2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« スティング、ブロードウェイのミュージカルに挑戦 | トップページ | RNCで「ライ・トゥー・ミー」が始まって・・・ »

2011年9月20日 (火)

タイタニックの首飾り盗まれる

あの悲劇の豪華客船タイタニックに遺されてあった首飾りが盗まれたのだという

タイタニックの首飾り盗まれる=展示場からなぜかこれだけ―デンマーク(時事通信)

9月20日(火)5時28分配信

 【コペンハーゲンAFP=時事】1912年に沈没した豪華客船タイタニックの乗客のものとされる首飾りが、デンマークの首都コペンハーゲンで盗まれた。展示会主催者が19日、公表した。
 犯行は17日午前で、市中心部のチボリ公園の展示場から消えた。時価1万4000ユーロ(約145万円)以上だが、主催者らは「世界的に有名で盗品を売るのは無理」「もっと高価な宝石に目もくれずこれだけ盗んだことからプロではなく素人の犯行」とみている。
かのタイタニックの遺品展示会が開催されていることを、これで初めて知ったのだが、
ほう、と思わされた事件である。
ほかの、より高価な品には目もくれず、あきらかに安価と思われるのに盗まれた首飾り。
ここに、ちょっとロマンを感じてしまったのは、自分だけだろうか。
どのような事情があって、この犯罪がなされたのか、ちょっと想像してしまう。
例えば、
あまたの展示品のなかに、自分にかかわりある人物の品をみつけた人物の犯罪ではなかろうか、とか。
どうしても、どうしても、故人の思い出のよすがに、それを取り戻したかったのかもしれない。
自分で望みを果たしたかもしれないが、盗み出す技術がなかった場合、誰かプロに依頼したかもしれない。
「ルパン3世」だったら、ありえそうなエピソード・・・なんてねw
まぁ、欲得づくではなく、人情ゆえになされた犯罪だったとしたら許せるが、単にコレクター根性が引き起こしたようなものだったとしたら、死者への冒涜だ。

« スティング、ブロードウェイのミュージカルに挑戦 | トップページ | RNCで「ライ・トゥー・ミー」が始まって・・・ »