2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 大河「平清盛」をようやく見る | トップページ | 忠盛と為義 »

2012年2月 5日 (日)

白河院に血肉を与えた伊東四朗に乾杯

白河院。
今年の大河において、真の発端ともいうべき人物。

史実においても平安末期の宮中の怪人ともいうべき人物を
伊東四朗がブラックモードに入って好演。
もう、劇中すべての人物にとってのトラウマというか、
乗り越えたい・改革してやりたい現実の象徴とでもいうべき
重たいキャラを文句なく演じきっている。

いま丁度、鳥羽院が、そのトラウマに悩まされているが
それも「さもあろう、さもあろう」という存在感であるし、

忠盛も、白河院からの数々の仕打ちがあればこそ、
未来のために今耐え忍ぶのであろうし、

恐らくドラマ後半には、マツケン演じる清盛も並ぶ者なき権勢を築くにつれ、
おのれが嫌悪する白河院に似てきて葛藤するのだろうと思われる。
たとえば清盛が、幼い頼朝や牛若丸などを殺さず許したのも、
「自分は、あの白河院とは違う!」という理由からでは
と想像しちゃったりする。

まぁ、源平の御曹司の交流を今からこれだけ描いていけば
よきライバルだった源義朝の遺児を無碍にできないというのもわかる。
語り部である頼朝が、東国武者と一緒になって清盛を悪しざまにいわないのも
そういうことを踏まえてかな?などとも思う。

しかし、
「思いのままにならぬは、賀茂川の水と双六の目と山法師」との名言もあるのに
これまでドラマなどで白河院、あまり描かれてこなかった気がする。
源平合戦の長いスパンでみれば、やはり武士が対する公家の巨魁としては
後白河院のほうがウェートが上であろうか。
ともあれ、待賢門院璋子とのエピソードも含め、ドラマティックな人物である。
今回の大河で伊東四朗によって与えられた院のイメージは
今後ながらく大衆の脳裏を支配することになるのではないだろうか。
とにかく、それほどまでに伊東の圧巻の存在感であった。

« 大河「平清盛」をようやく見る | トップページ | 忠盛と為義 »