2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アンジェリーナ・ジョリーがいないブラピ~カンヌ「Killing Them Softly」プレミアにて | トップページ | 石据カチル「空挺懐古都市①」を読む »

2012年6月22日 (金)

鶏肉を茹で、茹で汁でスープを作る

電子レンジではなく、久しぶりに鍋に水を張って鶏肉を茹でてみた。

まぁ、なんのことはない。電子レンジで使える耐熱容器が見つからなかっただけだからなのだが・・・

鍋はクリステルの中サイズ鍋を使い、作り方は「別冊NHKきょうの料理・決定版!家庭料理」の中国風蒸し鶏に従った。蒸し鶏というが、どちらかというと、茹で鶏だと思うのだが・・・

すると、思いのほか、鶏肉を茹でたあとの茹で汁がキレイに澄んでいて、捨てるのがもったいなくなり取っておくことにした。(これまでは、アクをとっても取りきれず濁っていて見るからに食欲をそそらなかったので捨ててしまっていた)

保存に選んだタッパがたまたま目盛つき。ちょうど400ccだった。

これだけあれば、スープに使える。次の日の汁物にちょうどいい。

さて翌日。

あまり財布にお金がないので、ありあわせの材料で間に合わせることにする。

中くらいの大きさのタマネギひとつ。さいの目に切る。

小さいジャガイモ4つ。全部さいの目に切る。

ニンニクひとかけ。半分に切り、芽をとる。

鍋にトリスープをいれ、冷たいうちにタマネギとジャガイモとニンニクを投入。弱火にかける。

そのままひたすらに弱火でトロトロ。時々蓋をあけて、タマネギの様子を確認。

1時間も火にかけただろうか。タマネギが透き通って試しに食べてみると、うん、柔らかい!ジャガイモのほうはとっくの昔に柔らかくなっていて、口にいれるとホロリと溶ける。

ここで冷蔵庫に残っていたピーマン1つを刻んで投入。

しばし待って、仕上げにミニトマト3つばかりをさいの目に切って投入。

配膳を済ませる間、弱火にかけておけば、火が通るだろう。

味付けとしては塩少々。薄味だったが、自分としては十分楽しめた。水から煮たニンニクで風味もついてたし。

あっさり味のミネストローネもどき、といったところか。ジャガイモ4つは少し多過ぎたかもしれない。具だくさんな食べるスープ感覚なら許されるだろうが、もっとスープとして楽しむなら、ジャガイモの量は今回の半分以下でもよかったか。

やはりクリステルの鍋だったから、よかったのだろうか。最近、鶏肉の酒蒸しは電子レンジの調理が楽で、鍋は使っていなかったが、今回がまぐれでないかどうか、またやってみることにしよう。

« アンジェリーナ・ジョリーがいないブラピ~カンヌ「Killing Them Softly」プレミアにて | トップページ | 石据カチル「空挺懐古都市①」を読む »