2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« クロネコヤマトのCMの成宮寛貴はやっぱり | トップページ | 岡山には奇妙なCMが多かった① »

2012年8月26日 (日)

この夏、一番美味だったスムージー

あくまで、ワタシ的に。

さて、先日、健康の為と、仕舞い込んだままのミニフードプロセッサーを付喪神にしない為に、スムージーを作ることにしたと書いた

あれから、割と毎日続いている。(中断したのは、夏の帰省期間)。

最初は、リンゴとキウイとレタスでおずおずと・・・だったが、こののち、

リンゴとキウイとバナナでしばらく続いたのち、

現在は、桃とバナナで落ち着いている。(いずれも必ずレモン半玉を絞る)

で、

この桃とバナナが超うまいのよ!(≧▽≦)

少なくとも、今夏私的ベストは、この組み合わせである!!

まったりと、まろやかな甘み・・・いやぁ、もうスムージーというより、シェイクかも。だが某ファーストフードのシェイクより、甘みがスッキリとしていくらでもいただける。

桃はできれば小ぶりの角切りにして冷凍しておくのが望ましい。そうすると、キンキンに冷えたのが頂ける。わざわざ氷をいれなくても、十分に冷たい。

問題は、冷凍庫から取り出してすぐのをいれるか、それとも少しの間放置しておいたのを使うか、である。ここで、出来上がりの粘度に違いが出てくる。

飲めるぐらいのトロトロさがいいなら、少し放置しておくほうがいい。

冷凍庫から取り出してすぐなら、場合によっては、やや溶けだしたジェラートのようになって、コップよりガラスの器にもってスプーンで口に運んだほうがいいかもしれない。

勿論、これは好みの問題である。

まぁ、とにかく、やったことのない方は是非お試しあれ!と自信をもってお勧めできる。桃を大量にもらって扱いに困っている、なんて方は、毎日おやつか、食後のデザートに家族と食べていれば、すぐに桃を減らせること請け合いである。

砂糖やシロップの類をいれる必要はない。桃のほうがイマイチ残念でも、いまどきのバナナで十分な甘みが得られる。

「スムージーや自家製ジュースにはリンゴをいれると飲みやすい」ときいて、毎日リンゴを使っていたが、いやはやw、はっきりいって季節の果物でないので、少々お財布がしんどかったのだ。やはり、こういうものは、季節のものでいただくのが、あらゆる面でイイということらしい。

« クロネコヤマトのCMの成宮寛貴はやっぱり | トップページ | 岡山には奇妙なCMが多かった① »