2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タランティーノの次回作はどんなだろう | トップページ | タラのキャラ50傑 »

2013年3月31日 (日)

ひとことでいえば、終わコンw

終わコンだと思う。ほんとにwww

さっきから、終わコン終わコン、て、なんの話をしてるんだと思われると思う。

直裁に申せば、

「山折哲雄による皇太子徳仁親王殿下に対する廃嫡進言」は終わコンだ、

と感じているのである。

もっと簡単にいえば、不発に終わった、ということなんだよな。

まぁ、ことの始まりは「新潮45」なる雑誌に、山折哲雄が「皇太子さま、ご退位なさいませ」なる文章を載せたことによる。確かに、発表直後は、そこそこの世間の反応もあったが、

ぶっちゃけ《発表させた側》が期待したほどの盛り上がりはなかったのじゃなかろうか。

ましてや、「そうだそうだ、その通りだ、ナルなんぞ廃太子にしてしまえー!」などといって、以前のフジテレビ前の嫌韓デモのように、市民が廃太子を声高に叫びながら往来を練り歩くなどという光景はおきなかった。・・・まぁ、《発表させた側》がそういうのを期待してたかどうかはわからないけどw

「新潮45」の報道を受けて、いくつかの週刊誌メディアが、後追い企画で取り上げていた。女性週刊誌などでは、恐れ多くも皇太子殿下と秋篠さんとで、どちらを支持するか、みたいなアンケートもとっていた。しかし、そのアンケートの結果が傑作で、日本人のどの世代でも皇太子殿下の支持が高いということが明白に。いやはや、《発表させた側》はあれをどう見たんだろうか。

ここで懲りておけばいいものを・・・今度は、天下の朝日新聞に、渦中の人・山折哲雄に対するインタヴューが掲載された。

なんだろうな・・・「きっと週刊誌とかだったからいけないのだ、やはり朝日新聞みたいなところで取り上げないと!」みたいな論理の展開があったのかなあ、みたいなことを想像する。

朝日新聞に山折インタヴューが載ったのは3月25日だったか? 私は先週、出張にでていたので、しばらくネットに触れないでいたのだが、果たして、この記事がどれくらい反響を呼んでいるのだろうかと気になっていた。

で、週末、帰宅して、ちょっと検索をかけてみたのだが・・・わははw

殆ど話題になってないでやんのwwwww

例えば、ブログで、この朝日の記事を取り上げている人がいるか?とみると、一桁しかない。

先日の「急須でお茶を飲まない」件に比べたら、取り上げてる人はないに等しいといっても過言ではないw

世間で朝日新聞のことを、とてつもなく悪く言う人がいるが、まぁ、そのプロパガンダが幸いして(?)、この記事、ほとんど誰も目にしてないんじゃないかという感じだ。

・・・ううむ、というか、思うに、日本人の良識が、あんなものは目にするのも憚る、口の端に話題としてあげるのも煩わしい、と認識させているんじゃなかろうか。

まぁ、そのデンでいうと、こんな風にわざわざ取り上げている自分は、日本人として良識のない、恥知らずな奴ということになりそうだ。

いや、まったく、この件については、今後、黙殺してやろうと思っているのである。

取り上げることで、《発表させた側》に淡い期待を抱かせ、調子付かせることになりそうだからだ。

だから、この件について取り上げるのはこれが最後だ。

とにかく、この件が終わコンであること、それを強調しておきたい。

日本人の良識は、次代は皇太子徳仁親王殿下が皇位を継承される、と認識している。

それは覆るものではないのだと認識しているのだ。

覆してはならない、と認識しているのだ。

それを浅知恵でもって覆そうという者たちは、日本人が良識に従って大人しくしているうちに、恥ずべき謀略をひっこめるがいいのだ。これは日本人の絶対的な認識なのだ。なんとかすれば覆せる、なんて思うこと事態がダメだ。ついでにいえば朝日がダメだったから、次は産経だ、なんてアサハカなことは考えないでもらいたい。

しかし、世間には朝日新聞を、赤匪新聞とか、反日新聞とか、口汚く罵るひとたちがいるが、そうなのかなあ(^^;

いや、なんというか、もし、この皇太子廃嫡を目論んでいる《発表させた側》が、千代田だとすると、朝日は、千代田に忠実な犬ということになりはしないか。反日新聞どころか、トンだ御用新聞である。

