2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 今更いっても詮無いが | トップページ | 「ヱヴァ 破」を観た »

2011年8月25日 (木)

芸能界というコップの中の嵐~紳助引退騒動

これは、ニッポン芸能界村の大ニュースなのだなあ・・・そう思った。

ある大物芸能人が引退を表明した。島田紳助である。

漫才師として一斉風靡してのち、政治討論番組の司会すら務めるなどマルチな活躍をし、いちタレントの枠をこえ、プロデューサー的辣腕を振るい、多くのタレントから慕われるのみならず、タレント以外にもさまざまな事業にて成功を収めているという、こうしてみても、ひとりの男として、まことにキラキラしい業績であるなあと、感心させられる。そのスタートがヤンキーあがりの芸人であったなど、にわかには信じられぬ、《現代の偉人》ぶりである。

しかし、その、稀に見る成功者が、突如、引退を表明する。原因は、つきつめれば、暴力団とのつながり、であるようだ。

マンガ「電波の城」で、ちょうど、テレビ界の問題に、ヤクザがのりだして解決させるというくだりがあった。なんとなく、マンガのなかで、ヤクザ同士が、当事者にかわって、問題解決に「話し合っている」場が、脳裏に浮かんだ。成功者であればこそ、紳助もまた、ああした解決に頼らざるを得なかったのだろうか・・・

が、しかし、時代は、もはや、そうした黒い解決策を、是とはしないのである。

まぁ、それはそれとして、

紳助の問題は、芸能界を支える大黒柱の一本が、突然、なくなったかのようなものだろう。その衝撃のほどは、わかる。わかるが、お茶の間にいてテレビを眺めている自分としては、そんなに重大事とは思えないのである。

紳助が引退を表明した夜は、ちょうど民主党の次期党首候補に、前原氏が立候補するのが濃厚と報じられた夜でもあった。

翌日、新聞の一面こそは、前原氏であったが、テレビは圧倒的に紳助に時間をかけている。

まぁ、仕方ないんだろうなあと思う。最初にいったとおり、これはニッポン芸能界村の大ニュースであり、テレビとしては、ニッポン永田町のニュースよりも、大事だろうからだ。

つまり、テレビにとって、政治よりも、紳助のほうが、自分たちに密接であるのだということ。

フジテレビ韓流問題に際して、「新聞社・報道者が、テレビ媒体も握ってることが問題だ」といった人がいたが、テレビ媒体は、新聞社よりも、芸能界のほうに密接な関係があるのかもしれないと、今回の一件で思わされたのであった。

そんななか、

そこまで騒ぐことなのか?島田紳助引退から1日、枝野官房長官にまで質問およびうんざりの声が噴出(シネマトゥデイ)

こういう記事を書く、シネマトゥディは、やはり日本芸能界をメインに扱っていないからであろうか、興味深い視点であるなと思わされた。

いや、ほんと、リビアのことも気になるし、アメリカ東海岸の地震も気になる。どれほど偉大であろうと、所詮ニッポン芸能界村のいちタレントごとき、それらに比べれば、いかほどのニュースバリューがあるのだろうか。

« 今更いっても詮無いが | トップページ | 「ヱヴァ 破」を観た »