2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« RNCで「ライ・トゥー・ミー」が始まって・・・ | トップページ | フィギュアのジョニー・ウィアーが同性婚 »

2012年1月 4日 (水)

弟宮さま、弁え遊ばせ

基本的に、このブログは、マンガだの映画だのテレビのバラエティだのCMだの、浮世のあれこれを、あーだこーだwと書き散らかす場として設けたもので、あまり時事ネタとか、特に政治社会経済ネタはやめようと思っていたのだが、

どうにもこうにも心に憂しことができたので、書き留めておく。

それは昨年秋のことだ。

今上陛下の次男坊・秋篠宮さんの誕生日でのご発言だ。

皇統をつぐべき男系男子が生まれたことで、忌々しいことに年々存在感を増していくなとは思っていたが、昨年のには仰天した。いや、ひやっとした。

天皇定年のことではない。女性宮家創設のことでもない。

彼のこの発言だ。

今後の皇室の在り方を考えるときには,何らか,私若しくは皇太子殿下の意見を聞いてもらうことがあって良いと思っております。

耳を疑った。ありえないだろうと思った。
仮にも皇室の人間が、身位という序列のはっきりした世界にいる人間が、皇室で天皇の次に尊い皇太子をさしおいて、自分を優先させている。

驚愕した。

そして、さらに恐ろしいと思った。この発言を問題視する反響が少なすぎるのだ。

テレビ新聞などのマスコミも、ブログなどでも、ほとんど話題にされていない。

彼は年々、皇室と、それを取り巻く環境において、自分の存在感の増大の手ごたえを感じているのだろうと思われた。そして、こんな発言をしても問題にはならないだろうとわかっていたのではなかろうか。

誰もが彼の言動を黙認している・・・のか?と思ったとき、慄然としたのだ。

エラいことになっていると。

この件があってから、ネットで皇室関連の検索を行ってみた。

皇室関連でネットを調べるのは久しぶりだった。

以前は、2005年だったか、小泉政権下での皇室典範改正問題で、私も別ブログに駄文を書き連ねたり、関連ブログを読んだり、あちこちの資料を閲覧したりしていたものだった。

小泉改革のあれこれは気に入らなかったが、これにはさすがに興奮したものだ。ことによると、自分は皇室の一大転換を目の当たりにできるかもしれないと。長い歴史のなかでわずか数例しかない女性天皇が将来誕生する確約を見られるかもしれぬ・・・と。

だが、それは秋篠さんとこの子供ができたというニュースで寸断された。生まれる子供の性別はわからねども、なんというか、ああ、もうダメだという気分が襲ってきたのを今も覚えている。男かどうかもわからぬのに、政界は皇室典範改正を引っ込めてしまった。まだたった妊娠6週間だかそこらだったというのに。あれを見て、なんとはなしに悟らざるを得なかった。ああ、これは男なのだろうと。果たして生まれてきたのは男子であった。女帝誕生を夢見る私にとって、激しく打ちのめされた現実であった。

それ以来である。皇室関連のニュースに興味を持てなくなったのは。申し訳ないが、秋篠さんとこのあれこれが報じられるたびに、「ああ、この子が生まれなかったらなあ」という思いが募り、腹がムカムカする。秋篠さんと奥方に関しては、兄君とその奥方に対する配慮が足りないと思って大分まえから好印象はもってない。

で、去年は、その秋篠さんとこの大事な男の子が5歳になり、大事な儀式をしたというのが報じられ、「ああ、まったく面白くない」とムカムカさせられたのだが、そこで、はたと気がついたのだ。

この子のニュースを聞くのはずいぶん久しぶりだな、と。

皇太子さまご一家のことは、何かと話題になり、あれこれ聞かされることが多いのに、それに比べると、案外聞かないな、と改めて気づいたのだ。

そういえば、確かとっくの昔に幼稚園にもあがっていたはず・・・それにしては、幼稚園での行事の様子などワイドショーネタになったことがないのはどうしてだ?番組そのものを見なくても新聞のラテ欄に書いてあることもある(少なくとも皇太子さまのところはよくある)。あれれ?と思っていると

皇室関連で検索してみたら、出てくる出てくる・・・

某夫人が皇太子殿下の廃太子を訴え署名運動をしているとかいう記事

そして、秋篠さんとこの坊やに関して宮内庁が異例のマスコミ規制を敷いてるということ・・・

某夫人の署名運動も恐れ入ったが、宮内庁が取材規制を通達していたなんてことは思いもしなかった。

もちろん、それに関連して、坊やの障害疑惑もある。

敬宮さまについて恐れ多くも障害の疑いがあるという論議があり、ネットなどではいまだにまことしやかに語るものが多いようだが、しかし、年々の学校行事のみならず、平素からおびただしいマスコミの取材攻勢を受け、そのお姿を隠さずにいる敬宮さまである、あれで障害児なら日本中障害児だらけになりはしないか?と思うほどだ。冗談はさておき、敬宮さまに比して、将来の秋篠宮さまはいささか分が悪いのではなかろうか。

