2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 赤十字の偽サイト | トップページ | 栗本薫を偲びつつ(1) »

2011年3月19日 (土)

中国の日本忌避が始まってるなあ

放射線量が高いといって、中国が日本の航空貨物の着陸を断ったそうな。

「放射線量高い」中国、全日空機貨物降ろさせず (読売新聞)

日本から出発する航空機への過剰な反応も出ている。国交省や全日本空輸によると、16日に成田空港を出発した全日空の貨物機が、到着地の中国・大連空港の係員に、積み荷の放射線量が中国の規定値を超えていると指摘され、荷物を降ろさずに帰国した。同社は、中国側に規定値や検知した放射線量を問い合わせたが、回答はないという。

困ったもんだなあ、と思う。

中国は、仮にも4大文明のひとつであり、世界でも稀に見る歴史あるエリアであり
もちろん、その文明の所産は、日本も過去ながきにわたって恩恵を受けている。
にもかかわらず、現代中国は、その過去の文明の蓄積たる英知を失ったかのように

思慮が足りない。

まるで子供の「エンガチョw」みたいな反応だ。先進国としてふさわしい振る舞いではない。

私個人は、過去の歴史と文明をかんがみ、中国を尊敬しているが
しかし、現代中国は、やはり、ちょっと、と眉をひそめたくなる。

にしても、今度の大震災の放射能問題で、中国が日本を忌避するようになったなら
昨今、話題にあがるようになった、中国資産による日本の山林(水源地)買収問題、
これが減速、あるいは頓挫する可能性もあるかもしれない。

« 赤十字の偽サイト | トップページ | 栗本薫を偲びつつ(1) »