2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「Ergo Proxy」をようやく見る | トップページ | 天の意志はそういうことだったか »

2013年1月24日 (木)

死者の名を報道することに意義はあるのか

昨夜、テレ朝の「相棒」を見ていて、そのままの流れで、報道ステーションを見てしまった。そこで「アルジェリア人質事件」の犠牲者報道を見て、憤りというか、モヤモヤが収まらなくなってしまった。

「アルジェリア人質事件」は、なにも日本だけではなく、あの場で、事業に接していた多国籍の人々を巻き込んだ悲劇である。しかし、何はなくとも、まず、日本人として、あの悲劇に巻き込まれた同胞の死を悼みたい。

はっきりいって、その一人ひとりの死者の顔が見えていようが無かろうが、そこに明らかに死という事実があり、そこから引き起こされる悲哀をある程度想像できるものなら、その人物の死を悼み、その人に関わっていた人たち、すなわち、家族、友、ほんの顔見知り程度の関係にいたるまで、その全ての人をいま襲っているだろう苦しみを思い、こちらの顔も苦痛に歪む。

そう、《死》がある。情報はそれだけで充分である。

それだけあれば、悼むことができる。

死んだものの名だの、生き残ったものの記者会見など、私は求めない。

マスコミは日揮にそれを求めたという。なんとまぁ厚顔無恥かと思う。

それを日揮は断ったという。尤もだと思う。
理由としては、無事だった駐在員に「これ以上のストレスを与えたくない」こと、死者の実名公表については、「既に遺族など関係者に取材が殺到しており、さらに拍車が掛かることが予想されるので控える」とのこと。(ソース:時事通信「氏名公表「応じない」=日揮」1月23日23時11分配信)
いや、まったくその通りだと思う。

それにも関わらず、報ステは、被害者情報をとうとうと流してのけた。

大変な苦難に遭った人、そして、身内に不幸があった人を、そっとしておくという発想は日本のメディアにはないのだろうか。

こうして報道することが、身内に不幸があって、いま心身ともに多大な打撃に苦しんでいる人たちに、プラスに働くとでもいうのか、古館。

好奇心でぶしつけに接するなど、もってのほか、一番やっちゃいけないことだと思わないのか、古館。

ニュースネタとして、報道して、ただの情報として消費されることが、死者に対する妥当な態度だというのか、古館。

・・・まぁ、古館の報道に関する考え方は、とにかくスクープというものをドンドン投入して愚民の耳目をビックリさせてやればソレでいいというものだと思われるので、どうしようもないだろうけど。

事件がある。被害者がある。事件そのものを伝えるよりも、被害者情報そのものを調べ報道する。関係者と称する人物たちの「心のこもったコメント」を伝える。いつの間に出来上がったか知らないが、この型にはうんざりする。古館よ、面白い報道を目指すのなら、この型をぶち壊し、新たな面白い型を構築してみてはどうだ?

« 「Ergo Proxy」をようやく見る | トップページ | 天の意志はそういうことだったか »