2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ぱねぇす「メゾン・クローズ娼婦の館」 | トップページ | 破られたジンクス »

2012年10月29日 (月)

今頃「キル・ビル」を観た

観てモノを云いますw

2003年の作品を、9年してようやく拝見する。

観終わって・・・

いや、

後半の見せ場「血戦!青葉屋」の最中から、もう

口直しに「御家人 斬九郎」が見たくて仕方なかった。

あの、斬九の旦那の落とし腰と、太刀筋の鋭さよ・・・ああ、DVD、どこに仕舞ったっけ。

さもなければ、《牙狼》だ。もう、どうせ「キル・ビル」なんてバイオレンス・ファンタジーなんだから、特撮ファンタジーということで、鋼牙の太刀捌きこそ見習うべきなのだ。ワイヤーアクションもてんこもりだしさっ

勢いはあって、面白いとは思いますよ。日本で刀をもってアチコチいけるのも、きっと明治政府が廃刀令出さなかったパラレルワールドなんだわ、と思って大目に見ましょう。一万歩譲って、沖縄に服部半蔵がいて刀鍛冶してるってのも、目を瞑りましょう。サニー千葉だしw

だけど、ウソをつくにも、基本はできていないと。
ユマ・サーマンのあのヘッピリ腰はないわ。そして、日本刀使うにしても、腕だけ振り回して・・・・あれで、暗殺団の殺し屋だの、頭領の寵愛ときめきたもうだの、すべてが浅はかに見えてしまう。前半の、目覚めて直後の病院脱出のくだりとか、おおwと、唸らされたというのに(それでも、脚だけでなく、腕も萎えてるんではないかい?というのは野暮なんでしょうね)

最初に殺されたヴァニータさんや、鉄球ふりまわすゴーゴー夕張とかは、それらしく見えただけに、ユマ・サーマンにがっかり。美しいんだけどねえ・・・

それに、やくざって、日本刀っていうより、ドスの世界じゃないか?とか思ったりする。

日本刀使いたいなら、やっぱ侍しかないんじゃないかなあ。あ、タランティーノにとって、ヤクザも侍のうちなのだろうか???

しかし、ブライドのそもそもの得意な武器ってなんなんだろ。
ヴァニータはナイフ投げ、オーレン石井は、狙撃も日本刀もなんでもござれ。エルに至ってはコスプレまでしてw(あ、コスプレぢゃない?)

得意な武器で戦えばいいのに・・・といってしまうと、後半全部なくなりますかな。

ゴーゴー夕張を挙げたけど、日本人キャストは、誰も彼も素晴らしい存在感。ほんと嬉しい。國村さん、麿さん、菅田さん、よくぞこんな人たちを使ってくれましたタラちゃんありがとう!特に田中要次さん!あんなマスクつけてても判るなんてアンタはなんて人だ!

近日中にVol.2も観る予定。

« ぱねぇす「メゾン・クローズ娼婦の館」 | トップページ | 破られたジンクス »