2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« アンブレラ社って分からない・・・ | トップページ | 全米映画トップ10(9/17) »

2012年9月17日 (月)

どうなる?どうする?どこまでやる?日中の緊張

いや、ほんとに、ちょっと恐ろしくってね。

前のエントリで、私が危惧したことが、中国で起こっているという感じ。

いやはや、韓国の一般国民の皆さんは、けして一部の芸能人や大統領とちがって冷静なようだ。たぶん、これには問題の島を実効支配してるって余裕もあるのかもしれない。

翻って中国は、尖閣諸島を日本に実効支配されているから「キーッ」てなっちゃってるんですかねえ。

しかし、中国滞在中の日本人に、炭酸飲料だのラーメンだのをかけるといった不届きな行為がすでにおこっているらしい。中国の一般国民にはガッカリだ。

と思っていたら、昨日の報道では、中国での反日デモは激しさを増し、日系企業への襲撃や、製品の打ちこわしが盛んだという。

こんな中国にはわたりたくないと思うし、現在ただいま滞在しなければならない日本人の方々には、日本に身を置いていることが心苦しいばかりだ。邦人の皆様の安否を本当にお祈りする。私には祈るしかできない。

日本には、憲法9条をはじめとするもろもろのストッパーがあるが、かの国にそんなものはない。国民がラーメンをぶっかけるようなノリで、武力行使がなければいいと、私は祈るばかりの日々である。

先々週の「梅ちゃん先生」だったか、下村家の3兄弟の松竹梅の命名について、建造さんが「歳寒三友」由来であると語っていた。中国宋代に確立したとみられる文人画の画題であり、文人の「清廉潔白・節操」という理想のシンボルということなんだろうけど、いかにも建造さんらしいと感心させられた、と同時に、

かつては、こうした中国由来の文人思想が、日本でも文化人・教養人の屋台骨とされたものなのに・・・いつしか消失してしまったなぁ、という悲しいというか寂しい感慨も抱いた。

しかし、もっとも悲しいのは、現代中国人が、これら日本人を感心させ心服させた精神文化と完璧なまでに縁遠くなってしまっているということだ。

ただただ強大な現在の己に酔いしれ、無茶無謀をおこなうのか中国。

あの国が、かつて日本人を心服させた文化文明を生み出したということが、信じられないほどである。

« アンブレラ社って分からない・・・ | トップページ | 全米映画トップ10(9/17) »