2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 押井守の新作が2014年公開だと? | トップページ | マックウッズのお茶 »

2012年11月22日 (木)

スター・ウォーズ新エピソードにマニアが期待する俳優10人

マニアってのは(苦笑)

ディズニーがルーカスフィルムを買収し、新エピソードを2015年に発表する、というニュースが世間の耳目を驚かしたのは、10月末

その後、シリーズのソフト販売を巡ってディズニーと20世紀フォックスが火花を散らしているといわれたりルーク役のマーク・ハミルが複雑な心境を吐露したり、かと思えばハン・ソロ役のハリソン・フォードをはじめ旧3部作のメインキャストは意欲的だといわれたり、いろいろである。

まぁ、私はそれほどスター・ウォーズが好きではないので、あ、そうwとしか感じなかったのだけど、これが上手くいったなら、おそらくスター・ウォーズは、スター・トレックのようになるのだろうな、と漠然と思ったりする。

それはさておき、

ディズニー製作による、新スター・ウォーズ、エピソード7についてのニュースも、いろいろ入ってきている。例えば、概要は、『トイ・ストーリー3』の脚本家マイケル・アーントにより執筆され彼はそのまま脚本にも参加するらしいとか、しかし一番の注目は誰が監督かということのようだ。その他、死んだはずのダースベイダーが登場するらしいという噂もある。

まぁ、上述したとおり、私にはそれほどスター・ウォーズへの思い入れは無いので、出来上がった作品を楽しみに待とうと思っている。

ところで、多分、これは、全米の熱狂の一環なのかと思うのだが、こんなページをみつけた。

10 Actors We Want in Star Wars Episode VII

サイトの名前から凄いよね・・・www.mania.comと来たもんだw

ざっと翻訳ソフトの助けを借りて読んだところ、単純にエピソード7に出てほしいんじゃなく、「新しいスターウォーズに出てほしい新しい俳優」という趣旨らしい。

そこで挙げられているのは次の10人。

ティム・ロス
ポール・ジアマッティ
ブリット・マーリング
ヘレン・ミレン
ジョセフ・ゴードン・リヴィット
トム・ウィルキンソン
マリオン・コティヤール
ケリー・マクドナルド
ポール・ベタニー
アルフレッド・モリーナ

それぞれの役者の紹介に用いられている画像が、また興味深い。スター・ウォーズにおいてこんな役を演じてほしいというサイト側の願望が感じられるチョイスなのだ。

例えばティム・ロスは「Sea Wolf」(日本未公開)からの一枚だったり、ヘレン・ミレンは「テンペスト」のプロスペラ女大公、ブリット・マーリングはサンダンスで話題をさらった「Another Earth」(日本未公開→「アナザー・プラネット」という邦題がついてソフトが売られている)からの一枚だろう。青い地球をバックにたたずむ彼女の顔は、ただ美しいというだけでなく、憂いを含んだ慈愛の女神といった風情で、それだけでSFサーガの一場面といってもおかしくない。

単なるマニアのキャスティングへの妄想というには、非常にそそられるチョイスだと思う。

今は大いに妄想を、つまりファンの夢を語れる時期だ。それを楽しむべきなんだろう。(^^)

【追記】2013年1月26日、ついに新スター・ウォーズを託される監督が決定した。ある意味予想、いや下馬評どおりか。誰あろう、J・J・エイブラハムである。さぁ、この御仁がどのようなスター・ウォーズを作りだすだろうか。

« 押井守の新作が2014年公開だと? | トップページ | マックウッズのお茶 »