2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« これは楽しみな家成と通憲 | トップページ | 鱸丸と忠正 »

2012年2月 6日 (月)

ひとり明後日の方向をむく佐藤義清

西行というひとが、かつて文武両道に秀でた北面の武士であったというのは有名な話。

そして、その人も羨む境遇を捨て出家したというのも。
だが、実際のところ、どうして彼がそんなことをしたのかは、よくわかっておらず、
千年以上たった今日でも人々の想像を刺激してくれるネタであるのだ。

だが、有力な説というものがあるのも事実。
そのひとつが「待賢門院璋子に恋こがれていて、ある時逢瀬をもったのだけど、
璋子からのある一言がきっかけになって出家した」というもの。
(今日ではほとんどの人がこれに従っているけど、実質、説のひとつだ)

今年の大河「清盛」でも、そうと匂わせる場面があった。
御殿のうちを璋子が渡っていくのを、庭先で警護する義清が見やるというシーン。
のちの展開を期待させるシーンである。

そして、昨夜の第5回。
面白いことに一匹の猫を介して、清盛と義朝と義清が、義清宅に会するということに。
今年の大河は、青春群像なんだそうだけど、その一端?

冗談はさておき、「美しいもの」を求めているという義清の志向は、
源平の御曹司ふたりとは、明らかに人間としての在り様が違う。

まぁ、おそらく、やがて義清は璋子と出逢うことになると思うのだけど
璋子があの調子で、とんでもない対応をして、
自分の思ってたような美しいものではなかったと愕然とした義清が
出家するという展開になるのじゃないかと想像してるんだけど、

この先、源平の御曹司とどのように関わっていくんでしょうなあ。
藤木版・西行は・・・

しかし、ドロクサいマツケンの清盛や
イケメンなのにどこかギラギラした玉木の義朝にたいして
藤木の佐藤義清は、小面憎いほど涼しげな二枚目であることよ。

« これは楽しみな家成と通憲 | トップページ | 鱸丸と忠正 »