2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 二股男・塩谷瞬騒動 | トップページ | ほんとうは怖いフォスター・ザ・ピープル »

2012年5月 5日 (土)

星から見た塩谷・冨永・園山

気になったので、今回の二股騒動関係者のホロスコープを作ってみた。

【塩谷 瞬】

太陽:ふたご
月:いて
Sioya_horoscope_40   Sioya_aspect_table_40

地1水1火3風5
活動3:不動2:柔軟5

自分が双子座で、そんなに恋多き人生は送っていないもので
俗に「双子座は恋多き星座!」なんていわれると、納得できなかったのだが
塩谷のホロをみると、なるほど、こういうのが典型的な双子座なのかと思えてきた。

一般に恋多き星座・浮気性といわれるのは、双子と射手、そして天秤座なのだという。
双子座と射手座の場合、元来の個性であるマルチ性・多動性が、
そして天秤座の場合、弱点といわれる優柔不断・八方美人が、
それぞれ恋愛の分野に表れてしまった症例だろうと思うが、
塩谷の場合、それが全部出てるw

女性の好みを表す金星は牡牛座、なるほど「地のビーナス」がお好みと。
いわゆる美人好みということで冨永を好ましく思うのは納得なのだが、
太陽が地のサインの園山にも通じるところがある。
自身の男らしさを表す火星は天秤座、ふむ、それほどガッツは感じられない。

柔軟宮が多いことからして「流されやすい」タイプなのだろうか。

気になるのは、金星と火星の150度。そして火星と天王星の60度。
彼の恋愛観がここに現れている・・・?

それにしても水星が双子座にあって、火星と120度なんだから、
もうすこし弁が立ってもよさそうなものだが!情けない。

【冨永 愛】

太陽:しし
月:いて
Tominaga_horoscope_40 Tominaga_aspect_table_40_2

地0水2火5風3
活動4:不動3:柔軟3

現代ニッポンが誇る麗人は獅子座の女であったか・・・
四大でも火が一番多いし、天秤座に星が集まってて、しかも火星と冥王星が合。
なるほど、世界的モデルとはこういうものか。

しかし、その一方で地がゼロとは・・・堅実性ゼロ、とまではいわないが、
離婚のこと、今回の騒動のこと、地に足が着いてないといわれても仕方がないか@@;

気になるのは、火星・冥王星と海王星の60度。そして金星と土星の90度。
一度、恋愛モードとなったらイケイケだけど、それは現実との折り合いがついておらず
自分の思い込みや夢・幻想に従ったもの・・・みたいに読めるのだけど。

男性のタイプは火星のある天秤座。社交家でエレガントな伊達男といったところか。
夫にしたいタイプは太陽でみるとしたら獅子座。これまた派手だが、
塩谷という男は、イケメンだが、およそ獅子座的王者には程遠い。

【園山真希絵】

太陽:やぎ
月:さそり
Sonyama_horoscope_40 Sonoyama_aspect_table_40

地2水2火4風2
活動1:不動6:柔軟3

料理研究家という職業柄、おそらく地に関連したサインだろうとは思ったが
太陽:山羊とは。しかも月が蠍。なるほど、これは堅実深慮のお人柄ということだろうか。
ブログなどの対応で、園山女史に対する評価が上がったというが、
太陽しし月いて・火-火の冨永とはおよそ表現の仕方が違うということだ。

好みの男性のタイプは火星の獅子。ふ~む、冨永の太陽-獅子とカブるような。
太陽で夫のタイプを見ると、山羊だから、これは恋愛観と結婚観で齟齬があるような。

そして気になるのは金星と火星の150度。
あ、そういや、塩谷にもあったね、この150度。

【雑感】

こうして3人眺めてみて思うのは、なんだかお互い類似点が多いホロだな、
ということ。

いちばん感じるのは塩谷と冨永の、妙な類似である。
天秤~射手に惑星が集まってて、太陽・水星・金星は、牡牛・双子から、蟹・獅子に移しました、みたいな。
一番妙に感じるのは月と海王星。もちろん今回の占いは出生時間不明で、だから月の位置も暫定だ。だが、もし仮にこのサインどおりだとすると、塩谷と冨永の精神的相似性はいよいよ際立つ。二股騒動が発覚する以前、きっと二人は極めてフィーリングが合ったに違いない。ただこれは恋愛、ましてや夫婦愛としたらどうか・・・同士愛にとどめておいたら、人生を愉しく過ごすいい友達でいられたろうに。だが、冨永は地の感覚に乏しく、二人はともに、月に海王星が近くにある。海王星は幻想の星。両者は互いに自分に都合のいい夢のみをみていたのではなかろうか。

園山の場合、その月に近いのは天王星。これまた出生時間不明で暫定的な位置なのだが、これはユニークなパーソナリティといえるだろう。太陽:山羊座のしっかりモノというだけではない、破天荒さを兼ね備えていると感じられるのだ。

そして金星と火星の150度。塩谷にとって、園山は「重い」相手のように思える。冨永のほうが愉しいに違いない(まぁ、今となっては無理な話だけど)。

あくまで私見だけど、およそ塩谷も冨永も、園山の敵ではない。それほど前二者は浮ついて見えるし、園山はしっかりしすぎている。不動宮が6だしねえ・・・ましてや柔軟宮過多の塩谷などどうにもなりそうにない。活動宮の冨永や、不動宮の園山に、調子よく合わせていたんだろうかなあ。
まぁ、だから、塩谷は、園山女史のような「しっかり者の姉さん女房」の尻に敷かれたほうが身のためかもしれない(金星と火星の150度が、女と男が妥協する、みたいに見えてくるな^^;)、しかし、まぁ、園山女史ではオトコ心が満足できないんでしょうねえ・・・

ニッポン芸能村内での塩谷への批判の声は大きくなるばかり。大変だとは思うが、ちょうど、塩谷はサターンリターンだ。ここで批判に耐え、困難を乗り越えれば、きっと一回りも二回りも成長できるんじゃないだろうか。それは同い年の冨永にもいえること。己のうちに欠ける地の要素をなんとか育成して、堅実な愛を見つけてほしい。

塩谷の場合、太陽と土星の120度が仇になったという気がしないでもない。やっぱり現代ではトラインよりも、スクエアなどのハードアスペクトのほうが、当人のためになるという考え方は正解なのかもしれないなあ。

« 二股男・塩谷瞬騒動 | トップページ | ほんとうは怖いフォスター・ザ・ピープル »