を続ける、したたかな悪女”。イメージしたのは若い頃の桃井かおりや大竹しのぶです。ところが、実際に檀が演じたのは憐憫(れんびん)をそそる悲劇のヒロインでした。ディレクターはそのつど“そうじゃない”とニュアンスの違いを檀に伝えていた。それに檀はずっと耐えていたようです。しかし、終盤でついにプッツンし、クランクアップ後、“もう連ドラには出ません!”と言い放ったのです」(マスコミ関係者)

 

この記事の中で、ちょっと気になったのが、この「八日目の蝉」の話。

このドラマを見ていない自分には語る資格はないのだけど(原作も読んでないw)、概ね、その評価は、「誘拐犯なんだけど、子供に愛情を注ぐ女」というものだったように思う。ドラマの方向も、許されないことをしてるんだけど、でも子供に対して愛情はある女性という、アンビバレンツなものをめぐって展開していったように見受けた。

だが、制作サイドがイメージしていたのは、「したたかな悪女」だったという。

??である。

とすれば、これは、制作者サイドの意向をも無視し、自らの解釈とイメージを優先したひとりの女優の甚大な勝利ということにならないのだろうか??

檀は人一倍こだわりの強い女優として知られる。昨年、本番約1週間前に鉄欠乏性貧血発症で降板した舞台「ゼブラ」の稽古では、演出側と檀の意見がぶつかり、結局、台本が書き換えられたと報じられた。大物ぶった勘違いと見る向きもあるが、今回も檀には我慢の限界だったのだろう。

 それにしても、檀が本当に今後一切ドラマに出ないとしたらファンにとっては残念な限り。バラエティーに出ない檀を見るチャンスはCM以外では映画、舞台だけになったが、しばらく映画も舞台も出演の予定はない。しかも、こんな状況では「金麦」のCMだっていつまで続くか分からない。ファンのためにも発言を撤回してほしいものだが。

それにしても・・・いろいろと腑に落ちない話である。

例えば、NHKが意図していたのは、ほんとうに「したたかな悪女」であったのだろうか。もし、そういうヒロインのもとドラマが展開していたのなら、一体どんな仕上がりになっていたのだろうか・・・
だが、丁度、時を同じくして、民放でも虐待児童を救うため誘拐という非常手段をとった女の物語が放映されていた(「MOTHER」)。それを考えると、壇が導き出した方向性というのは、虐待が席巻する昨今、なにか時代というか社会というか大衆というか、なにかが求めている物語性だったような気がしなくもない。

そしてまた

あのドラマつくりも民放に比べ、じっくり手をかけているというNHKすら気に入らないのでは、こだわりの強い女優に、許容できる現場などないような気がするのだが・・・

追記

いま、ブログ検索で、ドラマ「八日目の蝉」の評判を、ざ~っくり眺めて回ったのだけど(こういうとき、ブログ検索っていいね~♪)、大変好意的で、感動した!という声に満ち満ちている。
発端は不倫の復讐である誘拐なのに、母性愛は成立するのか?というアンビバレンツなテーゼは、完全に視聴者の心を捉えて、感動を生んだといえるのではなかろうか。

改めて、謎に思う。ほんとうにNHK制作サイドがもくろんでいたヒロイン像は「したたかな悪女」であったのか?

そして、それが本当だとしたら、そんな制作サイドとの齟齬をものともせず「キレイすぎるくらいきれいに描かれている」という感想さえ飛び出すほどのヒロイン像を視聴者に刻みつけた壇れい・・・

やっぱ、すげえ?

再追記

ところで、「宇宙犬作戦」の、美しすぎる大統領って、壇れいだったのね・・・
あ~ゆう作品にも出ることもあるのね~・・・・・・・

« ウェズリー・スナイプス、刑務所いり? | トップページ | 松田賢二、熱愛?! »