いや、だって、マスコミから逃げ隠れるようにしているのでは、障害が・・・と口さがない噂に太刀打ちできないと思うのだが。

それに、現行皇室典範下では、皇太子殿下、秋篠さんについで、場合によっては皇太子殿下の後を受けてすぐに即位、ということもありえぬことではない(皇太子殿下が長命で、弟宮の秋篠さんが先に天に召されるということもありえるのだから)。だとしたら、マスコミ対策の一環として、早くからハイエナのごときマスコミに接していてしかるべきだ。これは英国のウィリアム王子を見ていて思ったことだ。ウィリアム殿下は実に幼いころから俗悪なパパラッチの取材攻勢にさらされてきた。英国のマスコミは宮殿への盗聴も辞さないほどに俗悪だ。その連中と渡り合ってきたからだろう、キャサリン妃との結婚をめぐるマスコミのあしらい方は実に見事だった。それを見習われてはどうかと思うのだが・・・

まぁ、ほんとうに生来虚弱な御体質ではどうしようもないかもしれないが・・・

その場合は、最後の天皇ということですべては運命と受け入れて、潔く国民はその最後を看取るしかないだろう・・・と思っていた(とはいえ、秋篠さんとこの坊やより先に私は逝くであろうが)(それは幸せなことかもしれない)

しかし、そういうことを念頭において、次のニュースを考えると、また眉間に皺が寄るのだ。

なぜ、ここへきて女性宮家設立の話が取りざたされるのであろうか。

しかも、そこで宮家当主の対象となるのが、内親王だけなのだろうか。つまり、それは、敬宮さまは当然として、それと秋篠さんとこの二人のお嬢様の、あわせてお3人だけなのだ。そこには、三笠宮系の女王さまがたは含まれずに語られている。

まぁ、たしかに高円宮さんの奔放すぎるご長女の話など聞くと、あれあれ^^;と思わなくもなかったりするが、お飾りの博士号ではなく日本美術の研究で活躍なさっている三笠宮ヒゲの殿下のご長女には、是非にも皇室にお残り頂き、国民を導いていただきたいと思ったりしている私にとっては首肯できないのである。

秋篠さんとこのおひい様がたの芳しからぬ噂を聞くと、さらに「あの方々を皇室に残らせるんですかぁ?」と声を上げたくなる。秋篠さんとこの上のお嬢様は、聞くところによると「働きたくないでござる」と絵馬に記して神社に納める青年と恋仲だそうで・・・

さらに、信じがたい噂であるが、今上陛下の「眞子ならば女性天皇もよい」とおっしゃったとかいう話・・・これも本当なのだろうか。

でも、昨年秋の秋篠さんの話、宮内庁長官の女性宮家創設について政権に働きかけたという話、そして現政権が女性宮家創設について具体的に動き出すという話、すべて辻褄が合うような気がしてくる。

つまり、考えたくない話だが、ようやく生まれた念願の待望の皇族男子が、ほんとうに障害があって、とてもじゃないが継承は難しいようなので、女性天皇への道を開こう、で、その際は、長男の娘ではなく、次男の娘にしよう・・・そんな思惑が皇室にあるような気がしてくる。

そのために、できることなら長男の側から、継承は辞退するように仕向けよう。それが無理なら、周りから辞退するべしとの動きを起こそう。あるいは長男の嫁を追い出すのもいい・・・・・・。

書いていて、ほんとうに暗澹たる気持ちになってくる。

とにかく、身位という絶対の序列のある世界なのである。そして、現行皇室典範で次の次、その次と、登極も決まっているのである。皇太子さまのところに男子がお生まれになるほかに、それが覆ることはない。

ならば待てばよいと思うのだ。差し出がましいことを言わず行わず、やがて大役を担う息子のために身を慎んで、なお一層こうべを低くしておるべきなのである。それが「たとえ次の次を約束された事実上の皇太弟」でも正式にはただの筆頭宮の分というものである。

そして、皇室で最も尊いのは天皇陛下、その次に尊いのは皇太子殿下。この序列も絶対だ。

そして・・・これは、あくまで仮定の話であるが、将来もしも女性皇族の皇位継承が認められるということになったのなら、皇位継承の順位は秋篠さんとこの二内親王よりも、皇太子さまのお子・敬宮様のほうが上というのも動かしてはならぬ絶対の序列だ。

私は観念している。数年前、紀子さんが第3子を身ごもったというニュースが流れたときに。そして生まれた子供が男子であったときに、ああ、これでいくしかないんだなと観念した。ならば、少なくとも、身位の序列ぐらいは守ってもらいたいものだと思うのである!

と、ここまで書いたら、こんなニュースも飛び込んできた。

「女性宮家」創設の場合、夫も皇族(読売新聞)

ううむ・・・世の男系男子派諸君はこれをどう思うのだろうか。

それにしても・・・

政府は女性宮家創設の検討を加速するため、2月から有識者への意見聴取に入り、今年秋の臨時国会への皇室典範改正案の提出を目指している。

ていうけどさぁ・・・今の民主党政権にこれができるの?秋提出?あの小泉政権でもしなかったのに?

« RNCで「ライ・トゥー・ミー」が始まって・・・ | トップページ | フィギュアのジョニー・ウィアーが同性婚 »