2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 白河院に血肉を与えた伊東四朗に乾杯 | トップページ | これは楽しみな家成と通憲 »

2012年2月 5日 (日)

忠盛と為義

第4話において、いよいよ殿上人となった忠盛と
いまだうだつの上がらぬ為義との名場面があった。

殿上人として黒の袍をきりりと着こなす忠盛、

まるで地下侍のようななりの為義。公家にそそのかされ
闇討ちするしかない為義。

平家と源氏の、現段階での勢いの差もさることながら
二人の男としての力量の差も如実に出る見事な場面であったと思う。

しかし、この二人、実にいい。
どちらもいい。
いまだ王朝貴族の「犬」にすぎない武士たちの苦悩と悲哀を
それぞれ絶妙に表現している。

とりわけ為義(もうあまりのダメっぷりにダメ義君と呼びたくなる)に
涙をそそられる。
凋落著しい源氏の窮状を、彼の卑屈さ・矮小さが語る。
小日向文世の為義。素晴らしい。
いや、はじめ、仮にも源氏の棟梁が彼でいいの?と思ったものだが
いやいや、なんの、彼でなくてはと、今は思う。
源氏の苦衷ぶりが目で見て納得できるからだ。

その息子の義朝がイイ男の玉木宏。
これまた「トンビが鷹を生んだ」と一目でわかるビジュアルw
伊東四朗の白河院といい、今年の大河は視聴者に親切だw
やはり視聴者に馴染みの薄い時代背景だけに
わかりやすさを大事にしてるのかもだなぁ。

そして、一方の忠盛
耐える男である。
そして懐の大きい男である。

こういう耐えて忍んで、かつまた懐が大きい男ってのは
高倉健の役どころみたいで、日本人が好むヒーロー像の一つかもしれない。

為義が羨む彼も、実際は公家どもの蔑視とあからさまな辱めを受ける状況には
かわりなく、そのなかにあってただただ耐える。
夜陰に乗じて宮中でおのれに刃を向けようとした為義に、大人の対応をする。

いやはや、建さんも演じたことがなかったような漢である!

まこと、第4話は中井喜一版・忠盛の一世一代の見せ場であったような気がする。

為義にこんな見せ場はめぐってくるのであろうか・・・
いや、いいのだろうなあ。父たちのこんなエピソードが
確実に息子たちに受け継がれる。
特に為義・義朝父子のやりとり・・・平家一門の陰にあって
まだまだ苦闘の続く源氏一門であるからこそ、涙をそそる場面であった。
だいたい、私たちはもう知っている。
父の雪辱をはたすと誓った息子の末路がどんなものであるかを。
ゆえに哀れはさらに増すのである。

忠盛と為義
それぞれの苦しみと、それぞれの葛藤
両者とも、それを感じさせてくれて、ほんとうにいい。

どこぞの知事が、第4週からコメントを出さなかったのは
この、やるせない男のドラマに打たれたからでは、と思ったり^^

« 白河院に血肉を与えた伊東四朗に乾杯 | トップページ | これは楽しみな家成と通憲 »