2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 谷繁の2000本安打で始る98年横浜ベイスターズ回顧の旅 | トップページ | スティング、10年ぶりの新作決定 »

2013年6月12日 (水)

ベテラン、15年目の姿

98年横浜ベイスターズ優勝時の選手で、いまだ現役がいるという事実には驚かされるばかりだが、

日曜は、そんなベテランたちの近況を見聞した。

まず、斎藤隆
たまたまテレビをつけたら、巨人VS楽天戦。
0-5で楽天がリードしていたのが、その後、巨人が追い上げたことは試合結果報道でご存知だろうが、自分が見始めたのは、ちょうど、巨人の追い上げが始ったとき。
マウンドに登場したのが斎藤隆で、打たれて1点返されたシーンだった。
ああ、15年前の涼やかな青年の面差しはどこへやら・・・あの頬のラインはどうしたことだろうか。まぁ、野球選手にとって頬が膨れてようがなんだろうが、プレーのよしあし以上に大事なことはあるまい。これからも健闘を祈念するばかりである。

次に谷繁
なんでも、監督から懲罰交代をくらったのだという。「1点を勝ち越されて迎えた1死二、三塁。3番手岡田投手のソフトバンク長谷川への5球目変化球がワンバウンドして谷繁の左腕を弾いた(結果は振り逃げ)。ボールが三塁ベンチ前を転がる間に走者2人が生還。暴投で2点を献上した。」ボールを追いかけなかった谷繁に対して高木監督は交代させたのだという。なるほど・・・走者が二人とも生還しちゃうまでにボール放置は確かにまずいわな・・・昔は、こんなこともあったのにね・・・(遠い目)

そして三浦
98優勝を体験し、なおかつ横浜に現役としてプレーしている希少な人物。ノーコン番長と呼ばれたのがウソのように、名実ともにハマのエースとなった彼。そんな彼が3度目のFA権の取得条件を満たしが、行使には否定的なのだそうだ。理由は「5年前と気持ちは同じ。この5年間、チームに貢献できていないし、優勝もしていない。横浜で優勝したい」と本人が語った。目頭が熱くなったファンは私だけではあるまい。こないだの好投したのに負けたソフトバンク戦での仲間への気遣いといい、この言葉といい、なんという好漢・・・キャプテンには石川の青二才なんぞより、こういう好漢こそが相応しいと思うのだが、どうよ中畑監督?

お三方とも、どうか怪我に気をつけて、これからも頑張ってください!

« 谷繁の2000本安打で始る98年横浜ベイスターズ回顧の旅 | トップページ | スティング、10年ぶりの新作決定 »