2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「ビッグコミック」2013.3.10号 | トップページ | 俄かには信じがたい(出来ればウソといってほしい)教皇さまと女王さまに関するお話 »

2013年3月 2日 (土)

そういえばタラの新作「ジャンゴ 繋がれざる者」が評判になっているわけだけど

まぁ、評判ですよね。「ジャンゴ 繋がれざる者」

まだ日本での公開は先なのかな、と思っていたら、3月1日から全国ロードショー。

先のアカデミー賞でタラが脚本賞をとったというのが驚きなのだ。いや、他の作品もすごいのが目白押しだったから・・・今回のアカデミー賞は近年まれにみる傑作ぞろいだったように思う。閑話休題。

で、今回、日本公開は先なのかと勘違いしていた原因は、テレビで予告編を見ないからだと思う。

まだ見ていないのである。「ジャンゴ」の予告編。

テレビ・・・ここんとこCSだけでなく、バランスよく地上波もみているつもりなんだけど・・・みた覚えがない。

タラ映画の予告編といえば、本編同様、出来がよい。

まずタラ映画は、そのサントラが面白い。

タラが、作品にあわせて、手持ちのレコードやらなにやらから、イメージに合致する音源を選び出すところから、作品つくりが始まると昔なにかで読んだ覚えがあるが、まだそういう作り方をしているのかどうかはわからない。

そういえば・・・前作「イングロリアス・バスターズ」でも予告編をそれほど覚えていない。また、「イングロ」ならこの曲!という音楽のイメージがない。

う~ん。おかしいな。

例えば

「レザボア・ドッグス」なら、あの曲、
「パルプ・フィクション」なら、あの曲、
「ジャッキー・ブラウン」なら、あの曲、そして
「キル・ビル」なら、あの曲、と、

作品のタイトルを思い浮かべたとき、同時に脳内に音楽が鳴り響くのが、タランティーノ作品というものではなかったか。

あ、思い出した・・・タラ作品と音楽が結びつかなくなったのは、「デスプルーフ・イン・グラインドハウス」からだ。

てか、「デスプルーフ~」の予告編、テレビでみた覚えがない・・・

流してないとは思えない。

見ていなかったのだろうか・・・見ても印象に残っていないのであろうか。

あるいは

流せなかったのだろうか。あまりに、あまりな、内容だったので、規制が厳しくて流せなかったとか。

ここ最近の洋画で、印象的な予告編といえば「LOOPER/ルーパー」かな。・・・あ、でもテレビでみたんだったか、ネット動画で見たんだったかwww

WBCの開幕が近づいており、今回、テレ朝では、テーマ曲として、あの「キル・ビル」でも用いられた布袋の曲をガンガン流している。そのせいで、どうもWBCではなく、タラの映画でもかかるのかと思ってしまう。

確かに、タラの新作は日本に上陸している。しかし、その予告編をいまだにテレビで拝んでいないという奇妙な事実。

テレビというメディアは、伝える映画と伝えない映画があるのだろうか。

あるいは・・・タランティーノが日本のテレビという媒体と付き合い方を考え直したということなのだろうか。

いや~、まさかなw

« 「ビッグコミック」2013.3.10号 | トップページ | 俄かには信じがたい(出来ればウソといってほしい)教皇さまと女王さまに関するお話 »