2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 横浜ベイスターズの“T”を思う | トップページ | 球宴2夜目 »

2013年7月20日 (土)

かなり楽しいぞ♪今年のプロ野球オールスター戦

いや、ほんと、マジで☆

今年のプロ野球オールスター戦が、つつがなく、昨日19日開催されたわけだが、

夕食を挟んで、観たり見なかったりだったので、つまびらかに全て細かく見ていたわけじゃないが、今年は、かなり楽しいという印象を受けた。

印象としては「華麗なるスター投手の競演」

パリーグの雄・楽天のマーくんと、セリーグの雄・広島のマエケンの、先発から始まり、各チームの実力ある投手が継投で登場!・・・ていうか、個人的には、日ハムの投手何人でとるんじゃwと思ったけど。

なんといっても見せ場は、日ハム・大谷の二刀流。投手を務め、野手として外野守備でも魅せ、打席でも沸かせた。

投手・大谷としては、157キロという速球を投げたのには、恐れ入った。

ところがところが、この華麗なる投手の競演の中で、もっとも異彩を放ち、魅力を印象付けた投手がいる。

誰あろう、「ハマの番長」こと横浜DeNAベイスターズの三浦投手である。

大谷の157キロを筆頭に、速さを競うかのようだった投手陣のなかで、なんと、計測不能の超スロー球で、パの猛者たちを翻弄する。

そのなかに、打者・大谷の姿もあったのだが、スーパールーキー大谷と、セの誇るベテラン・三浦の対決は、2013年球宴の忘れられぬ名場面として、長く語り継がれるはずである。

試合をご覧になっていなかった方のために、付け加えると、この対決、さすが手だれというべきか、ベテラン三浦がピッチャーゴロに討ち取った!

個人的に少々愚痴を言わせて頂ければ、あともう1イニング投げて、女房役として谷繁に出ていただきたかったのだが・・・原監督、残り2試合のうちに、なんとか機会設けてあげてください(>人<)

さてさて、試合結果は、セ・パ1対1の引き分け。攻守にそれぞれ素晴らしい見せ場があって、この結果、なかなか見事だと思う(^^)

そんななか、一体MVPは誰が?と思ったら、巨人の澤村投手に・・・はて?彼に一体どんな見せ場があったか? とんと記憶にない。きけば3イニング無失点であったそうな。ふ~ん、きっと、私が見てなかったときに、それはそれは素晴らしい投球をしたってことね~と思っていたのだが、彼の名前が読み上げられたとき、ご来場のお客様からブーイングが起こった。いやはや、なんともはや(^^;

まぁ、なんというかねえ、振り返ってみて、印象に残ってない人がMVPっていわれてもねえ・・・(^^;アハハ

さぁ、次は、横浜の誇る期待の若手、将来のエース、三嶋が、いつ登場するかだな!

« 横浜ベイスターズの“T”を思う | トップページ | 球宴2夜目 »