2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 破られたジンクス | トップページ | いや、その木星、アスペクトありますよ »

2012年11月 8日 (木)

ドリップティー

なんだか冒涜的と思わなくもないのだが・・・

先日、地元の百貨店で「英国物産展」が催されていて、ちょっと覗いてきた。出てくるときにはスコーンだの、お茶だの、紙袋をいっぱい下げていたのは我ながらご愛嬌なんだが・・・

その中にミントンのドリップティーなるものがあって、ちょっと驚いた。

早速、開封してみると、なるほど、ドリップ式なのである。

コーヒーの、あれなのである。

箱の説明を読むと、お湯はカップ一杯で150ミリリットルです、とかなんとか書いてあるのだが、そんなものは無視w

ティーカップでもなんでも、500ミリリットルぐらいイケるものだ。

というわけで、アウトドア用のマグボトルにセットして、かんかんに沸かした湯を注ぐ。

待つこと3分。飲んでみた。

うん、まぁ、飲めないことはない。

紅茶をのむとき、リーフならば、ポットできちんと蓋をして、というのは鉄壁の掟だと思っていただけに、この結果は意外であった。

まぁ、世の中、紅茶を飲ませようといろいろなものが出ているのだなあ。

« 破られたジンクス | トップページ | いや、その木星、アスペクトありますよ »