2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ゴダール監督も3D | トップページ | 金環日食 »

2012年5月17日 (木)

映画祭の内で

カンヌ映画祭が始まった。今年も、フランスのあの小さな港町に、綺羅星のごとく世界各国からスターやら著名人やら、わけのわからんのやらが集まっているわけだが、その舞台裏を支えるのってかなり大変なことなんだろうなと思う。

GettyImagesという画像サイトで、「cannes 65th」と打って検索すると、
開幕一日目だというのに、もう数千の画像が集まっている。

さすがにそれを全部見るのは骨が折れるが、つらつらと眺めていくと
昨夜の開会式のあとの、ディナーの舞台裏の様子を移した写真が何枚もUPされている。

銀色の広大な作業台の上に、所狭しと並べられた、真っ白い皿、皿、皿・・・
その皿の絨毯の上に、手を伸ばして、盛り付けを行っている料理人たち
盛り付けの仕上がった皿を、サーブしにいく、ホール人たち。

いったいオープニング・ナイト・ディナーに何人が出席しているのか分からないが
いや、想像しただけで、そのディナーの準備と遂行に掛けられた手間と尽力に
目がくらみそうだ。

ただ、映画を上映するだけにはとどまらない、華やかな人と人の交流の場。

その影に、どれだけの、人の労力が注ぎ込まれているのかを思うと
その舞台裏こそ尊い、
そんな気がしてくるのである。

« ゴダール監督も3D | トップページ | 金環日食 »