2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ひとことでいえば、終わコンw | トップページ | 第2回「全国なまりうたトーナメント」を見る »

2013年4月 1日 (月)

タラのキャラ50傑

タランティーノの創造したキャラ50人のランキングがあった。

IGN.COMが発表した「The 50 Greatest Quentin Tarantino Characters」である

ざっくりとベスト10だけを書くと、

10位「デス・プルーフ」のスタントマン・マイク
9位「レザボア・ドッグス」のMr.オレンジ
8位「キル・ビル」のビル
7位「パルプ・フィクション」のヴィンセント・ヴェガ
6位「ジャッキー・ブラウン」のジャッキー・ブラウン
5位「ジャンゴ繋がれざる者」のジャンゴ
4位「イングロリアス・バスターズ」のランダ大佐
3位「レザボアドッグス」のMr.ブロンド
2位「パルプ・フィクション」のジュールズ・ウィンフィールド
1位「キル・ビル」のザ・ブライド

というわけで、見事第1位に選ばれたのは「キル・ビル」のヒロイン“ザ・ブライド”であった。

しかし、ベスト10だけ見るのではあんまりなので、もう少し書くと、

この50キャラは、タランティーノが映画および脚本によって創造したキャラクターから選ばれているわけだが、その作品は次の10作。(ベスト10キャラを輩出した作品を太文字で強調)(さらにベスト10キャラを複数輩出した作品は色を変えて強調)

  • レザボア・ドッグス
  • 「トゥルー・ロマンス」
  • 「ナチュラル・ボーン・キラーズ」
  • パルプ・フィクション
  • 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」
  • ジャッキー・ブラウン
  • キル・ビル
  • デス・プルーフ
  • イングロリアス・バスターズ
  • ジャンゴ 繋がれざる者

「フォー・ルームス」が入っていないのが残念であるが、まぁ、あれは4人のインディ監督で競作だったわけで、その意味ではベルボーイ・テッドはタラ個人のものではないだろう。

しかし、「レザボア」「パルプ」「キル・ビル」と並べてみると、やはり初期作品の二つは強いなと実感する。

具体的に、作品ごとにベスト50に輩出したキャラ数を見てみると、

作品別輩出キャラ数

  • 「パルプ・フィクション」9人
  • 「イングロリアス・バスターズ」7人
  • 「キル・ビル」7人
  • 「レザボア・ドッグス」6人
  • 「トゥルー・ロマンス」6人
  • 「ジャッキー・ブラウン」5人
  • 「ジャンゴ 繋がれざる者」4人
  • 「デス・プルーフ」2人
  • 「フロム・ダスク・ティル・ドーン」2人
  • 「ナチュラル・ボーン・キラーズ」1人

ベスト10圏内にこそ入らなかったものの、実は「トゥルー・ロマンス」は「レザボア」同様6人ものキャラを輩出して、結構根強い人気をもっていることに驚かされる。・・・ということは、やはり初期作品が高い評価を今も保っているということを裏付ける。また日本では人気が低い「ジャッキー・ブラウン」も5人も輩出していて、しかもヒロインのジャッキーもベスト10内。案外と人気があるということか。

ちなみに、この作品別輩出キャラ数を足しても49人にしかならないことに気づいた人がいるかもしれないが、実をいうと、一人で複数の作品に出演しているキャラがいる。テキサスの保安官アール・マックグローで、彼は特に作品を限定せず、単独で24位にランクインしている。

では、続いて作品別のキャラランキングを眺めてみると

「レザボア・ドッグス」

39位:Mr.ブラウン
26位:ナイスガイ・エディー
20位:Mr.ピンク
15位:Mr.ホワイト
9位:Mr.オレンジ
3位:Mr.ブロンド

なんとオレンジ氏ではなく、あのイカれたブロンド氏のほうが高い!しかも全体で第3位!
男気あるホワイト氏が15位というのも、ファンとしてはちと残念な気がする。しかし、魅力的なタラ作品10作の中から選んで15位なのだから、やはり誇るべきか。

「トゥルー・ロマンス」

47位:フロイド
41位:クリフォード
33位;ドレクスル
27位:アラバマ
23位:ヴィンセンツォ
18位:クラレンス

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」

34位:ミッキーとマロリー

「パルプ・フィクション」

50位クーンツ大尉
46位The Gimp
42位パンプキンとハニーバニー
37位ザ・ウルフ
28位マーセルス・ウォレス
21位ブッチ・クーリッジ
14位ミア・ウォレス
7位ヴィンセント・ベガ
2位ジュールス・ウィンフィールド

タラ10作品中、最多キャラ輩出の「パルプ・フィクション」、さぁ、あなたはこのランキングに納得だろうか?あなたのご贔屓のキャラは出ているか?ところで、個人的に46位にランクインしたThe Gimpというキャラについて全く覚えがないのだが・・・どんな人やったやろか??

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」

31位地獄のサンタニコ
17位リッチー・ゲッコー

あの、トンデモ犯罪ホラーハイブリ映画からは2キャラがランクイン。しかし、ゲッコー兄弟のタラが演じたほうは出てきて、片割れは出てこないとは・・・。まぁ、ジョージ・クルーニーは特に悔しくはないだろうけどw

「ジャッキー・ブラウン」

45位マックス・チェリー
40位ルイス・ガーラ
35位レイ・ニコレット
19位オディール・ロビー
6位ジャッキー・ブラウン

意外と評価されてるんだなという驚きがあったのが「ジャッキー・ブラウン」であった。いや、私は個人的に好きなので、大いに結構なのだけど。

「キル・ビル」

48位ゴーゴー夕張
43位ヴァニータ・グリーン
36位パイ・メイ
29位オーレン石井
13位エル・ドライヴァー
8位ビル
1位ザ・ブライド

これも納得であろうか。ゴーゴー夕張のランクインは嬉しい。それにしても「キル・ビル」の女たちは魅力的であった。そんな中、男でランクインしているビルとパイ・メイ老師。個人的に、あの黄昏てたビルの弟も嫌いじゃないけど、入ってないのだねえ。まぁマドセンはブロンド氏のほうで3位につけてたから、いいかw

「デス・プルーフ」

25位ゾーイ
10位スタントマン・マイク

「イングロリアス・バスターズ」

49位ブリジット
44位ヒューゴ・スティーグリッツ
38位アーチー・ヒコックス中尉
30位ドニー・ドノウィッツ
16位ショサナ
12位アルド・レイン中尉
4位ハンス・ランダ大佐

ランダ大佐4位・・・!オレンジ氏が9位だったというのに・・・ティム・ファンとして悔しいといったらウソになる・・・。しかし、ヒューゴ・スティーグリッツとか、ドニー・ドノヴィッツとか、そういうところがランクインしてくるのだねえ。

「ジャンゴ 繋がれざる者」

32位スティーヴン
22位カルヴィン・キャンディ
11位ドクター・キング・シュルツ
5位ジャンゴ

とまぁ、つらつらと眺めてきたわけだけど・・・

さぁ、このなかで、サミュエル・L・ジャクソンの演じたキャラは何人出てきたでしょう?

« ひとことでいえば、終わコンw | トップページ | 第2回「全国なまりうたトーナメント」を見る »