2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 星から見た池上彰 | トップページ | FoxNewsが選ぶ「必ず見るべき2012年の12作品」 »

2012年12月27日 (木)

内柴事件で思うこと

色々な意味で気分が悪い話である。

11月最終週、嘉田さんの情報を求めて「ミヤネ屋」をつけてたら、求めてもいない内柴事件の裁判情報を浴びせかけられたという話は以前に書いた。しかし、聞くつもりは無いけれども、インパクトの強さに嫌でも耳に入ってきてしまう。正直いってゲンナリした。

しかし、内柴正人について、どういう人物なのか、自分なりに見極めたくて、ホロスコープを作っては見たのだ。

そうしたら、驚いた。

太陽と土星が60度という好座相なのだ。@@;

40horoscope_l_ 40aspect_table_

・・・これ、個人の人格とか性格とかでは、極めていい相である。真面目とか誠実とか、責任感があるとか。そもそも土星自体が責任とか常識そのものといってもいいくらいで、これがハードアスペクトだと、生真面目すぎるとか教条的に追い詰められているんじゃないかとか心配になってしまうんだけど、人格一般を見る太陽と60度というのは極めて程よい感じなのだ。

だから、これが彼が五輪で金メダルに輝いた時点で占っていたなら、なるほど!きっと真面目にこつこつ努力してこの成果を手にしたんだな!・・・なんて、もろ手を挙げて称賛していたと思う。

とてもじゃないが、指導者として着任した女子柔道部で、複数の女子部員と肉体関係を結ぶような人間とは思えない。まして彼は妻帯者・・・裁判での発言で、最後まで、妻子への謝罪の言葉はなかったらしい。いや、ほんとに、これが太陽と土星60度の相を持つ人の行動とは・・・

前回の池上彰さんのホロスコープなど、すごい!星のパワーってすごい!と星の象意と当人の人となりがピタリ一致していて、気持ちいいくらいであるが、確かにホロスコープを作っていると、まったく象意と人物が合わなくて首をひねることもあるにはある。所詮、自分は下手な星読みにすぎないわけで、自分の不勉強さにもorzだ。

それにしても、内柴正人の例は、あわなすぎる。

彼の太陽は双子座。双子座は浮気者という評判がある。あるが、しかし、ここまでというのは・・・

勿論、出生時間不明で作ったので、このホロスコープは不正確である。月の位置も暫定だし、ASCもハウス区分もわからない。そこが分かればもう少し具体的かつ今度の事件に繋がる要因が見つけられたかもしれない。もし、現状で、あえて気になるポイントを挙げれば、月である。蠍座というのは、双子座より性的といえる星座であるし、ことによると土星と不調和角度かもしれない。また生まれ時間によっては天秤座ということもあるが、私はそれはないのじゃないかと思う。太陽ふたご月てんびんで、あそこまでスポーツや性で旺盛ということはありえないのじゃないだろうか・・・まぁ、どこまでいっても、下手な星読みの戯言でしかないが。

こういう場合、占いを信じない人は「占いなんてそんなもんさ!しょーもな!」とうっちゃってしまえるだろうが、占いを信じる者としては、別の見方をしてみたい。

つまり、「彼は本来、太陽と土星が60度の、ほどよい高潔な人物だったが、彼の生まれ持っての性質がどこかへ雲散霧消してしまうほどに、環境が彼をスポイルしたのではないか」ということである。

いろいろとネットを徘徊してみると、内柴正人が金メダルを狙える柔道の期待の星ということで、“厚遇”をこうむっていたという話があったりする。ろくでもない厚遇によって、自分は善である、自分のなすことは善である、という意識が芽生えていったということはあるかもしれない。恐ろしい噂のひとつに、彼には有力な後援者がいたのだが、その人を怒らせてしまった、それまで、どんな問題ももみ消してもらっていたが、ついに見限られて今回の件は裁判にまでなったのだ・・・というものがある。いやはや。

しかし、どんなにスポイルされたからといって、生来もってる土星のパワーが、弱まるなんてことがあるのだろうか。う~ん、う~んう~んw

真相はどうあれ、いずれにしても、内柴のしでかしたことは、五輪金メダリストというものへの信頼と尊敬を根底から揺るがしたということはいえると思う。

内柴だけが特別だったのか、それとも、これは有力選手においてよくあることなのか・・・そんな風に、柔道を見ている自分がいる。今年の五輪で活躍した女子柔道家に対してさえ、その疑いを抑え切れない。日本の精神を代表する文化として柔道を意識してきた人には、とても辛い話だし、裏切り以外の何物でもない。

ところで、話は全然変わるのだけど、

私は、この騒動が起こるまで、内柴正人という人物を知らなかった。

名前もきいたことがなかった。金メダリストだというのに。

確かに、若い頃に比べると、五輪への関心は低くなっているし、試合をまめに見てもいないのは事実だ。だが、自分は、バラエティより報道番組のほうが好きだし、情報源としてワイドショーだって見る。新聞の見出しで結果を知る事だって可能だったはずだ。

野村だって、古賀だって、大ファンだ。

それなのに、内柴正人という柔道家がいたことを知らなかった。

我ながら不思議である。

« 星から見た池上彰 | トップページ | FoxNewsが選ぶ「必ず見るべき2012年の12作品」 »