2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« いまさら「世にも美しいダイエット」を読み返す | トップページ | 小松菜の苦味 »

2012年6月27日 (水)

御茶請けはドライマンゴー

そういえばブログタイトルが茶に因んでいながら、これまで茶の話題を取り上げてこなかった。

というわけで初めて取り上げる茶にまつわる話は、御茶請けだ。

基本、ミルクティー好きなので、御茶請けはクッキー、ビスケット系、はたまたフルーツケーキかパウンドケーキ系がメインなのだが、時々ストレートティーも喫む。

そういうときの御茶請けは、ドライフルーツがいい。

わけても一番いいのは、ドライマンゴーだ。

これは紅茶というより、かつてのウーロン茶ブームのおり、中国茶に合う御茶請けとして習い覚えたものだが、ストレートの紅茶にもよく合う。

とりわけフレーバーティーに合わせてもいけると思う。

ドライフルーツなら、なんでもイケると思うが、ドライマンゴーの味わいは格別だ。

お茶を含み、マンゴーを少し齧る。

マンゴーを齧ってまだ果肉が口中にあるうちに、お茶を含む。

マンゴーの甘さが、お茶とあいまって、口中に広がる。

ベタな表現だが、その甘さの鮮やかなこと。

この甘さを知ってしまうと、お茶に砂糖の類を入れる気にはならない。

日常の合間合間に、ふと甘さがほしくなる時がある。そういうとき、お茶とともにドライマンゴーがあればいうことなしだ。

うむ、ことによると、中国茶よりも、紅茶のストレートティーのほうが、合うかもしれない。

« いまさら「世にも美しいダイエット」を読み返す | トップページ | 小松菜の苦味 »