2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« これは抱腹絶倒の予感!? インド発SF映画「ロボット」 | トップページ | ゴダール監督も3D »

2012年5月12日 (土)

当分はまりそうなフォスター・ザ・ピープル

先日、遅まきながら「トーチズ」を聞いた。そしてまた恐れ入った。

普通は、どんなに好きなアーティストでも、途中で付き合いきれなくなる曲があるものだが、このアルバムにはそれがない。曲と曲のつながりの絶妙さ。これは、菅野よう子のBEBOPサントラ以来の興奮だ。(ちなみに菅野よう子も魚座である

とりわけ1ヘレナ・ビート~2パンプト・アップ・キックス~3コール・イット・ホワット・ユー・ウォントの開幕3タテは最強だ!完璧な畳み掛けだ!メロディの素晴らしさだけではない、内容もだ。1曲目が麻薬、2曲目が銃乱射ときて、「なんだんだ!このバンドは!」という聞き手の内心を見透かしたかのように3曲目が「好きに呼んでくれ」ときたもんだw わざとやってるとしか思えない。いや、それこそがアルバム・コンセプトというもんだ。

いや~、これがデビュー仕立てのインディバンドの1枚目とは!
参りました。ほんと参りましたよ。

この内容でまさか一発屋で終わるとは思えない(思いたくない)んだけど、まぁ、すべては次の2枚目で決まるんだろうなあ。ああ、待ち遠しい2ndアルバム。でも、バンドは今世界中を演奏して回っているようだ。アルバム制作はまだまだ先のことなんだろう。

全体を通してきいて、ふと思ったことだが、どことなく水瓶座的に感じられたりする。

マーク・フォスターが太陽・魚座で、水サインがいちばん多かったこともあって、そっちばかりが頭にあったけど、そういえば彼の月は水瓶で、その水瓶の主星・天王星と魚座の太陽は90度をつくっていたのであった。水瓶座もまた彼の個性だ。やっぱり月のウェートは大きい。

例えば「Waste」。人生を無為に生きる知人(恋人?親友?)を思いやる歌と解釈したけど、

And every day that you want to waste
That you want to waste
You can
And every day that you want to wake up
And you want to wake
You can
And every day that you want to change
That you want to change
Yeah
I'll help you see it through
'Cause I just really wanna be with you

「君が毎日を無駄に過ごしたいと思うなら、可能だよ
毎日を目覚めて(有効に?)したいと思うなら、それも可能だよ。
君が変わろうと望むなら、そうさ、ボクは助けるつもりさ、
 だって、君と一緒に居たいから」

なんてところは、情の厚い魚座らしいなと思う一方、
同時に友愛の星座・水瓶座らしくもあるな、と思ったり。

「トーチズ」のラストを飾る「Warrant」好きだなあ・・・。
天上から響き降りてくるかのようなシンセに始まり、やはり遠くから近づいてくるドラム、そしてベース。そこへ真打ピアノの登場。このイントロ、ほんとうに聞いてて心が高揚する。特にベースのメロディが好きだ。力強く、前進する意思に満ち満ちているというか。Youtubeにこの曲のベースカバー動画があるのも頷ける。魅力的な音だ。・・・ベースのカビーの月は獅子座だっけ。うん、やはり、華のある音だし、極めてシンプルな音なのにこれだけ高揚させられるのは彼のもつ火の要素のなせるわざ?

Warrant あまり馴染みのない単語なんだけど、なんと訳したらいいのだろうか。
手元の辞書には「権限、許可、根拠、保証」なんて言葉が並んでいるけど。「金銭支払い命令書」だろうか、歌中、payなんて言葉が出てくるしw

Got to get away
There's a warrant on my head
Got to get away
They want me alive or dead

”Got to get away”ってどういう意味なんだろう~^^; 出口を見つけよう?脱出路を見つけ始めよう? あ~わからん^^; 口語表現は苦手なんだよな~、だけどFTPの歌詞って口語(俗語?)表現のオンパレードだよね^^; 逃げ出さなきゃ、とかでいいのかな。
There's a warrant on my headは「warrantはボクの頭の中にある」ってことだよね、
They want me alive or deadに至っては自分の拙過ぎる英語では無理です・・・
それでも、このサビの部分、聞いてて本当に高揚する、希望と理想、そういうものが喚起され、大いなる光に向かって進んでいこうとでもいうような。これが一番水瓶座的に感じられたんだけどね。

シングルカットされないのかな~。
PVつくんないのかな~。できればSF調のがいいな~。お金かかるからそういうの無理かな~・・・

ところで、フォスター・ザ・ピープルって、当初は4人だったんだろうか。
むか~し(といって結成して5年にも満たないバンド捕まえて昔もないもんだがw)
昔の画像とおぼしきものをみると、4人で写っている。

この人は、いったいいまどこに・・・?

聞いてはいけない事情があったりするのかな??(・ω・)ゞ

« これは抱腹絶倒の予感!? インド発SF映画「ロボット」 | トップページ | ゴダール監督も3D »