2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 栗本薫を偲びつつ(2) | トップページ | NHKスペシャル新シリーズ「未解決事件」 開幕 »

2011年7月24日 (日)

栗本薫を偲びつつ(3)

伊集院大介シリーズ第13弾「陽気な幽霊~伊集院大介の観光案内」は、
正直、藤島樹登場作のあとだけに、イマイチであった^^;

いや、それでも、あの駄作「真夜中のユニコーン」に比べれば、たいしたことはないっ
まだまだ読める域である^^;

とはいうものの、文庫版あとがきで作者当人がいってるように
本来、書こうと思って書いたものではなく、ごくごくライトだ。
とはいえ、チープというほどひどくはないかもしれないが、
う~ん。やはり物足りない感は否めない。

本作の目玉は、なんといっても、伊庭緑郎。
いや~、この人も、久しぶりの登場だ。
最後に出たのはいつだったのだろうか?ゾディアックの頃?それ以後の短編集には出てきただろうか?とにかく、ものすごく久しぶりなのは事実で、さらに付け加えれば、
現在の後期伊集院シリーズにおいては、ものすごく浮いている・・・

なにか物足りなさはあるにしても、ミステリツアーについて終始批判で、事件というものを軽々しく扱う気になれないという大介の、探偵としての矜持というか、一本気さが、文字通り作品を支えているので、それなりに認める気になるのである。

しかし、本作に登場する、霊感デブ青年、あの描き方に読みながら少々ギョっとさせられた。霊能力者というのが栗本作品に登場したことがあったろうか・・・ファンタジーの《グイン》シリーズ以外で、あまり思い出せないのだけど(占い師は現代モノにも登場したような気がするが)、あらゆるジャンルをモノするといわれたデヴューまもない頃でも、いわゆる心霊モノは栗本作品にはなかったような気がする。栗本ホラーは読んだことがないのだけど、そちらでは心霊モノというものがあるのだろうか(むしろ、ディスコミニケーション系の壊れた人系の恐怖という予想をしているのだけど)。とにかく、あのデブ霊感青年、もしかして、栗本御大の霊能力者(あるいはソッチ系のひと)についての印象・評価だったりして。

さて、続くシリーズ第14作「女郎蜘蛛~伊集院大介と幻の友禅」。
これについては、私は大満足である。

導入部からして、ひさびさに、グイグイとのめり込んだ栗本作品である!

正直、《謎の女》の描写に終始して、事件そのものは、あれ?という気がしないでもないのだけど^^;
いやいや、この《謎の女》がいい!
いまどき、こんな女いないよ、とか、こんなの流行らないよ、とか、そういう向きもあろう!

確かにそのとおりだ!(爆)

だが、この日本という国には、伝統とかいう美称のもとに、包み隠されてる闇があるのは事実だ。その闇が、いまだに、様々なジャンルの描き手の創作意欲を刺激し、噴出するものだ。

私は、今回の「女郎蜘蛛」では、栗本の趣味、というか嗜好が、実にいい塩梅に燃え上がったと感じている。
かつて、彼女は、おのが趣味嗜好の命ずるがままに、作品をつづり、それがもとで転落した・・・あの迷作「魔都」と、その後の栗本を私はそう見ている。あれは、「魔都」という話は、あまりに趣味に走りすぎた。

「魔都」が、せめてこの「女郎蜘蛛」ほどに、抑制が利いて描かれていたのなら・・・栗本薫の作家生涯は、かなり違ったものになっていたに違いない。

まぁ、そんなヨタはさておき、この話、私は大いに楽しめた。そして、残念である。友納比紗子は、ライトな作品が続いた後期伊集院シリーズに登場した、ひさびさの悪のキャラクターであった。怪盗シリウス以後、なかなか大介の好敵手ともいうキャラは登場しなかった。それも、仕方のないなりゆきだったかもしれない。世はすでに、ホームズとモリアーティなどという対局の望めるものではなかったし、そもそも古きよき名探偵すら成立が難しいほどだ。もちろん、そんな現代でも、現代ならではのホームズ、現代ならではのモリアーティを創出せんと努力する作家たちはいるし、実際、感動させられる傑作も出ている。だが、おのが信条、おのが趣味嗜好を至高とする栗本御大は、そのような努力はなさらない。だが

この比紗子という女は・・・現代性と、御大の趣味嗜好とが、見事につりあい、成立している。

実を言えば、わたしは「怪盗シリウス」という、その名が気に入らなかった。なんか、シリウスってもうね~、恥ずかしくってね~w、コナン君の世界ならともかくさ。それと、悪をなすために犯罪をなす、というのも。そういうのも、なんか、リアルじゃなくってさ~。

まぁ、一つだけ、やれやれ^^;という点を上げさせてもらうと、いくら美しいからって、こんな女では、政治家の妻は務まらないだろう^^;。まぁ、政界を引退して、いまは政財界ににらみを利かすフィクサー、ぐらいにしておけば、まだよかったかもしれないが^^;

この作品のなかで、大介は彼女の犯罪を見事解き明かしておきながら、しかし、彼女をお縄にすることができなかった。
となると・・・ことによると、比紗子との再戦、再々戦がありえたかもしれないのだ。

そういえば、彼女が、なぜ片足を不自由にしているのか、そのあたりの事情は本作では明らかにされなかった。自分で書いてて、忘れてしまっただけかもしれないし、あるいは、後々の続編ででも書くつもりだったのかもしれない・・・

とにかく、この女、異形である。片足は不自由で、年齢不詳、着物を着て佇めば、どんな女がいても翳んでしまうという美女だが、その肉の内側には、どんな腐肉よりもおぞましいものがつまっている・・・

こんな存在は、物語の中にしか成立しようがない。

惜しいことだ。ことによると、彼女は、伊集院大介にとっての黒蜥蜴だったのかもしれない。そして、後期伊集院の白眉を飾るものとして、かつての天狼星のように、彼女との戦いの物語が、続いたかもしれないのに。それは、もう、望むべくもない。

« 栗本薫を偲びつつ(2) | トップページ | NHKスペシャル新シリーズ「未解決事件」 開幕 »