ここ数年のメディアとしての朝日のありようを眺めていると、朝日は、男系男子派であり、公務分担のための女性宮家容認派であり、秋篠派である。そして、けっして親皇太子陣営ではない。それは明白である。

[追記1]
朝日への非難として「朝鮮日報とつながってるんじゃないか」というものがあるが、私は今回初めてこの非難をまともに信じる気になった。この山折退位進言を朝鮮日報がとりあげたからだ。朝日の山折インタヴューを受けて後のことだ。しかしタイトルは「雅子妃めぐる騒動で皇室危機」。まぁ、結局は、そういうことかね。皇太子さまへの廃嫡進言も「雅子さまを大事にするから」という理屈のようだしw それにしても朝鮮日報さん、議論は拡大の兆しを見せている、なんてことはございませんのよ、日本に来て、よっく取材なさいましな。「日本のメディアは皇太子ご一家よりも秋篠宮ご一家に愛情を見せている」というのは、その通りだと認めよう。

[追記2]
この不届きな山折の廃嫡進言に関して、宮内庁が非難声明をだしたということは、現在までのところ聞かない・・・ということは? この不届きな文章を《発表させた側》が実は千代田なのではないか、という自分の疑惑がいっそう濃くなるのである。

[追記3]
私は、昭和のような、左翼がなにかいえば即「不敬だー!」と騒ぎ立てて、言論封殺を実力行する右翼は嫌いである。が、しかし、本当に不届きかつ不敬な事態が勃発しているというのに、まったく動かない右翼という者も如何なものかと思う。なぜ尊王派の右翼は、この不届きな文章を発した山折氏を非難糾弾しないのか?なぜ新潮社周辺に街宣車が繰り出され非難の怒号が響き渡らないのか?皇室で天皇の次に尊いのは皇太子である。その皇太子にこれほど不敬なことをする輩に対してどうして右翼は怒らないのか? 皇太子殿下に対して正しく義憤に燃える右翼がいないのか、それとも、この山折進言を《発表させた側》は、彼らをコントロール下においているのか?いずれにしても皇太子殿下をお守りしようという右翼がいないというのは由々しき事態かもしれない。←こういうこというと、「や~い、ナルは右翼からも見限られた」みたいなこといって喜ぶ奴がいるかもだが。

[追記4]
さぁ、いよいよ4月に入った(追記4は4月2日に書いている)。今月末に迫ったオランダ即位式。わが国の皇室からはどなたが参加されるのか、まったくアナウンスがない。準備などなど考えればそろそろ公にしないと・・・不思議なことにツイッターなどでは皇太子ご夫妻の参列については庶民がかまびすしく言及しているが「オランダ 即位式 秋篠」で検索してもなんもヒットしない。やはり、あの弟宮では行けるはずがないと思われているのか(^^;

[追記5]
はてなブックマークにこの朝日の山折インタヴューがブクマされていることを知った。登録されたのは3月28日。しかし、現在に至るまで、ブクマしてるユーザはたった9人。そしてその多くが批判的で「どうかしてるぜ」というご意見。さぁ、《発表させた側》はこれをどう見る?

[追記6]
懲りずに朝日がまたやった!4月9日夕刊で、山折論文への批判と反響なる記事を載せた。しかし、内容をよくよく読むと、例の「新潮45」に載ったそもそもの山折論文自体への反響であって、3月25日の朝日のインタヴューへの反響ではない。いっそのこと、3月25日の記事にあわせたほうが内容を補足するものとして面白かったのではないかという感じすらする。もう一つ気になるのは、これは、あくまで論壇の識者の意見をまとめたものであって、この記事を読んだ市井の庶民たちの意見などは全く取り上げられていないということである。この件では、朝日にだって購読者たちからいろいろな投書があったと思うんだけどねえ~。それは全く無し。思うに「皇太子さまに廃嫡すられるような非はなし!山折論はナンセンス!」というのが大半を占めたのではないかと思われる。そして、それは《発表させた側》の意に反するものであり、お目に入れないためにも取り上げなかった、のじゃないかと勘ぐっちゃうじゃないか、ねえ?

[追記7]
《発表させた側》は全く懲りていないらしい。「新潮45」5月号に山折を使ってまた書かせているようだ。タイトルは「皇位継承のあるべき姿」。ググってみたが、現在のところ、記事内容を伝えるページはヒットしない。前回の「退位なさいませ」と比べると些か関心が低いような印象を受ける。ツイッターでも言及なし。

« タランティーノの次回作はどんなだろう | トップページ | タラのキャラ50傑 »